ゆったりと日曜日…

夕べはさすがに疲れて、ブログを書いている途中で眠ってしまったらしい。その分、今朝は4時前から目覚めて、ブログの更新をしたらpekoの散歩。眠たそうな彼女も、朝食を食べても覚悟を決めたらしく伸びをして、元気に通りを歩いて行くのでした。家の門の脇にある木槿も伸び盛り。綺麗に通りに面した花壇を手入れするご近所も、この時期の花々を見事に咲かせているのでした。蕎麦屋に立ち寄って出汁を取る間、大人しく外で待つpekoも気持ちが好さそう…。

塀際に植えたサツキが、今にも花を開きそうで、今朝の青空に映えているのでした。今朝の蕎麦打ちはやはり休日だから1.25kg。蕎麦打ち室の湿度が高かったから、加水率を低めに設定したら、ちょっと固くなったのが今朝の失敗。伸した生地の縁のひび割れこそしなかったのですが、昨日の蕎麦よりはちょっと太めの仕上がりでした。それでもしっかりと13人分を取って、今日の蕎麦の用意も万全でした。朝から12時に行きたいのですがと電話が入ったのは嬉しい。

(ここまで書いたらまた爆睡で翌朝の記述)例によって、予約は受け付けていないのでと、開店の時刻に来て頂くように話したら、なんと11時過ぎには隣町から車でいらっしたから、暖簾は出さぬまま店の中に入ってもらったのでした。こちらは、女将と開店準備の真っ最中で、サラダを仕上げて、さあ、開店というところで、リピーターの女性が暖簾をくぐってカウンターに座る。今日も、休日にしてはそれほど多いお客の数ではなかったけれど、上手くばらけたお客の入り。

洗い物も全部終わらせ、最後のお客が帰って、2時過ぎには家に帰れたので、1時間ほど仮眠を取ることが出来ました。女将は予約してあった美容院の時刻を早めてもらって出掛けていくし始末。亭主は一人でコーヒーを入れて、4時前にはまた蕎麦屋へ戻る。さすがに二日続けてはお客も来ないだろうと、大鍋に湯を沸かして、お茶の準備も済ませておいて、頼まれた宴会用にと三点盛りの試作をしていたら、6時過ぎになってご家族でのお客のご来店なのでした。

天せいろにとろろ蕎麦、鴨せいろと、皆が別々のご注文なのに、ご主人はビールを注文して「蕎麦と同じ時間に出してくれよ」とおっしゃる。亭主一人の夜の営業は、これだから大変。野菜サラダをサービスでお出ししておいて、天麩羅を揚げながら、とろろを擦って、試作品の三点盛りとビールをお出しする。鴨せいろは汁から作って、最後に焼き上げるのでした。その合間に、お客たちの質問に次々と答え、和気藹々とした雰囲気の中で今宵も更けていく…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, . Bookmark the permalink.