蒸し暑い一日でした…

5月に入って、有り難いことですが、なぜか木曜日のお客が増えました。3週連続で今日もお蕎麦は早い時間に売り切れで、炊いたご飯も用意したサラダも、デザートもすべて綺麗になくなったから気持ちがいいのです。歩くだけで汗をかくような蒸し暑い日だというのに、常連さんとご新規のお客様とが半々ぐらい。開店からお蕎麦のなくなった1時過ぎまで、お客が途切れることがなく、毎回、変わったメニューを注文する常連さんのカレーライスのご注文が最後…。

結局、うどんやガレットしか出せないので、お蕎麦を食べにいらっしたお客は帰られる方もいて、店は早じまい。午後の2時半過ぎには片付けを終えて、家に戻る亭主なのでした。お客の数が土日に並ぶ勢いだから、女将も聞いてびっくりするのでした。あとは、月曜と金曜にもう少しお客が増えれば、霊犀亭もいよいよ次の段階に入るのかも知れません。蕎麦粉の注文数もこのところ随分と多くなっているから、明るい兆しではあるのです。赤字解消の日は来るか…。

何度も蕎麦屋に来て下さるお客から、「今日もお蕎麦は美味かったわ」と言われるのは、とても嬉しい。毎週のようにいらっしゃるご常連も「やっぱりここの蕎麦汁は美味いね」とお褒めの言葉。どちらも「有り難うございます。まだまだこれからです」と応えて、頑張らねばと思うのです。夕刻から少し青空も見えて、夕刻にはやっと涼しさが戻ったので、女将に付き合ってpekoの散歩に出掛けました。いろいろな花の咲き乱れる通りを眺めながら、ご近所の坂道を巡り歩く。

紫蘇の葉も店で使える程に育ち、今日もマグロ丼には自家製の大葉。サラダのリーフレタスも、毎朝、蕎麦屋のミニ菜園に摘みに行く。コゴミやタラの芽は家の裏庭から採ってきて、今日も天麩羅に添えた。新しく播いた蕪の芽が出て、双葉が育ってきている。キュウリやピーマンも、少しずつ大きくなって、ナスはもう収穫の出来そうな木もある。一番気の長いのが九条葱で肥料をやってもなかなか大きくならない。早いもので、5月も残る4日の営業日となりました。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.