初夏の陽気の暖かさ…

朝から快晴の空。pekoの散歩道を少し変えて、紫木蓮の咲いたお宅の脇を通ったのです。綺麗に剪定されていて、見事というより言葉がないのでした。今朝は朝から暖かいから、桜の花もだいぶ開くだろうと思われるのです。日曜日だから朝ドラもないので、亭主は珍しく8時には蕎麦屋へ出掛けていく。幟を出したら米を研いで炊飯器にかけ、コーヒーを飲んで、今朝の段取りを考える。蕎麦は1kg。小鉢の二品目は昨日に続けて春菊の胡麻和え。そして金柑大福。

蕎麦打ち室の気温と湿度はほぼ昨日と同じなのに、昨日の反省から、今朝は加水率を45%にしたら、意外にもこれだと少し柔らかめだった。一度に加水せずに70ccほどを残したのだけれど、水気が足りないと結局全部加えてしまったのがいけなかった。あるいは、冷蔵庫から出した粉を篩にかけて、どれだけ長い時間置いておくかにもよるのかも知れない。厨房と往復をしながら、他の仕事もすることが多いから、それで粉の状態が変わるのだろうか。不思議だ。

40cmほどの円になるまで地伸しをして、伸し棒を使って丸出しをする。60cmほどの円になったら今度は四つ出しだけれど、この時にもう厚味を均等にという意識がないと、後が大変になる。四隅を四辺と同じくらいの厚味のまま出来るだけ直角に近い形にしたら、まず縦に本伸しをかける。奥行きの90cmに伸び広がったら、伸し棒に巻いて生地を90度回転させるのです。今度は巻き棒を使いながら、100cmの長さに伸していく。これを90度回転させれば後は畳み。

野菜サラダの仕上がる11時前に、一旦、車でお客が通りかかったけれど、さすがに早いと思ってかUターン。開店5分前にいらっしたのは、最初のお客は別のご夫婦の常連さんで、しばらくして先ほどのご家族もご到着。テーブル席が埋まったから、次にいらっしたご夫婦はカウンターの奥に座られた。注文が重なることはなかったけれど、厨房は忙しい。メニューにない天麩羅の盛り合わせを頼まれたので、通常の天麩羅にキスと菜の花を付けてお出しする。

今日は暖かかったから、天せいろのご注文が多く、四皿用意した金柑大福もすべて売れたので嬉しかった。まだ鍋焼きうどんはやっているかと注文を取る女将に尋ねている奥様。うどんは茹でるのに時間がかかるから、早めに大鍋に入れておかなければ。ミニ天丼とせいろ蕎麦のご主人は、ひと心地ついて亭主に同世代かと話しかけてくる。サラリーマン時代にはやはり蕎麦をよく食べていたのだとか。オフィス街の昼飯屋は安いのよと奥様が解説してくださる。

店内が二回転目に入ったところで、若いカップルは天せいろの大盛りとヘルシーランチセットの天せいろと、やはり食欲がある。この時まで次々とお客が入ったから、下げた盆や皿は奥の廊下に置いたまま。女将はカウンターの盆を下げるのも忘れて忙しい。やっと亭主の手が空いて、一気に洗い物を片付けていたら、また駐車場に車が入ってくる。夜の営業の分の蕎麦がなくなって、夕刻にまた追い打ちをかけなければならないのかと、冷や冷やものなのでした。

今日は、うどんが幾つか出たのに、生舟の蕎麦は残り少なかったのです。最後のお客は閉店時間を過ぎてもまだ食べていらっしたから、随分とゆっくりなさったのでした。お元気なご主人がいろいろと昔話をされて、聞けば同じ町内会の住人なのだとか。3時前には女将と蕎麦屋を出て、吹く風も初夏の暖かさでのどかな午後でした。みずき通りの入口にある森の桜も随分と花を咲かせているのでした。その向こうの幼稚園の桜や木蓮の大木が遠くからもよく見えた。

天麩羅があまり沢山出るので、用意した具材が切れて夜の仕込みの前に買い出しに出掛ける亭主。いつもより少し遅れて蕎麦屋へ着いたら、常連さんの農家の親爺様から着信があったらしい。夜にいらっしゃるというのかと思ったけれど、すぐに折り返して電話をするのも気が引けたから、そのままにしておいたら、とうとう今宵はそのままで終わり。その代わりに、ジョギング帰りの弟がしばらくぶりで顔を出して、いろいろ話をしていった。お互いに元気でなにより。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.