心地よい春の風…

居間のカーテンを開けたら、ウッドデッキにはらはらと桜の花びらが舞い降りてくる朝。春眠暁を覚えずで、亭主は寝坊をして8時前にやっと起き出したのです。女将に言ったら、庭にも飛んできていると言うから驚いた。朝食を終えて急いで蕎麦屋に向かったら、家の前の通りにも沢山の桜の花びら。裏の幼稚園の桜が今朝の北風で花を散らしていたのです。今朝も米を研いで炊飯器にかけ、蕎麦を二回打たなければならないというのに、洗い物を片付ける暇がない。

夕べは、夕食後に睡魔に襲われて風呂の時間まで一眠りしたら、残り僅かなカットステーキや冬場のおでんなどを削った新しいお品書きや、店置きのパンフレットなどを印刷して、夜遅くまでパソコンに向かっていたのです。追加の新しいメニューを考えるまでと、ページの空白には、霊犀亭で使っている天削げの割り箸や、VB(ウィルスブロック)と書かれた紙おしぼりについての説明書きを、ひとくちメモとして掲載した。おもてなしや衛生面にも気を遣っているのです。

朝が遅かったので、二回の蕎麦打ちを終えたら、もう開店まで1時間余りなのでした。デザートのストックがほとんどなくなっていたので、蕎麦饅頭を作って蒸かし釜に入れる。亭主が野菜サラダの具材を刻んでいる間に、スタッフが今日の小鉢を盛り付ける。青葱と菜の花、若布の小鉢も季節のものだけれど、筍を出汁と薄口醤油で煮込んで絹さやを散らした小鉢も旬のもの。小鉢一つからでもお客が春の訪れを感じてくれれば嬉しいと、季節の風情を込めてみた。

昨日は若いお客に筍の煮物を出したら、醤油をかけて食べていらっしたから、これはお出ししたスタッフのミス。堀りたての筍の味を引き立たせるために、わざわざ薄口の醤油で煮浸けているのに、昆布と干し椎茸、追い鰹の風味が、濃い口の醤油で飛んでしまうなどと言っても解られないのでしょう。女将も亭主も出汁の味だけで満足する年代だから、濃い味よりも風味で楽しむという食習慣。蕎麦屋にいらっしゃるすべてのお客に、これを強いるのは無理がある。

だから、必ず小鉢は二品以上は用意するようにしているのです。西京味噌と酢と砂糖で味つけした酢みそ和えなら、若い方でもお口に合ったのかも知れないと思うのでした。農家で採れたばかりの菜の花は口に入れると甘さがあるから、葱の香りと相俟ってなかなかの味だと思うのですが、こうした旬の小鉢を幾つも作っていくうちに、「美味しい」と言ってくれるお客に巡り会えるのではないかと、密かに期待をしているのです。蕎麦の香りも食感もかすかなもの…。

昼過ぎまでお客があまりなくて、昨日の混雑が嘘のようだったのですが、北風も収まって暖かくなった午後になって、次々と遅い昼を食べにいらっしゃるお客で賑わう店内。カウンターに座る常連さんも交じって、和やかな午後のひとときなのでした。月末になって平日にも随分お客が入るようになったのは、やはりこの暖かな陽気のお蔭でしょうか。閉店時間を過ぎても、まだ何人もお客のいる風景は、冬の間にはなかなか見られない。3時頃にスタッフと家路を辿る。

蕎麦屋の前のバス通りを、みずき通りに曲がる辺りで、神社や幼稚園の桜の枝々が風に揺れていました。地域を走るコミュにテーバスの停留所が出来て、団地の駅までは5分で行く事が出来るのだとか。1時間に一本程度の運行だけれど、農家の多いこの辺りでは、手を上げれば何処でも停まってくれると言うから、年寄りには優しい。その他にももう一つ、大型ショッピングモール行きの無料バスが走っているので、蕎麦屋の前で乗り降りするお客も、結構、多い。

家に戻れば女将はスポーツクラブへ出掛けて留守だったから、留守番のpekoが亭主の書斎にやって来て、陽の当たる窓辺に寝そべっていました。人間の好きなこの犬種の特徴なのか。今日もプールへ出掛けたかったけれど、明日の蕎麦汁がなくなってきたから、夕刻には出汁を取れるように、帰りがけに準備をしてきたのです。夕食後の隙間時間に、また蕎麦屋へ出掛けて一仕事になるのか。書斎の下の坂道を女将が登ってくるのが見える。そろそろ夕食の時間。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.