3年目の確定申告へ…

定休日といえども、今朝も早起きで6時にはpekoの散歩に出掛ける亭主。女将の起き出してくる7時前には、蕎麦屋から持ち帰った野菜サラダの残り物に、肉と卵を載せて蒸し焼きにしたら、蕎麦を茹でて辛味大根をおろして食べる。栄養のバランスも大切だから、食事に蕎麦だけというのはなるべく避けているのです。朝ドラもBSで早めに見終えて、今朝は成田まで確定申告の申請書を提出に行くのでした。家と蕎麦の往復の日常で、年に一回の遠出だから大変。

車のナビでは20kmあまりしか距離はないのに、通勤の渋滞があるから約1時間のドライブ。晴れる一日という予報だったのに、早春の天候はかなり気まぐれで、寒くないのがせめてもの救いでした。国道沿いの竹林が曇り空に深々と映えて、何故か心が惹かれる思い。申告会場の巨大ショッピングモールの入口には、開場前から人の列が出来ていました。年金生活で暮らすだけの老後なら、確定申告もいらないのだけれど、これも勉強かなと列の最後尾に並ぶ。

書類の書き方を相談するコーナーの人の列を横目に見ながら、申告書を提出するだけの亭主は誰もいない通路の左側を歩いて別室に向かう。係員のチェックを受けてたら、わずか30秒で控えの申告書を受け取って駐車場に戻る。買い出しを待っているお袋様に電話をして、10時には戻れるからと知らせておくのでした。営業利益は去年よりもなんとか増えて、仕入れの合計額も随分と減っているのを確認できたし、年に一度の確定申告も無事に終えてホッとする。

お袋様を拾っていつもの仕入れ先を回れば、時間が遅いせいか駐車場やレジは大混雑なのでした。家に戻れば、お稽古が休みの女将はスポーツクラブへ出掛けて留守だから、一人で留守番をしていたpekoがまた亭主の膝に乗ろうとやって来る。今日はよそ行きの洋服を着ているから、乗せてやれないと言えば、『どうしてなの?』とでも言いたげに亭主をじっと見つめている。女将の帰る前にまた蕎麦を茹でて一人昼飯を食べる。さて、午後はどうしてくれようか。

蕎麦屋へ戻って仕込みを初めても好いのだけれど、隣町のプールが明日から天井の工事でしばやく休業になるから、今日は是非とも泳いでおきたいところなのでした。昼食を済ませて稽古場に入った女将に声をかけて、再び車を走らせる。工事開始の前日とあってか、施設の駐車所はいつになく空いていました。プールもがら空きで、亭主はゆっくりと準備運動をしてからシャワーを浴びる。先週は何故か泳いだ翌日に筋肉痛になったので、今日は慎重に始める。

ゆっくりと泳いではいるのだけれど、どうしてもストロークの後半には、水を掴んで最後まで掻ききる腕に、力を入れてしまうのが長年の習慣。そうでないと水を逃がしてしまうから、重い身体を引っ張るにはスピードが上がらないので、面白くないのです。筋肉が落ちているのに、泳ぎながら筋トレをしているようなもので、これでは筋肉痛になるのも無理はないと、ゆっくりとアップをして、ゆっくりとクールダウン。心拍数が上がって少し汗ばむくらいで泳ぐのを止める。

施設の入口にある梅の並木の枝々に、可愛らしい白い花がびっしりと咲いていました。今日の暖かさは、まさに梅の満開になる陽気なのでしょう。やっと青空も覗いて、熱くなった身体を冷ましながら車に乗り込む。帰り道にあるいつもコンビニで、いつものレジのお姉さんに声をかけられながら、酒と肴を買って帰る。家に戻れば、女将はまだ稽古場で真剣な顔つき。休みの日でも夫婦それぞれやることに事欠かないから、健康なのか幸せなのか。のんびりした一日…。

書斎でブログの写真を整理していると、ちょうど女将とpekoが散歩から戻って来るところでした。一日中晴れると言っていた天気予報は全くの嘘で、薄日は差していたけれど、どう考えても今日は曇りでしょ。暖かかったのがせめてもの慰めで、このくらいの陽気なら蕎麦屋もお客入るのにと恨めしかった。確定申告をした反省は、もう少し、冬場のこの時期のお客を増やす工夫をすべきだと言うことかな。夜は女将と二人で今日は初めて食卓を共にするのでした。

This entry was posted in 日常, , 運動・健康. Bookmark the permalink.