暖かな一日…

暖かな朝、二階の北の窓から裏の空き地を眺めたら、沢山の鳥が群れていたから、思わずシャッターを切ったのです。椋鳥かと思ったら、嘴や脚が黄色くないし、尾が長いからこれはどうもヒヨドリらしい。ヒヨドリも群れて飛び交うのかと驚いたのです。大きくなりすぎた小松菜の葉を啄んでいるから、我が家の庭の金柑を食べているのはこの鳥かも知れない。幼稚園の桜の枝まで一斉に群れ飛んで行く姿を見ると、椋鳥もヒヨドリもあまり変わりがないようにも思う。

朝の散歩で蕎麦屋まで出掛けて朝食を終えたpekoは、家に戻れば満足そうに椅子に座っている。今朝も亭主はいつもと同じ時間に家を出て、お袋様と隣町まで仕入れに出掛ける。三軒店を回って蕎麦屋に戻れば、午前中の仕込みに使える時間は一時間余り。買って来た野菜類を冷蔵庫に入れたら、銀杏切りにした大根を米粒と共に鍋に入れて下茹で。聖護院大根は大きすぎるから、半分だけ薄切りにして塩で押し漬けにする予定。昨夜の疲れが抜け切れない。

確定申告の書類の準備で、年間の決算書などを作製していたから、ついつい寝るのが遅くなった。それでもいつもと同じ時刻には起きて活動を開始するから、定休日とは言っても、普段の日よりもハードなスケジュールなのです。今日は朝から子ども会の廃品回収や灯油を買いに出掛けたりで、結構、動いているのでした。「好い天気だわね」と、お出かけ気分の女将を隣に乗せて走るのも、隠居暮らしの亭主には週に一度のロングドライブだから、新鮮な気分。

森や田んぼの一本道を抜けて国道まで出れば、今日は五十日だから車も多い。晴れ渡った空が気持ちが好かった。帰り道に、西の町のスーパーに寄って、午前中に買い残した食材を仕入れて蕎麦屋へ戻る。最初のスーパーで肉厚の生椎茸が出ていない時には、西の町で買うことにしているのだけれど、一つ80円の生椎茸は、さすがに最近は手が出ない。一回り小さい一つ50円のものでも、天麩羅の原価率を考えると、実はかなり厳しいものかがあるのです。

午後の仕込みは、下茹でしておいた大根に、蒟蒻と白身魚の揚げ物を加えて、薄口の出汁醤油で煮込む。暖かくなって来ると出ないメニューだけれど、出る時には出るから、まだ止められない。出汁を取る支度をしておいたから、3㍑の一番出汁と、追い鰹で5㍑の二番出汁を取る。一番出汁に返しを合わせて蕎麦汁を仕込み、二番出汁に返しを合わせて暖かい蕎麦の汁と天つゆを仕込む。蕎麦打ちと同様に、すぐに出来るものではないから、時間を掛けなければ。

出汁取りを終えたところで、やけに早く女将から帰るコール。次の展覧会のお手本を書いてもらえるかと思っていたのに、自分で書いていらっしゃいと言われたそうな。毎晩、撰文に苦労をしているらしかったけれど、お師匠さんのお手本が出る前と後とでは、素人目に見てもやはり書の出来栄えが違うようなのです。見る目は出来ている筈なのに、自分で書き出すというのは相当に大変らしいのです。暗中模索で蕎麦打ちを続けてきた亭主も、人のことは言えないか。

何度も何度も本や写真やビデオを見て、何が名人の蕎麦打ちと違うのかと研究を重ねたものです。それでも、やはり、自分で蕎麦を打ち続けて一つ一つの行程で納得のいく答えを出していかないと、身につかない。そうした試行錯誤の中での新しい発見が、次の打ち方の課題を明確にしてくれるのだと思います。だから、いつも早く蕎麦を打ちたいと思うのだし、上手く仕上がればそれなりの達成感が味わえる。これはもう商売以前の問題で、女将の書道と同じか。

今夜も確定申告の書類作りで夜更かしになりそう。赤字の額は前年度の半分に納まっているから、かなりの進歩。余計な仕入れをしなくなったのと、仕入れ先を替えたのが随分と大きい。勿論、お客の数が少しずつ増えているのもある。不易流行ではないけれど、替えていかなければならないものと、替えてはいけないものとがあるような気がする。そんなに疲れるならメニューを減らして、仕込みを少しでも楽にしたらと、女将は言うけれど、まだまだ道の途中…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.