晴れのち曇り涼しい風…

有り明けの月の残る暁方に、何故か遠い昔の夢を見て、ハッと目覚める。何がこれまでの人生を形作ってきたのかと、物心ついた頃の自分の根源的な存在を深く問うような物語だった。それも邯鄲の夢なのか。それとも人生そのものが邯鄲の夢の一部なのか。かつて文京区の本駒込に「三百人劇場」と言う小さな新劇の劇場があった。福田恒存や小林秀雄に傾倒していた年頃で、毎月のように友人と出掛けて行っては劇を観た。まだ劇団「雲」という時代…。

『じゃじゃ馬ならし』や『真夏の夜の夢』など、福田恒存の翻訳したシェークスピアの作品も多かったけれど、そんな中で、たしか、『もしもあの時』という作品があった。その頃は、イギリス映画にも『if…』があったじゃないかと思っていたのですけれど、内容は全く違っていたと言う記憶だけが残っている。まあ、何故か遠い昔の夢を見て、自分の中の記憶がフラッシュバックして、なかなか床から起き出せなかったのです。リビングに行くとpekoがもうスタンバイしてる。

ミニ菜園に水遣りをして、片付け物を済ませたら、今朝はもう仕入れに行かないと何も出来ない。家に戻って朝食を済ませて、朝ドラが終わる時間に蕎麦屋へ出掛け、宅急便の配達を待って、いつもものようにお袋様を連れて隣町まで出掛ける。今月最後の仕入れだからと、赤字を気にして必要最低限の買い物をすれば、新鮮な野菜を買い物袋五つでなんと4000円台だから、安くて助かるのです。最近、どうもストレスで頭痛がするというお袋様の話を聞いた。

高血圧が原因ではなさそうなので、友達付き合いもほどほどにと…。午前中に蕎麦屋で仕込みを始めたら、昼過ぎにはすべて完了。女将のいない家に戻って一人で昼食に昨夜の残りものの牛皿を食べ、それでもまだ時間が早かったから、嬉しくなって昼のプールでひと泳ぎ…。思ったよりも空いていたので、小母さんたちが大音量で踊る水中エアロの隣のコースで、黙々とアップをしたら、ゆったりと個人メドレーまで泳ぎ切る。遠い昔の夢のことはすっかり忘れた。

帰りがけに焼き鳥屋に寄ってカシラを買い求め、高知の酒『酔鯨』の純米酒を買って帰って、店で出している司牡丹の純米酒とどう違うかと飲み比べてみたのです。司牡丹はやはり酒飲みの好きそうな重たいお酒。吟醸ではないので、よく冷やさないと切れは悪いけれど、羽田の寿司屋の店長は、さすがに偉いと見直した。久々に蕎麦屋を離れた午後は、心のたゆたうひとときで、開店から6人でお客が来ると言っていた明日の支度も何とかなるさと、いい気分…。

This entry was posted in 仕込み, 日常. Bookmark the permalink.