暖かい一日だったけれど…

久しぶりに真っ白に霜の降りた朝でしたが、雲一つない青空が広がっていたから、寒さも苦にならないのでした。今日は天気予報通り暖かくなりそうです。ただ、風の強い日はお客が少ないので、昼の南風がどれだけ強くなるのかが心配。昨日の失敗もあるから、生舟に一箱蕎麦を残しながら、今朝は750g9人分だけ蕎麦を打つことにしました。これで生舟二箱分の蕎麦があるから、夜の営業まで十分に間に合う。それよりも心配は、どれだけ蕎麦が残るかでした。

今朝も加水率46%で、切りべら29~31本で125g~132gの細い蕎麦が仕上がる。最近は、滅多なことでは打ち損じがないから、均一な太さの蕎麦が打てるので、蕎麦打ちも早く終わるのです。本伸しの段階まで、打ち粉はほとんど使わない。畳むときだけ蕎麦同士がくっつかないように、念のために打ち粉を打っておくのです。週末の手伝いに女将がやって来て、「今日は暖かいわね」と気分が好さそうに店の掃除を始めてくれる。亭主はデザート作りに取りかかる。

昨日煮詰めた白餡の固さも好い塩梅で、金柑をくるんで求肥で包み込む。冷凍室には蕎麦饅頭もあるから、野菜サラダと同じ数だけ作って終わりにする。女将は味噌汁を作る準備だけして、家に早お昼を食べに戻った。朝の食事の片付けをして、洗濯物を干してと、家でもやることが多いから、蕎麦屋の開店前の仕事も、ずっとやり続けるのでは疲れるらしいのです。家では随分と楽をさせてもらっている分、亭主は黙々と一人で開店前の仕込みを続けているのです。

女将が戻って来る頃には、野菜サラダの盛りつけを終えて、亭主は自分の賄い蕎麦をぶっかけにして食べる。蕗の薹の天麩羅が美味く揚がるだろうかと、今日も試しに揚げてみる。ほろ苦い早春の香りが何とも言えないのです。蕎麦も弾力のある美味しさで、今日もお客には喜んでもらえそう。昼前にご家族連れでお客がいらっして、天麩羅蕎麦に天せいろ、そして天丼セットと、すべて天麩羅の付いた蕎麦のご注文だったから、やはり、暖かな日には天麩羅が出る。

茹でた蕎麦を洗う水も、手の痺れるほどだったこの間までのように冷たくはない。続けていらっした親子連れのお客は、遠い市内の方からいらっしたと言うから、「どうしてこの店をご存じなのですか」と尋ねる亭主。「ネットで調べたんですよ」と親爺様。蕎麦を食べ終わった娘さんと二人で口を揃えたように、「お蕎麦が美味しいですね」とおっしゃるので、わざわざ食べに来て頂いた甲斐があった。サラダも蕎麦豆腐もデザートも、全部、美味しかったと言って帰られた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 未分類, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.