天気予報は大はずれ…

午前中から晴れるという天気予報に気をよくして、今朝は朝ドラの時間にはもう蕎麦屋へ出掛ける支度をしていた亭主。早朝のpekoとの散歩で蕎麦屋を回り、暖房も入れておいたから蕎麦打ち室はもう15℃もあった。やはり、先日頃よりは暖かくなっているのでしょう。片付け物も洗濯物干しも早朝のうちに済ませておいたから、まずは蕎麦打ちと勢いづいて今朝は1kgの蕎麦を打つのでした。昨日はいつもより少なく打って、冷や冷やしながらの営業だったから。

蕎麦が売り切れになるのは嬉しいのだけれど、お店に来てくださるお客の側から考えたら、営業時間のうちに売り切れるのも、本当は失礼なのです。だから、いつも少し余分に蕎麦は準備しておく。天候にも左右されるから、一日15食前後で終わりと謳っている。寒い日や風の強い日には少なめに打って、週末はかなり多めに打つのだけれど、見込み違いが続いて多く残ってしまうと、お客に出さない三日目の蕎麦が残り、家に持ち帰らなければならなくなるのです。

日が出て暖かくなるという予報だったから、今朝は張り切って12人分を打って、水回しから捏ねまでしっかりと頑張ったら、生地も均一な厚味で薄く伸せたから、切りべら29~30本で細い蕎麦が仕上がったのです。昼前にいらっした常連さんが、珍しく蕎麦が美味いと褒めてくれたのも、細くて喉越しがよかったのかも知れない。今日は天麩羅に揚げた蕗の薹を珍しがって、「なかなか美味しい春の香りがするね」と、感心していらっしたのです。外は曇って肌寒い。

お客のいない時間に、畑で餌を啄む小さな腹の白い鳥はセキレイではないかと調べて見たら、どうもセグロセキレイらしいのでした。鳥に詳しいお客に「低い木の茂みに巣を作るんだよ」と教えられて、窓の外を見ていたら、畑の中にある茂みを出たり入ったりしている。椋鳥やヒヨドリよりも一回り小さく、雀ぐらいの大きさ。「近ごろはあまり雀を見なくなったね」とはお客様。そう言えば、昔は随分と雀が多かったような気がする。鳥も外来種が幅を利かせているのか。

蕎麦打ちを終えたらすぐに金柑大福を作ったのですが、今回作った白餡がまだ十分に煮詰まっていなかったらしく、緩すぎで求肥で包むのが大変だった。営業時間中に餡作りをしていて、お客がきたものだから途中で止めて、翌日に続きをやったのが災いしたらしい。幸いにもお客が少なくて、デザートは一つも売れなかったから、スタッフと試食をして残りは家に持ち帰る。冷蔵庫にあった残りの白餡を、鍋に入れて再び火を入れて水分を抜いたら、固くなった。

晴れるはずの天気も、西風が強く、空は厚い雲に覆われて、気温は上がらず終い。この間頃よりは暖かくなっているのだけれど、人間は一度温かくなると慣れてしまうから、今日のような陽気ではあまり外に出ようとしないのかも。まして、蕎麦を食べに行こうとは思わないのかも知れない。お客が来ないから、聖護院大根の残りと、親子丼の具材を作ったときに取っておいた鶏肉の残りで、薄味の煮物を作る。小鉢も千枚漬けと二種類になって数は用意したけれど。

今日はほとんど出る幕もなかった。雪の降った昨日の方がまだお客が多かったなんて、信じられないこと。早めに暖簾を降ろして帰路に就くときも、まだ空は曇ったままの天気でやっと青空が覗いたのは3時過ぎのこと。スポーツクラブに出掛ける女将と入れ違いで家について一休みしたら、亭主も隣町のプールに泳ぎに行くのでした。プールも今日の蕎麦屋のように空いていて、天窓から差す遅い午後の陽射しを浴びながら、ゆっくりとウォームアップを開始しました。

身体を動かすことの喜びをしみじみと感じる亭主。来週からまたプール改修の工事が始まるらしいから、今月は今日が最後の水泳となるか。昨夜、やっと終わらせた確定申告の書類を、週明けの定休日には税務署に提出に行かなければならない。女将のお稽古がお休みなのがせめてもの救い。明日は晴れて暖かくなると言うけれど、果たして、蕎麦屋の営業はどうなることやら。今日は天気に翻弄された一日だったから、新しい朝の活動に向けて今夜は早く休もう。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.