車に乗らない日々…

今朝も亭主の床に潜り込んでいたpekoに4時過ぎに起こされて、二度寝をする朝でした。ぐっすり眠ったから気分は爽快なのですが、なかなか床から出られない。寝しなに飲むウォッカマティーニが効いているのだろうか。朝の7時前だというのに、もう太陽は大分高いところに昇っているから、季節はみるみる過ぎて行くのが分かる。蕎麦屋の片付けをして、幟を出したら、また家に戻って朝食を食べる。8時半には蕎麦屋へ再び出掛け、蕎麦打ちに集中するのです。

先週も土日はそれほど混まなかったから、夜の営業分も含めて蕎麦だけは数を打ったのでしたが、サラダも蕎麦豆腐も数を減らして、お客の来るのを女将と二人でじっと待つ。休日は出足が遅いと分かってはいても、12時を過ぎてもお客が来ないので、粒餡と葛粉が残っていたので、先日採って保存してあった桜の葉を取り出して、葛桜を作る。一年ぶりに作ったから、餡の分量が多すぎて巨大な葛桜が完成したから、我ながら笑ってしまう。味は甘すぎずに美味。

糠床の手入れをしたので、昨夜プールへ行く前に漬けておいたキュウリとナスはなかなか好い味を出していました。ミョウバンでナスの色落ちを防いでいるから、早めにラッピングをして冷蔵庫に入れておくと、一日はきれいな色で出せるのです。そう言えば、昨夜はプールに行こうと車に乗ったら、バッテリーが上がってしまって動かないから一苦労。結局、2kmの道のりを歩いて往復して、それで疲れたというのも、なかなか起きられなかった理由かも知れない…。

昼過ぎに一度に大勢のお客が来て、今日は第一波だけでもう人の気配もなかった。夕刻からまた蕎麦屋へ出掛けて、夜のお客の酒の肴を作りながら、料理の試作。和包丁の練習がてら大根の桂剥きをして、出汁巻き卵を焼き、刺身の皿と、鮪の酒蒸しとを作ってみるけれど、ラストオーダーの時間までお客は現れず、結局、試作品は全部家に持ち帰る。今夜は随分とご馳走だ。ディーラから連絡があって、仕事を終えた夜の時間帯に車を取りに来てくれると言う。

夕食も食べずに、バッテリーの上がった車を引き取りに来てくれると言うものだから、蕎麦屋での試食品を出して、夕食を食べていってもらった。若い二人には少し足りなかったかも知れないけれど、サラダと鮪と鰻と餃子を出したら、綺麗に完食してくれたので気持ちがいい。料理は食べてくれる人がいるから作る元気が湧いてくるというもの。ちょうど定期点検で車を預けなければならなかったので、一石二鳥で片が付いたのは好いけれど、車に乗れない日々が続く。

女将の送迎と蕎麦屋の仕入れに行く以外は、これといって車の必要性がないのが現在の亭主の生活。それでも、車を走らせたいと新車購入の夢を見るのは、長年の習慣なのだろうか。取りあえず2、3日は車のない生活をしなければならない。完全装備の快適な車も、ちょっとの間なら、なければないで何とか暮らせるものなのです。今となっては、いつか遠出をしてみたいという夢が大きな車をもつ理由なのだろうか。蕎麦屋の夢はそれ以上に壮大だから困った。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.