淡雪の降る中を…

プールと夜間パトロールで疲れた昨晩はぐっすりとよく眠れたから、今朝は早くから目が覚めて、小雨の降る中を近くの公園までpekoの散歩に出掛けました。夜中から朝にかけて雪マークの予報だったけれど、さすがにもう暖かいから雨なのだろうと思っていたのです。ところが、蕎麦屋へ出掛ける頃には時雨れてきたから、上空はかなりの寒気が入ってきているらしい。幟を出して米を研いだら、まずは天麩羅を取るパットにキッチンペーパーを二重にして敷く。

これで一日の揚げ物が終わったら、更にペーパーでパットを拭くことで、油が洗い場に流れずに配水管とグリストラップの汚れが激減するのです。家庭の油の量とは桁違いだから、面倒くさがっていると後で大変なことになる。お蔭で、厨房の外にあるグリストラップはひと月に一度ぐらいの掃除で十分に綺麗になっている。台所用の洗剤でお湯を使って油を洗ってしまうと、冷たい外気に触れて外で固まるから、最終的には、海に流れ出る排水溝も大変なことになる。

この寒さと雪ではお客は期待できないだろうと、今朝は750g 9人分の蕎麦を打つ。万が一にも売り切れるようなことがあったら、うどんやご飯物で勘弁してもらおうと考えたのです。加水率は46%。切りべら28本で一人前125~130gの束を余裕で9人分取って出来上がり。細さの揃ったしっかりとした蕎麦が打ち上がったので、まずは一安心。時雨は雪に変わって風も吹いてきたから、まさか積もるようなことはないだろうけれど、お客は見込めない天気なのでした。

ところが、開店時刻を前にして暖簾を出せば、傘を差して歩いてお客がいらっしたから有り難いことなのでした。「寒いところを有り難うございます」とスタッフがお茶を運ぶ。男性のお一人客でランチセットのご注文。さらに10分もしないうちに、若い男性客がカウンターに座って、天せいろの大盛りをご注文。更に10分ほどして、今度は車でやはり初老のお一人客のご来店。じっくりとメニューをご覧になって、天丼セットのご注文。「ご飯は少なめにしてください」と言う。

蕎麦を少量しか打っていなかったので、このペースでお客が来ると、昼過ぎにはもう売り切れになるかも知れないと、少々不安になってきました。サラダも蕎麦豆腐もデザートも出て、嬉しい限りなのですが、蕎麦がなくなっては話にならない。雪の勢いはなくなったけれど、空は暗くなかなか止みそうにないから、お客が続くのと合わせて二重の驚きなのでした。ひとしきり厨房の亭主が忙しく動いたと思ったら、やっと洗い物をする暇が出来て、スタッフと共に片付け。

今日の小鉢は京都風に甘酢を利かせた聖護院大根の千枚漬けでしたが、五つしか鉢に盛っていなかったから、急いで次の小鉢に盛り足す始末。亭主が奥の座敷で一休みすると、またお客が入るという繰り返しで、今度は女性の一人客。せいろの大盛りを頼まれて、スルスルスルッと美味しく食べる音がする。蕎麦湯までしっかりと飲んで頂いて、亭主も嬉しい限りなのでした。そう言えば今日はご新規さんばかりで、それも皆様お一人ずつのご来店だから珍しい。

時計が1時を回って、次のお客で売り切れの看板をだそうとスタッフと話をしていたら、またもや男性の一人客がカウンターに座られた。ぶっかけ蕎麦の冷たいお蕎麦のご注文だったけれど、お土産に金柑大福を二つ持って帰られた。今日は冷たい蕎麦ばかりのご注文で、蕎麦湯も綺麗に飲んでくださったから、皆さん蕎麦好きのお客らしいのでした。「パンフレットがなくなります」とスタッフが言うものだから、「明日は印刷してきます」と応える亭主。雪はやっと止んだ。

お一人の、しかもご新規のお客が増えるのは、蕎麦屋にとってはとても嬉しいことなのでした。平日のお客が増える前兆でもあるような気がするし、みんなで揃って蕎麦を食べにいらっしゃると言うのは、それぞれのお客の都合もあるだろうから、そうそういつもは期待できない。しかも、この寒さで冷たい蕎麦ばかりが出たというのは、蕎麦好きのお客が来てくれたと言うことだから、明日に繋がると思えるのです。梅は咲いたし、桜はまだかと言うように、春はまだかな。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.