寒いのか暖かいのか…

定休日の特権で今朝は8時まで眠ったから、もう暖かくなっているだろうと思ったのです。ところがpekoの散歩に出掛けて公園まで行くと、日陰はまだ霜が溶けていないから驚きました。よく眠れたのも、朝が相当に冷え込んだからなのかも知れないと、薄着をして出て来たのを後悔するのでした。蕎麦屋の厨房は5℃。くしゃみの連発で鼻水まで出てくるから堪らない。陽射しが暖かいから、もしかして珍しく花粉症の症状なのだろうかとも考えたり、大変な朝なのです。

定休日2日目の仕込みは細々としたものばかりで、まずは聖護院大根の塩漬けの水を絞って小さな漬けもの器に漬け直し、昆布と唐辛子と柚子を混ぜる。十分に水も出て柔らかくなっているから、明日一日おいておけば味も熟(こな)れてくる。やはり、新鮮な野菜は水の上がりも早いのです。ブロッコリーや小松菜を茹でて容器に小分けして冷蔵庫に入れる。地元の農家の小松菜は新鮮だけれど、寒さのせいで20cm程しか丈がない。葉物野菜が高いはずです。

小鉢の二品目は、小豆が残っていたので先週前半と同じカボチャの従姉妹煮。食べやすいように小さくカットしたカボチャを、煮崩れないように弱火で長い時間火に掛ける。味つけは砂糖少々と薄口の出汁醤油だけ。以前と違って分量を少しだけ用意することにしたから、次の一品を考える楽しみが出来た。先週はもずく酢と切り干し大根だったけれど、今週は何にしてやろうか。もずくはあれで最後だったし、切り干し大根は買い置きが切れた。う~んと2、3日考える。

洗い物を終えて午前中の仕込みはお終い。2時間余りの楽しいひとときなのでした。家に戻れば女将は稽古場で、書き終えた半紙を机の周囲に散らかして悪戦苦闘の様子。そう言えば、あの卓袱(ちゃぶ)台は結婚した時に新居の食卓としてあったから、もう40年近くも使っている代物だ。夫婦の付き合いもそれ以上だから、お互いに物持ちが好い。天気予報ほどには暖かくない昼だったから、女将の了解を取って、あんかけ風のタンメンを作って餃子を焼いてやる。

午後の仕込みに出掛ける前に、メールチェック。懐かしい海メロから昨日届いたメールには、もう5月の格安航空券が売り出されていると書いてあった。急いで予約サイトを開いてみれば、残り僅かな空席だったから、慌てて購入にこぎ着ける。早速、海メロに返信をして宿泊とダイビングの予約をするのでした。今年は、3月に潜らないと決めたので、気にはしていたのですが、いつの間にか忘れていた。やはり、毎日が蕎麦屋にかかり切りの状態なのかも知れません。

ゴールデンウィークを真面目に休まず営業して、連休明けの南島が梅雨に入る前を狙ったつもり。そうと決まれば、午後はプールでひと泳ぎしようと用意をして、まずは蕎麦屋で仕込みの残りを片付ける。従姉妹煮のカボチャを容器に詰めて、蕎麦豆腐を仕込み、天麩羅とかき揚げの具材を仕込んだら、奥の座敷に干したままだった洗濯物を畳む。1時間ほどの作業だけれど、まとめて一日で終わらせるのには集中力が足りない。これが若い頃とはちょっと違う。

隣町のプールの施設に出掛ければ、駐車場からの階段の脇にある梅の枝に花が咲いて、季節は確実に春に向かっていると判るのでした。今日はやけに車が少ないと思いながら、入場券売り場で300円を入れたら、売り切れの表示が出て券が買えないのです。係の小父さんがやって来て、「今日から一週間プールはお休みなんですよ」と言われて、『あっ、そうだった』とそんな張り紙があったのを思い出した。プールの天井の工事と調査で二月の後半は休み…。

仕方がないからまた家まで戻って、pekoに夕飯を食べさせたら、近くの公園まで散歩に出掛ける。女将は夕刻までスポーツクラブだから、夕飯の支度も今日は自分でやらなければならなかったのです。冷凍室に長い間眠っていた牡蛎フライを見つけて、二度揚げして中まで火を通す。野菜サラダの残りを合わせて、オリンピック中継を見ながら、取りあえずは今宵の一献。日の暮れる頃に女将が戻って追加の二品を出してくれた。暖房を入れても寒い夕べなのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, . Bookmark the permalink.