曇りのち晴れ…

昨日は珍しくプールにも行かずに午後の昼寝をしていた亭主。夕べも早く休んだのに、8時間も眠ってまだ身体が目覚めていなかった。pekoの方は亭主よりも更に早くから眠っていたから朝はすこぶる元気で、早く散歩に連れて行けと吠え出す始末。お茶を一口飲んだところで仕方がないから通りに連れ出せば、公園まで行かないうちに用を済ませて、もう家に帰るのだと言うから呆れる亭主。最近はあまり食欲もなくて、加齢のせいかとちょっと心配になるのでした。

確かに暖かくなったとは言いながらも朝は冷えるから、人間でさえも動きが鈍るし、食も進まない。かく言う亭主も食後のコーヒーを飲み干して、ヨッコラショと蕎麦屋へ出掛ける支度をするのでした。定休日明けの木曜日だけれど、お客の少ない冬場の続きで、1kgの蕎麦を一回打てばいいだろうと考えた。天候の安定しない最近は、平日に10人を超えてお客が来ることがないのです。スタッフと食べる賄い蕎麦もお客の入り具合を見てからと、12人分の蕎麦を用意。

蕎麦打ち室の温度は14℃、湿度は50%だから、今朝は45%の加水率で、それでも50ccぐらいは計量カップに残して水回しを始めるのでした。もう少し入れても好いだろうと判断できるところで、残りの水を加えたのですが、捏ねていくうちにちょっと柔らかくなってくる。44%なら絶妙の固さだったかも知れない。それでも誤差範囲だから、切りべら29本で130gの蕎麦を余裕で12束取って生舟ごと冷蔵庫に入れる。身体が動いてきたからそのままデザート作りに入る。

金柑大福の白餡があと僅かしか残っていなかったから、昨日水に浸けておいた大手亡豆を一煮立ちさせて、皮を剥く準備をしておく。お客が来ない暇な時間に、スタッフと一緒に一粒一粒皮むきの作業をするのです。定休日に一人で二時間かけるより、これは遙かに効率的なのでした。亭主がサラダの野菜を刻んでいる間に、スタッフが小鉢の酢みそ和えと大根の煮物を盛り付ける。薬味は亭のミニ菜園の小葱が育ってきたので、表に出て切ってくればいいから楽。

沢山植えてあるから、今月いっぱいは仕入れなくても済みそうなのでした。大きくなりすぎた葱は青いところが多いから、酢みそ和えにしても出せそう。小蕪もラディッシュも今年は何故か食べ切れていない。育ちすぎてどうしたら好いものかと思案に暮れているのです。開店前の仕込みが終わって暖簾を出せば、昼前に女性客がお二人でご来店。車じゃなかったから、聞けばコミュニティーバスに乗って隣町からいらっしたのだそうな。一度は食べに来たかったという。

ミニ天丼とせいろ蕎麦のセットを頼まれて、美味しそうに蕎麦を啜る。年配の女性もご飯まで完食されたから一安心なのでした。食べ終えたところで一休みしたら、ホワイトボードに書いてあった金柑大福のご注文。「これは美味しい。自家製ですか?」と尋ねられるから、いつものように金柑の甘露煮から、大手亡豆を漉して白餡を作る話をする亭主なのでした。あちこち食べ歩いている人らしく、「今度は主人を連れて来ますから」と言って、帰りはショッピングだと言う。

「歩いて行くにはちょっと遠いですよ」と亭主が言えば、スタッフが「ショッピングモールへいらっしゃるなら、もうすぐバスが店の前に止まりますよ」と案内する。ちょうど次のお客が車でいらっした時に、バスは店の前でお二人を拾って出発するのでした。200円の市営のバスと、無料のショッピングモール行きのバスと二つの足が出来て、蕎麦屋の周辺も、結構、便利が好いのでした。結局、スタッフと二人で遅い昼の賄い蕎麦を食べたのは、1時を回った頃になりました。

ちょうど食べ終わった頃に、またお客がいらっして、今度は男性客お二人で、カレー蕎麦と鴨南蛮蕎麦にご飯とお味噌汁を付けてと言うご注文。何処かの工事現場からいらっしたような出で立ちで、しっかりと昼のご飯を召し上がって行かれた。ご飯と味噌汁、小鉢を付けても150円だから、霊犀亭のメニューはリーズナブル。「お腹いっぱいになりましたか」と亭主が尋ねると、「満足です」と笑顔で答えが返ってくる。暖簾をしまってから、白餡作りまで終えた午後でした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.