定休日明けの平日なのに…

午前8時に蕎麦屋へ出掛けて、昨日のうちに洗って干しておいた換気扇のファンやレンジフードを組み立てる。その間にコーヒーを入れて、まずは今日の段取りを考える亭主。最近あまりお客の注文のないイエメン産のコーヒーモカマタリは、酸味もまろやかで深いコクのある美味しさなのだけれど、、『やはり蕎麦屋にコーヒーは向かないのかしらん』と、一人思いを巡らすのでした。昨日研いで置いた西洋包丁は、今日の野菜切りで威力を発揮する予定なのです。

蕎麦粉が底をついて、1kg しか打てなかったから、暖かかった月曜日のように、またお客が沢山来たら大変だなあと心配するのでした。幸いなことに、ユーパックの配送の小父さんは、いつも団地の外れの霊犀亭から配り始めてくれるので、ちょうど蕎麦打ちの途中で蕎麦粉を届けてくれた。二回目の蕎麦を打って、今朝は生舟に目一杯の16人分の蕎麦の束を詰め込んで、蕎麦打ちを終えるのでした。今日も朝から随分と暖かいから、混むかも知れないのです。

蕎麦を打ち終えて、蕎麦打ち室の片付けと掃除を終える頃には、スタッフが早めにやって来て店の掃除を始めてくれる。亭主は、ミニ菜園に出て、今日使う薬味の小葱と、野菜サラダに使うリーフレタスを採ってくるのです。その日に使う野菜を調理する前に収穫するのは、何と言っても新鮮だから嬉しい。今週はレタスと小葱を仕入れの品目から外してあったので、何百円かの節約も積もり積もれば大きな金額になる。先日の失敗を反省してサラダは四皿用意しよう。

薬味の葱切りをする段階でもう、包丁の切れ味がいいのに感心した。野菜サラダの具材を刻み、四つの皿に盛り付けたら、次はいよいよ金柑大福の仕込み。小鉢には筍の煮物に絹さやを添えた。そして、もう一鉢は青葱と若布と菜の花の酢みそ和えを用意する。11時を過ぎた頃に、玄関前にお客の姿があったから、スタッフが出て「中でお待ちください」と言えば、「10分なら待てるけど、30分は待てない」と帰って行かれたと言う。お蔭で賄い蕎麦を食う暇が出来た。

今日は昼前頃から次々とお客がご来店で、閉店時間を過ぎてもまだお客がいる状態でした。蕎麦を沢山打ってある時には、あと幾つと数えなくて好いから調理に専念できるのです。それでも、最後には「お蕎麦売り切れ」の看板を出して、2時を回った頃に「すいません暖簾をしまわせてもらいます」と、お客さんたちに断って看板を下ろすのでした。月曜日にも増して、この混み具合は週末並みなのでした。平日にこれだけお客が入ったのも実に久しぶりなのでした。

後半は下げた盆を洗う暇がなく、奥の廊下にどんどん置きに行くスタッフ。ご家族連れのいらっしゃるときには、スタッフが注文を聞いているうちに、亭主が盆を出して蕎麦皿や蕎麦猪口、蕎麦徳利などをセットする。残り少ないミニステーキ丼セットが幾つか出て、天丼セットも随分出たから、物の見事に今朝炊いた飯がなくなった。味噌汁は作り足す始末で、嬉しい悲鳴。一番人気はやはり天せいろなのでした。暖かくなるとこうもいろいろなお客が来るものなのか。

大方の洗い物が終わったのは午後の3時過ぎで、スタッフを帰して亭主は一人また洗い物。大釜を洗って、油を漉して、シンク周りや調理台の消毒を終え、布巾類を洗濯機に入れたのはもう4時近かったのです。今日はカウンターも25℃を越えていたから、汗をかくほどで、調理場は相当な暑さなのでした。帰りがけにミニ菜園の南側を覗いたら、何と辛味大根が大きく育って花が咲いているではありませんか。ここ2日で一挙に伸びて来たらしい。まさに初夏の陽気。

へとへとに疲れて家路をたどれば、綺麗に草刈りをしてあると思っていた向かいの畑の休耕地に菜の花が伸びて花を咲かせていた。その向こうの森の木々も新芽が伸びて来たらしく、うっすらと春の色に染まり始めていました。一日中快晴だったから、やはりこの暖かさでお客も増えたのでしょう。それにしても、霊犀亭の存在が少しずつ、近隣の人たちに知られてきたと感じるのが嬉しいのでした。家の玄関を開ければ、稽古場から女将が「今日はどうでしたか?」

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.