晴れたり曇ったりの暖かな午後…

昨日の夕刻はプールへ出掛けていつもより沢山泳いだのに、夕べは何故か寝そびれて寝酒を飲み過ぎてしまいました。おまけにpekoに寝床に入られたものだから、熟睡出来なかった。早朝からクンクンと鼻を鳴らして『散歩に行く時間でしょ』と、起こされたから堪らないのでした。仕方がないから眠い目をこすりながら蕎麦屋を回って、ついでに女将のご所望の小蕪をミニ菜園から残り全部を抜いてビニール袋に入れて持ち帰る。早速、朝食の味噌汁の具になる。

暖かい朝なのか、pekoは居間の椅子の肘掛けに座って、何を考えているのやら。今朝も食後にBSで朝ドラを見て、早めに蕎麦屋へ出勤する亭主なのでした。幟を出して米を研ぎ、大釜に水を汲んだら、ヨイショとガスコンロに載せる。蕎麦打ち室の温度は14℃、湿度は60%とベストコンディション。加水率44%で少し硬めかなと思いながら捏ね始めたら、やはり正解で菊練りを始める頃にはちょうど好い柔らかさになりました。季節が移り変わってきているのが分かる。

調子よく伸していたら、縦の長さが90cmを越えて打ち台からはみ出してしまったから、今日の切りべらは27本で130g。12人分の蕎麦を用意して次の仕込みにかかるのでした。昨日作った金柑大福が、珍しく6個も作ったから白玉粉と水分の分量をどう間違えたのか、少し固くなっていたので、これはお客には出せないと、今朝ももう一度作り直すのでした。洋菓子ではないけれど、これも絶妙な分量の違いで次の日が食べられなくなる。知っていながらも失敗しました。

砂糖を使えば、加える水分は水だけだから計り間違えはないのだけれど、霊犀亭のデザート類は、ほとんどを甘さのまろやかな氷糖蜜をつかって作っているから、比重の違う液体を加えるのに、計算間違えをしやすいのです。寒天などで固めるものは、多少分量が違っても問題ないのだけれど、蕎麦饅頭や大福は、生地や求肥の固さに関わってくるから要注意なのです。昨日作ったばかりの白餡を使い、今日は四つだけ作って終わりにしました。絶妙の柔らかさ。

陽射しが出たり曇ったりと、今日はめまぐるしい空模様でしたが、暖かいのが幸いして、昼前からお客が続けて入ったから嬉しかった。会社員風のお客は天丼とせいろ蕎麦のセットの大盛りと天せいろの大盛りをご注文。若い方がリピーターなのだったか。上司らしい年配の方がセットメニューだから相当な健啖家。続けて駐車場に車が止まって、カウンターに若い男性客が座る。板ワサ、焼売、鴨葱焼きにせいろ蕎麦と、なかなかの食欲なので亭主は嬉しくなる。

「お酒が飲めないのが残念ですね」と言えば、「僕は飲めないですよ」と健康そうな笑い声なので、他のお客も思わずにっこり。近くのマンションから歩いていらっしたリピーターの老夫婦は、天麩羅蕎麦と鍋焼きうどんのご注文で、「歳を取ったらすっかり冷え性になってしまって」と、奥様が笑っておっしゃる。「主人が蕎麦が好きなもので…」と言いながら、当のご主人は天麩羅と蕎麦を少し食べただけだったのに、「有り難うね」とおっしゃって笑顔で帰られたから好かった。

最後のお客は常連さんのご家族で、先週末もいらっしたから、蕎麦好きのご夫婦なのでした。ご主人は今日はカレー蕎麦のご注文で、前にいらっした時に、「今度はカレー蕎麦を食べます」とおっしゃっていたっけ。汁まで綺麗に飲み干しておられたので、「カレーはいかがでしたか?」と尋ねれば、「美味しかった」と満足げな表情。お子様にはカルピスとひなあられのサービスで、「いろいろ有り難うございます」と奥様も終始笑顔でいらっしたから嬉しかったのです。

スタッフと洗い物を片付けて帰る頃には、青空も広がってのどかな春景色。暖かくなると、少しずつお客が増えてくるのが判るのです。家に戻っても、今日は女将がいないから、遅い昼飯を付作って一人食べる亭主。売り上げデータや写真をパソコンに入力していたら、何時の間にか睡魔が襲ってくる。目覚めれば、女将は一人で夕食を済ませていたからびっくり。相撲放送の最後を見ながら遅い夕食を作ってもらい、夜はまた蕎麦屋へ出掛けて出汁を取るのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.