昼も夜も…

二階の北側の窓は春の花見の特等席。桜・菜の花・雪柳がとても綺麗。毎朝この景色を眺めるから、何処かへ花見に行きたいとも思わないのです。朝食後に洗面を済ませて今朝も早めに蕎麦屋へ出掛ける亭主。今日も16人分の蕎麦を用意して、昼のお客を待つのでした。昨日よりも湿度は低かったから、加水率は44%にしたのですが、それでもまだ生地は硬い感触なのでした。そんな時は、しっかりと捏ねて重い樫の伸し棒を使い、じっくりと生地を伸していく。

蕎麦打ちを終えたらミニ菜園に出て、サラダに使うリーフレタスと薬味の葱を採って来る。葱を刻んで水にさらしたら、レタスを洗って野菜サラダの準備をしておく。まな板が汚れないうちに、ラップを敷いて金柑大福を作るのですが、熱々の求肥で金柑の甘露煮と白餡を包むのにも随分と慣れてきました。ラップを片付けたらすぐに野菜を刻み始めるから、四皿の野菜サラダも、11時前には完成します。ブロッコリーだけは途中で茹でて、水で冷やしたら皿に盛り付ける。

早いお昼を食べに家に戻った女将が、再びやって来る頃には、亭主は賄い蕎麦をぶっかけにして食べているのです。開店時間の5分前には暖簾を出しておく。今日は11時半ぴったりに待ちかねたようにお客がいらっしたから、ちょうと好い具合なのでした。こんな日にはお客が続くもので、休日だというのに皆さん随分と出足が早い。四組目ぐらいの三人のお客が、カレー蕎麦に天せいろ、鍋焼きうどんと、火口が足りない難しい注文。鍋焼きはIHで女将が担当する。

配膳をしながらも、「今お茶をお出ししますからね」と、後からいらっしたお客に声をかけて、女将もなかなか慣れたもの。亭主は黙々とひたすら調理をこなす。蕎麦を茹でるのは時間がかからないのだけれど、天麩羅は揚げ具合を気にかけなければならないし、親子丼の鍋も卵がふわっとしてくる瞬間に火を止めなければ成らない。一度にオーダーが入っても、全部一度にはこなせない。しかし、瞬時に段取りを決めて、女将に盆のセットの順番を知らせるのです。

その合間に、「小鉢のモズクは昨日石垣島から送って頂いた物です」と、カウンター越しにお客に声をかけるのも忘れない。昨日、母娘だけでいらっしたご家族が、今日はお婆様を連れていらっしたとかで、お蕎麦の好きなご家族のようなのでした。二人して自転車に乗っていらっしたご夫婦も、歩いていらっしたご家族も、皆さんご近所の方らしいのです。何組か目にいらっした常連のお客様は、カウンターに座られたけれど、順番で、しばらく配膳をお待たせしてしまう。

閉店時刻が迫ってきても、まだまだお客は途切れない。ラストオーダーの15分前になって、玄関の扉を開けていらっしたご家族が、今日最後のお客様。生舟に沢山あった蕎麦も、これですべて売り切れました。洗い物を次々と片付けて、やっと奥の座敷で一休み。調整池の桜も見事に満開で、新緑の公園の辺りを背景にモノレールが走っていく。のどかな春の景色が広がっている。最後のお客が食べ終わらないうちに、亭主は夜の分の蕎麦を追い打ちするのでした。

今日も天せいろが随分と出たので、天麩羅の具材が明日まで持たない状態。5日分の仕入れをしてあったはずなのに、暖かくなって急にお客が増えたから間に合わないのです。女将と家に帰る遅い午後、その足で車を走らせて二人で隣町のスーパーに買い物に出掛ける。一度休んでしまうと動きたくなくなるからと、珍しく女将も一緒に出掛けたのでした。スーパーの駐車場に車を入れれば、通りの向こうのお寺さんでも桜が満開で、どこを見回しても桜・桜の景色…。

家に寄って女将を降ろしたら、亭主はそのまま仕入れた沢山の荷物を運んで車で蕎麦屋へ向かう。大釜の湯を沸かして、昼に洗った盆や蕎麦皿を片付けたら、奥の座敷で枕を出してしばらく横になる。さすがにくたびれたのでした。30分ほどウトウトとしたら、もう仕込みの時刻。お客が来ないうちに、親子丼の具材を煮込んで、明日の分の出汁を取る。このところ、毎日のように出汁を取って蕎麦汁を作っているから、やはり、相当にお客の数が増えているのでした。

こんな日は、やはり、夜もお客が来るもので、取ったばかりの出汁や作ったばかりの蕎麦汁を冷やしていたら、車が駐車場に入ってきたのでした。千葉からわざわざいらっしたという親子で、ネットで調べて来たという。二食だけ残っていたヘルシーランチセットの、出した料理が全部テーブルに並ぶまで待って写真を撮っているから、デザートまで急いでお出しした。昼に来ようと思ったけれど間に合わなかったとゆっくりと寛いでいらっした。その後にもまたお客が。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.