車外温度34度の日…

昨夜は夕刻に仮眠を取ったので、冷やしたぬき蕎麦や新しいバージョンになったこのブログのリンク方法など、いろいろと調べ物をしていたらつい夜更かし。それでも、何時もの時刻には目が覚めて、床の中でなかなか起き出せずにいると、リビングでpekoが鳴き出すから、仕方なく散歩に出掛ける亭主でした。蕎麦屋へ寄って昨日の片付けや庭の野菜の水遣りを済ませて、家に戻ればもう朝食の時間なのでした。女将の生活は普段とまくったく変わらないから凄い。

つくづくと考えたら、家庭の主婦には休みというものがないから、長い年月の間に、自分の生活のペースをしっかりと作って、体調を管理する習慣が出来るのかも知れない。そんな女将に敬意を表して、なにか彼女が喜びそうなことをと、朝食後に床屋へ行くまでの間に、双葉の育った朝顔の苗を、ウッドデッキの南側と今年もフェンスを立てる予定の庭の隅に植えて水遣りをする。ついでに君子蘭の鉢に、店へ持って行ければと、やはり「お銀」の苗を植えておく。

我が家では本当のところ花の好きなのは女将で、亭主は女将が喜ぶのを見たいから庭仕事に精を出すのです。最近は、土日に蕎麦屋を手伝ってもらっているから、そんな彼女も庭仕事をする時間がなかなかないのでした。花の話をするのが二人の共通の話題にもなるから、いつのまにか亭主も園芸の初心者になっている。この時期、亭主の専らの関心は、裏庭のタラの木に伸びるタラの芽や、コゴミの若い芽、三ツ葉と、店で出せる季節の食材なのです。

昨日はお客が少なかったので、店から持ち帰った天麩羅の具材を、家の小さな天麩羅鍋で少しずつ上げながら、昼は二人で野菜天麩羅蕎麦と洒落てみた。「テンプラの揚げ方が上手くなったわね」と、文句も言わずに残りものを食べてくれる女将に感謝。胡麻油で揚げる蕎麦屋の天麩羅はもっと美味しいはずなのだけれど、家のサラダオイルでも結構好い味。店に来るお客と同じで、やはり、こう暑くなるとさくさくっとした天麩羅に冷たい蕎麦が食べたくなるのか。

女将をお稽古に送るまでの時間に、例の「お銀」専用のフェンスを立てて、帰り道は、隣町のホームセンターに寄って、厨房の洗剤やラップなどを買い込んで、蕎麦屋に帰って一仕事。隣接したスーパーを覗いて新鮮な野菜があれば仕入れておくのが常だから、一度にいろいろな買い物。冷凍してある使用済みのかつお節を戻して煮詰めながら、隣で生胡麻を煎っておく。ここれがまた延々と時間のかかる仕事だから、迎えの電話が入るまで気長に水気を取る…。

車外温度34度の国道をひた走り、女将を迎えに行って家に戻れば、まだ夕飯までには時間があるから、植木鉢に植えた朝顔のために支柱を立ててやる。連休前に蕎麦屋でお客に朝顔の種を配ったから、夏場になって、こんな花が咲きましたかと、店の玄関前にでも置いてやろうと気の長い計画なのです。夕食は昨日持ち帰った長葱や春菊、舞茸を消化するために、糸コンと牛肉を買ってきたので、久しぶりにすき焼き鍋。日が落ちると急速に冷えてくるから不思議。

そして、一休みすると、昼の仕込みの続きをするために、本日三度目の蕎麦屋通い。出汁を取りながら大鍋でかつお節を乾燥させ続ける。2時間ほどねばって、完成したふりかけを秤で量りながら容器に詰める。蕎麦汁を20個以上の徳利に入れて冷蔵庫で寝かせ、使った沢山の鍋を洗ってやっと今日一日の仕込みが終わるのでした。夜空に星が瞬く時間、昼の暑さは嘘のように涼しい風が吹いていました。定休日は営業が休みなだけで、随分と働いたかな…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.