曇り空でも…

暖かくなったと思ったら、今朝はまた冬の陽気に逆戻りです。曇り空が広がって、太陽は雲の中に隠れたままで、時折、薄日の差す程度。いつもと同じ時刻に家を出て、昨日買い忘れた食材を捜しに団地の中のスーパーへ出掛ける。道の途中、モノレールの駅の近くで久しぶりにユーカリの木を見かけたから、車を停めて写真を一枚。団地のシンボルツリーなのだけれど、今では残っている場所もそう多くはない。大型スーパーを回るバスが駐車場に停まっていた。

先週は蕎麦屋で焼売が随分と出たから、昨日のうちに挽き肉を買って来ていざ作ろうと思ったら、焼売の皮を買い忘れていたのです。寝不足の定休日の疲れた頭では、やはりいろいろと忘れることが多い。昨夜は早く休んだので、今朝は頭もすっきり。スーパーからほど近い農産物直売所に寄ってみたら、思った通り蕗の薹が沢山出ていたので、季節の天麩羅の具材にと買って帰る。蕎麦屋の常連さんの農家が足しているものでした。一つ当たり20~30円ほど。

蕎麦屋に戻って、早速、午前中の仕込みにかかる。昨日塩漬けにしておいた聖護院大根の千枚漬けに昆布と柚子を加えて、甘酢で漬け直す。先週は、塩と唐辛子で漬けたのだけれど、お客に京風が好いと言われて、以前のバージョンに戻したのでした。お酢が苦手なお客はどうしても小鉢を残すから、少し換えて様子を見たのだけれど、聖護院大根の千枚漬けは甘酢の味と世間一般に定着しているから、新しい味付けはなかなか受け入れられないらしいのです。

そして、いよいよ特製焼売作り。生姜30gをみじん切りにして、醤油、酒、胡麻油、オイスターソース、卵を用意したら、みじん切りにした玉葱に片栗粉をまぶす。挽き肉は400g。一つの焼売の皮で35gの中身を詰めるから、かなりの大きさになる。調味料が多すぎると挽き肉が緩くなって形が上手く整わない。30枚の焼売の皮で、ちょうど29個の焼売が出来ました。これを急速冷凍してじっくりと味を馴染ませる。パットに並べる時に隙間を作っておくのがポイントです。

昼食の時刻を気にしながら、まだまだ行けると蕎麦豆腐を仕込み、人参のグラッセとブロッコリーを半分だけ茹でる。この時に鍋焼きうどんに入れる花形の人参も、一緒に切って保存しておく。洗い物を済ませたら、最後に天麩羅の具材を切って、まずはカボチャをレンジにかける。生椎茸、ピーマン、茄子も揚げるばかりにして、きっちりと容器のままラッピング。かき揚げ用の玉葱と三ツ葉もしっかりラップをかけて冷蔵庫に保存する。後はまな板を消毒したら終了。

夕べゆっくり休めたからか、集中力が途切れなかったので、思いの外仕込みが早く終わったのでした。冷凍室に残っていた古い焼売は家に持って帰って、昼のおかずに蒸かしてもらう。女将と二人で久しぶりの焼売を食べて、なかなか美味しいと舌鼓を打つ。近ごろは焼売を自分で作る家庭も少ないのだと女将が言う。だから、スーパーに餃子や雲呑の皮は売っていても焼売の皮がない店もあるのかも知れない。あまり売れないのだろうか。買えば結構な値段。

午後は夜の防犯パトロールまでやっと定休日らしいゆとりの時間。2月は今週だけ営業している工事中のプールへ行くかどうか悩むところ。確定申告の申請書がまだ終わっていないのです。始めてしまえばすぐに終わるのだけれど、始めるまでがグスグスしている。これはやはり加齢のせいに違いないのです。注文しておいた新しい年度の手帳が届いたから、まずはこの春予定から記入しておこう。仕入れの発注もいろいろあるから、忘れないようにしなければ。

間近くは、3月10日(土)が調理師学校の卒業式だから、臨時休業の看板を印刷して明日は店の入口に掲示しよう。それでも時間があったので、寒空の中を隣町のプールへ出掛ける。久しぶりにゆったりと泳いで汗をかいた。この時期の水泳が5月のダイビング遠征に繋がると思うと、やはり身体を動かしておかないと。施設の玄関脇に植えられた梅の枝にも花が開いて、沢山の蕾が膨らんでいる。春の訪れを予感させるのでした。さて、夜のパトロールまで一休み。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.