春風の吹く陽気に…

めまぐるしく寒暖の入れ替わる朝。今朝は思ったよりも暖かく、陽射しが強かったので畑の鳥たちも気持ちよさそうに朝食の時間。珈琲を一杯飲んだら、11℃を越えた蕎麦打ち室で亭主は今朝も蕎麦を打つ。生舟一箱分の蕎麦が残っていたから、今朝は750g、9人分の蕎麦を仕上げて、二箱目の生舟に入れる。加水率は46%。切りべらは29本で、一人前130g前後の束にする。10時前に蕎麦を打ち終わって、今日のデザートにと金柑大福を作っておくのでした。

蕎麦屋の前に散歩の途中らしい男性が立って、じっと看板を眺めているから、店置きのパンフレットを持って「宜しくお願いします」と挨拶をする亭主。その男性は、なんと開店の30分前だというのに、「やっぱり来ちゃいました」と言っていらっしたから、大釜の湯も沸いていたので、店の中に入ってもらうのでした。まだ準備が終わっていないからと言えば、せいろ蕎麦の大盛りをご注文で、暖簾を出さないまま蕎麦を茹でて差し上げる。亭主は賄い蕎麦を食べ損なった。

サラダの野菜を刻んで開店の準備が整うと、どうしたわけかぞろぞろとお客が入るから驚きでした。ご家族連れの常連さんや、ご夫婦の常連さんがテーブル席を埋めて、今日は暖かいからやはり蕎麦日和。天せいろ四人前を二回に分けてお出ししたら、今度はカレー蕎麦とまた天せいろ。天麩羅の具材がすぐに底をついて、仕込みながら揚げていくという忙しさでした。お次は天丼とせいろ蕎麦のセットとまた天せいろ。やはり暖かい日には天麩羅がよく出るのです。

野菜サラダもデザートも随分と出て、ご飯物も出たので嬉しい限り。春風の吹く陽気に助けられたのでした。洗い物を済ませて女将と蕎麦屋を出た頃には、陽射しも穏やかで本当に春を思わせるひとときなのでした。亭主は昼を食べていなかったから、女将が家でカットステーキを焼いてくれた。売り上げのデータを入力したら、夕刻の営業まで一眠りする。やはり、pekoが一緒だと熟睡出来ないこともあるのでした。老犬になると幼少期に戻ったように甘えてくる。

4時に目覚めて再び蕎麦屋に戻る頃には、外はにわか雨が降ったらしく道路が濡れていました。春一番かと思うほどの強い風が、高圧線をビュービューと鳴らしているのです。風は西風で空気は幾分冷たくなって、昼間のぽかぽか陽気は何処へやら。こんな夜はお客が来ないと判るから、買っておいた金柑を甘露煮にする作業を始める亭主。家で採れた小振りの金柑もついでに種を取って酢水で下茹でして、氷糖蜜で煮込む。小一時間ほどの作業なのでした。

スーパーで仕入れた大きな金柑は、さすがに色つやもよく、種取に時間がかかりそうだったから、下茹でをした後で種を取ることにする。すると、半分に切った果肉からぽろぽろと種が鍋の中に落ちるから、残りの種を竹串で一つ一つ丹念に取っていけぱいいのです。手間のかかる作業だけれど、美味しいものを作るには何事も忍耐。これで今月いっぱいくらいは金柑大福を作れる。ただ、白餡を作るには、また大手亡豆を煮なければならない。これがまた一苦労…。

来週の定休日に仕入れなくてはならない物をメモ用紙に書き出しておく。明日の小鉢は足りているかを確認したら、蕎麦汁が足りないのに気が付いて、一番出汁に返しを合わせて、作り足しておく。客の多い日は、用意してあった蕎麦徳利も随分と空になるものなのです。明日は何とかこれで足りるけれど、明後日の分の蕎麦汁や出汁が足りなくなりそうなので、鍋に昆布と干し椎茸を入れて一晩水に浸けておく。すぐには作れないので忘れてしまうと大変なのです。

残った野菜類で昨日作っておいた浅漬けを小鉢に盛って見るけれど、今夜は到底お客は来そうにない。6時半まで待って暖簾を下ろすのでした。大鍋の火を落として店の明かりを消せば、今夜の営業はお終い。冷たい風の吹く夜でした。東の空高くオリオンがくっきりと見えて、赤く輝くペテルギウスと白く大きなシリウスとプロキオンの作る冬の大三角形を確認する。カストルとボルックスのふたご座も、おうし座のアルデバランも見える。その脇にかすかにスバルが。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.