うららかな春の蕎麦日和…

ゆっくりと眠った朝は清々しい気分なのでした。公園回りのpekoの散歩も4ブロックほどを元気に歩いて無事に帰宅する。犬と同じで暖かい朝だから人間も自然と元気になるようなのです。ご近所の白木蓮も今朝の青空に映えて、春らしい景色で爽快な気分。やっと咲き出した桃の花が、やけに新鮮に映るから不思議です。ジャーマンアイリスがもう咲いているのよと女将が言うけれど、今年は花の咲く時期が少し前後しているようなのです。そんな春もまた一興か。

蕎麦屋に出掛ける亭主の目には、裏の幼稚園の入口付近に咲く雪柳の花がとても綺麗に見えたのです。今朝の青空を背景にやっと咲き始めた桜の花がちらほらと見える。桜が満開だという東京に比べたら、佐倉はかなり寒い日が続いたから、ソメイヨシノはまだ2、3分咲き。待ちきれない他の花たちが春の訪れを告げているのでした。こんな週末は恐らく蕎麦日和だから、今朝は1kgの蕎麦を打ってやろうと決めていた。米を研いで炊飯器にかけたら蕎麦打ち室へ。

室温13℃で湿度は54%。思い切って加水を44%まで落としたのだけれど、やはり、まだ、かなり重い手応えで、じっくり捏ねているうちにやっと水分が滲み出てきたという感じ。四つ出しまでじっくりと時間をかけて、本伸しにかかるのだけれど、生地が少し硬い分だけ時間がかかるのでした。なかなか厚味が均等にならずに、四隅の角や辺の直線が少しずつ崩れてしまうから困ったもので、いい加減なところで妥協して畳みに入る。最初の加水が少し足りないのです。

それでも、切りべら27~30本で130g。しっかりと捏ねた分だけ、蕎麦はかっちりと打ててはいるのですが、これは厚さが均等でない証拠でした。生舟に残った昨日の蕎麦と合わせて、16人分ほどの蕎麦を用意して、開店に備えるのでした。今朝は小鉢をもう一品用意しなければと冷蔵庫の中を見回したら、天麩羅の具材として仕入れてあった春菊が、菜の花もあるから出番がないことに気づいて、急遽、胡麻和えにしようと思いつく。白胡麻を擦って四鉢ほど作る。

春の食材としては独活も用意してあるけれど、一度に全部は使えない。長く保存の効かない物から順番に使うのがポイント。独活の柔らかい葉の部分は、天麩羅用に容器に入れてある。白い茎の部分は茹でて冷凍してあるから、天麩羅にも酢みそ和えにも応用が利くという算段。野菜サラダを作り終える11時頃に、もう駐車場に車が入ってきたから、店に入って頂くのでした。聞けば、城址公園の桜をはるばる遠い町から見にいらっしたリピーターさんでした。

三年前から春のこの時期は霊犀亭を尋ねてくれているのだとか。蕎麦好きの若いご夫婦らしいのでした。今日は、次から次とお客の途切れる暇もなく、やはり絶好の蕎麦日和のようでした。途中で天麩羅の具材が切れて、仕込みながら調理を続ける亭主。さすがに暖かい蕎麦の注文はないから助かった。海老やキスの天麩羅を追加で注文するご家族もいたり、鴨せいろのご注文もあって、急いで鴨を切り分けて汁を作る。ご来店の時間差があったので助かった。

昼の最後には、もう常連になった娘さんが、明日から道後温泉に旅行に行くと言っていらっしてくれました。今日はミニステーキ丼とせいろ蕎麦のセットを食べようと思って来ましたと言うから、残り少ないアンガス牛のカットステーキを大盛でご飯に載せてお出しした。職場の話やお友だちの話をして、元気に帰って行かれたから好かった。上の娘と同じ年頃。女将もそれを知ってか、親近感を覚えたらしい。大釜の火を落とした後に駐車場に車が入ったけれど…。

さすがに女将が外に出て丁重にお断りをする。洗い物が山ほど堪っていたから、とても夜の営業まで余り時間がなかったのです。家に戻って遅い昼飯を食べた亭主は、書斎で横になってしばし仮眠を取る。今日は夜もお客があったから、更に暖かくなるという明日は覚悟がいるかも。「あまり儲けようという気がないみたいだから…」と若いリピーターのお客に言われて、「若くて体力もあればもっと頑張れるけれど、長く続けるためには…」と応える亭主なのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.