桜・桜・桜…

暖かな朝だから、pekoも散歩に出掛ける気になって、早くから準備をしている様子。夕べは今朝の仕入れの一覧表を作ってから、夜食に焼きうどんを作って食べたから、これがまた満腹になってぐっすりと眠れた。身体には悪いと思いながらも、昼が軽すぎるのと、早い夕食はおかずだけで一献なので、どうしても夜中はお腹が空くのです。食べてすぐに寝ると牛になるなどと言われた子供時代を思い出しながら、床に入ったらものの見事に爆睡するから困ったもの…。

今朝は蕎麦屋回りの散歩に出たのだけれど、蕎麦屋の下の調整池の桜が咲き始めていたのを知っていたから、ちょっと寄り道をして眺めてきたのです。朝日陽を浴びて青空に映える桜の花が、春らしい風情を漂わせていました。朝食を終えて朝ドラを見終えた後は、早めに蕎麦屋へ出掛けて昨日の洗い物の片付け。洗濯物を取り込んだり、干したりしたあとは、9時前にお袋様に電話をして今日の仕入れに向かうのでした。新芽の木々の間に桜の花が見事でした。

蕎麦屋の前の通りは幼稚園の前から国道沿いの大きな公園の辺りまで、それこそ桜・桜・桜の連続で、古くからある部落の桜は大木なので、花が咲くと立派な絵になっているのでした。例によって団地の中のスーパーから農作物直売所と隣町の魚屋スーパーを回って、新鮮な野菜類や蕎麦の繋ぎの小麦粉やら、出汁を取る干し椎茸や鰹の削り節までいろいろな食材を仕入れてくる。野菜がひと頃の半額ほどになっているので、お袋様も亭主もホットするのでした。

買って来た野菜類は、チェックをしながら冷蔵庫に収納して、生椎茸はパックから取り出してストレスを取り除いてやる。状態のいいものと早く使った方が好いものとに分けて、それぞれビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜籠へ。今日の収穫は蕎麦屋の常連さんが出していた菜の花の束。茎が細くて葉も柔らかい部分だけを10本ほど束ねて140円だから、スーパーで買う半額ほどで分量もある。天麩羅の具材や酢みそ和えの具材にしても美味しい季節の品なのです。

大根の下茹でをして煮物の準備をしたところで、昼を食べに家に戻れば、pekoの健康診断に動物病院へ出掛けていた女将が帰って来ていました。珍しく空いていたとかで、いろいろと日頃心配な事を医者に聞いて来たとかで、延々と亭主に話すものだから聞くのも大変。椅子に飛び乗れないのは体重が増えすぎているからだとか、食べる量を徐々に減らすべきだとか、膝に負担がかかるとか、まるで、聞いている亭主の事を言われているようで耳が痛いのです。

犬は人間と違って理性で行動しないからと言う医者の言葉が一番応えて、亭主の夜食も理性よりも本能が勝っているのだと言われているようで辛かった。昼前に女将をお稽古に送って森や畑を抜けて走れば、木蓮や辛夷や連翹、椿といろいろな花が咲き乱れて、まさに春の訪れの観があるのでした。「争われぬ春となりぬ」と徳田秋声が「自然と人生」に書いたのは確か30代。「山崖、畑の畔、いたるところ蕗の薹青く萌え、榛の木などはすでに垂垂の花をつけ…」

10代の頃に覚えた一節が今でもこの時期になると蘇ってくるから不思議でなりません。確か、中学時代の友人が亭主の家を訪ねてこれは名文だと語ったのでした。それから、半世紀近い年月が過ぎても、自然は変わらずに春の様相を見せてくれる。「枯草枯葉の間より春は蔟々として萌えつつあり」と言う部分までを、何故か桜の咲く今ごろの時期になると思い出すのです。都市近郊での暮らしが、目に見える春ばかりを見るような生活になってしまったからなのかも。

女将を送った足でひと月振りに床屋の親爺様を訪ねて、元気をもらって帰る。店のテレビで国会中継を見ながら頭を刈ってもらって、「世界の経済情勢を考えたら、こんなことやっている場合じゃないんだよ。平和ぼけだね」と辛口の評論を聞きながら、亭主もこのくらい元気で蕎麦屋稼業に精を出さなければという気になるのでした。再び蕎麦屋へ戻って午後の仕込みをしていたら、近くに住むスタッフが家の竹林から土の中の筍を掘って来てくれました。春の贈り物…。

This entry was posted in 日常, . Bookmark the permalink.