なぜか春めいた暖かさ…

明け方は氷点下になるという予報だったけれど、薄着のままpekoの散歩に出掛ける亭主。確かに、公園の芝生には霜が降りたらしく、一面に白かったのですが、朝日の当たる場所からすぐに溶けて、青い新芽が顔を出しているではありませんか。歳を取って寒がりになったpekoも寒がる様子もなく、そこいら中を徘徊するのでした。家に戻れば、亭主は例によって、お新香の浅漬けと天麩羅の残りを焼いて、3日目の蕎麦を茹でて、辛味大根で簡単な朝食でした。

暖かくなったと思ったら、女将は花粉症の症状が出て来たらしく、どうも調子が悪そうなので、このところあまり機嫌がよろしくない。軽症の亭主は少し目がしょぼしょぼしたり、鼻水が出たりするだけで、大事には至らないから、今朝も一番で床屋へ出掛けようと張り切っているのでした。ワイシャツにセーター一枚で十分に暖かい陽気だから、かえって今日あたりは身体の調子がいい。中央通りを車を走らせて店に着くと、待ってましたとばかり親爺様が出迎えてくれた。

「昨日、確定申告に行ってきましたよ」と言えば、「随分と早いんだね」と言われたけれど、聞けば、遅くなればなるほど申告書の提出だけでも随分と並ぶらしいのです。「天候が悪いと蕎麦屋もあがったりですよ」と、雨だという明日の話をすれば、「何処の店でも今年の冬は、お客が入っていないんだよ」と慰めてくれる。長年、仕事をしているから、その程度のことでは一喜一憂しないのがさすがだと感心をする。蕎麦を幾つ打とうかと悩むのは駆け出しの亭主ばかり。

あまり暖かいので、車を一度家に置きに戻って、歩いて蕎麦屋へ仕込みに出掛ける。春めいてきた近所の風景を眺めながら、少し遠回りをしてみずき通りの坂道を登るのでした。夏みかんの黄色くなった実がびっしりと付いているお宅や、年輪を感じさせる古い梅の木に白い花が咲いているのを、薄曇りの空と共に写真に収めておく。明日は春一番が吹くというけれど、このまま本当に暖かくなるのだろうか。季節の変わり目がこんなに待ち遠しいのも近年珍しい。

昨日の晩のうちに出汁取りの準備をしておいたから、蕎麦屋に着いたらまずは出汁を取るのが今日一番の仕事。先週はお客が少なかったから、この仕込みは楽でしたが、暖かくなるとお客も増えそうだから、今週はまずは2日分の分量を取っておく。週末にかけてもう一度出汁取りをしないといけないくらいではないと、やはり気も滅入ってしまうのです。寒い時期には、暖かい蕎麦の汁を沢山使うから、二番出汁の方が余計に早くなくなるのだけれど今週はどうか。

出汁を取ったら、早速、煮物にかかる。天麩羅の具材を切りそろえたカボチャの残りで従姉妹煮を作って、下茹でをしておいた大根を、今度は出汁を入れて蒟蒻や揚げ物と煮込む。いつもなら、火曜日のうちに済ませる仕込みだけれど、今週は昨日の確定申告とプールで一日遅れている。午前中はここまでが限界で、細かな仕込みは午後に回すことにして、家に戻れば女将はまだ稽古場に籠もっていた。花粉症で体調がよくないと筆の運びも遅くなるらしいのです。

月曜日に残った最後の蕎麦を茹でて、辛味大根で食すれば密かな安堵感が広がる。三日間残った蕎麦を食べ続けた亭主に同情してか、女将がホウレン草と豚肉を茹でて出してくれた。やっと明日から米の飯が食えると思うと、ちょっと懐かしくなるのです。午後は食休みもそこそこに、蕎麦屋へ戻って仕込みの続き。聖護院大根を甘酢で千枚漬けにして漬け込んだら、昆布と唐辛子と柚子を入れて容器に入れる。冷めた蕎麦汁も徳利に詰めて冷蔵庫で保存する。

天麩羅の具材を切り分けて、かき揚げの野菜を切ってそれぞれ容器に密閉する。後は蕎麦豆腐を型に流し込んで、まな板を消毒すればお終い。洗い物も済ませて、明日の準備もほぼ終えたから、一日で仕込みは出来るものだと、普段のルーズさを反省する。前の畑では、セグロセキレイが午後の陽射しを浴びながら遊んでいる。目の部分の黒い筋が目印。自宅に戻って買い忘れた食材を仕入れに出掛けるついでに、女将の好きな果物を何種類か買って帰る。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.