暁の仕込み…近所で花見…

夕べは早く床に就いたせいか、午前3時過ぎには目が覚めてしまう。もう一眠りと布団を被ったけれどなかなか眠れなかった。定休日2日目の一日を考えると、ここは蕎麦屋へ出掛けて仕込みの続きをしておくべきかと4時前に家を出る。こんな早い時間なのに、もうゴミ捨てに出るご近所の奥様もいるし、台所に明かりの点いているお宅もあるから驚きなのでした。昨日作っておいた蕎麦汁を冷蔵庫から取り出して、蕎麦徳利に詰め替える。24人分の分量が採れた。

残り少ない牛カットステーキのために人参のグラッセを煮込み、サラダにも使うブロッコリーを茹でる。農産物直売所で仕入れた新鮮な葱の青い葉を切って塩茹でしたら、サラダ用の若布を戻して湯通しして、酢みそ和えの材料を作っておく。昨日いただいた採れたばかりの筍を乱切りにして、出汁醤油で煮つける。ここまで終えた頃に、やっと朝日が昇ってきた。思った通り東の森の更に北側の森から、太陽は顔を出した。畑の地表から湯気が立ち上って靄になる。

昨日7匹120円で亭主が買って来た銚子産の鰯を焼いて、暁方に仕込んだ筍を少しだけ家に持ち帰り、若竹煮にして朝飯を食べる。蕎麦屋で残った野菜サラダに肉と卵を載せて蒸し焼きにした女将の工夫の一品も付いて、今朝はかなりのご馳走。食後はゆっくりと居間で寛ぐ亭主でしたが、どうも寝たりない気がしたのです。テレビで『ペレ伝説の誕生』という映画をやっていたので、最後まで観たら感動して眠気が覚めました。裏の幼稚園の桜が満開になっていた。

急ぐこともないと「今朝は遠回りをして桜を見ながら蕎麦屋へ行くから…」と女将に声をかけて家を出る。いつもの蕎麦屋へ行く方向とは逆に、米や野菜をもらっている農家の脇を抜けて、裏のバス通りを歩く。農家の庭には大きな桜の木があって、これがなかなかの見応え。その先の畑の入口にも大きな桜の木。ここら辺は皆古くからの集落だから、桜の木もどれも大きくて道一杯に枝を広げているのです。幼稚園の前の桜を眺め、その先を少し行けばもう蕎麦屋。

蕎麦屋の駐車場の一角にあるゴミ集積場を隠すために、植えた金木犀の新芽が紅く萌えるようなのでした。残った仕込みは、柚子の皮切りや天麩羅の具材切りや蕎麦豆腐の仕込みだけだったから、1時間ほどでまな板の消毒まで終える。それでも家に帰って昼飯を準備する時間にもまだ早かったので、思い切って懸案だっレンジフードの掃除を始める亭主。何事も同じで、大の大人が始めてしまえば30分ほどで終わるのです。家に戻ると女将はまだ稽古場にいた。

書斎に入って午前中に撮りためた写真をハソコンに取り込んでいたら、やっと切り上げたらしく、女将がやって来て「お昼は何にします?鰯を焼いて野菜炒めで好いかしら?」と言うので、これはまた亭主の出番かと、台所に行って肉と蕎麦屋で残ったかき揚げ用の野菜を、中華鍋を振ってカレー味にする。女将は鰯をグリルに入れてスープを作る。「鰯の旬はやはり春?」と亭主に尋ねるから、「旬というのは、一番多く出る時期だけど、真鰯は初夏からが本番だよ」

昔は釣り師を自称していた亭主も、海や川に出掛けなくなって久しいけれど、鮃釣りの餌に使う鰯は1匹100円もしたっけ。館山付近の漁港近くでダイビングをしていた頃は、鰺などが大漁の日には、集落に放送が入って近所の人がバケツを持ってもらいに来たのもです。脂がのる時期が美味しいと言えば、房総の冬のイサキは大型で刺身にしても美味しかった。それでもイサキの旬は一般に夏ということになっているようだ。地方や食べ方によって違うらしいのです。

昼飯を食べた後は、またゆっくりと寛いで、夕刻のプールの時間までとひと眠りするのでした。これぞまさしく定休日の醍醐味か。やはり暗いうちから仕込みに出掛けた甲斐があるというもの。そう言えば、今朝早く犬の散歩で蕎麦屋の前を通った農家の常連さんに挨拶をしたら、先週末に飲みに行こうと蕎麦屋の留守電に電話をしてくれたのだそうな。「ご免なさい。昼に混んで材料がなくなったので買い出しに行っていました。また宜しくお願いします」と詫びておいた。

3時に目が覚めて、コーヒーを一杯。4時までこのブログを書いた途中で、時間になってプールへ出掛ける亭主。車で10分もかからないから、一時間毎の休憩時間前に30分ほど泳ぐには、これで十分。こんな好い天気なのに駐車場もプールもがら空きでした。6コースもあるプールに最初はたった3人だけだったから、ゆったりのんびり手足を伸ばす。少し減量しなければと、前の週の終わりに泳いだ距離を泳ぐことから始めると決めたので、今日はしっかりと泳ぎました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.