朝夕の冷え込みは厳しく…

定休日初日の朝も昨日の続き。夜明けと共に目覚めて、少しだけ遅い時間にpekoの散歩で蕎麦屋を回り、昨日の洗い物の後片付けをして家に帰る。少しだけでも電気代を節約しようと、寒い朝だったけれども、暖房は入れないでおいた。厨房の温度は5℃だから、外は当然ながら氷点下なのです。太陽の光が地表を温めてくれるのをひたすら待つばかり。雲一つない青空を背景にして、凍り付いたように霜の降りた畑が、朝日に輝いてとても綺麗なのでした。

寒い朝だから蕎麦を茹でて食べるのは亭主一人。冷たい蕎麦を敬遠した女将が、とろろを卸して用意してくれた。おかずは鰯の丸干しと切り干し大根。早く残った蕎麦を食べてしまわないと、明日も蕎麦を食べなくてはならないので、大盛にしてスルスルと搔き込むのです。さすがの亭主も寒いから、熱い蕎麦湯を注いでしっかりと飲む。食後のひとときは居間の回転椅子に座り、またpekoの座布団代わりになって一休み。いつもの時刻にお袋様と仕入れに出かける。

昨日が祝日だったから、市場も休みとみえて生椎茸はどのスーパーにも新鮮なものがなかった。農産物直売所の白菜も終わって、今朝は久しぶりに聖護院大根が出ていたから、千枚漬けにしようと一つ買って帰る。大根も店の常連さんの農家のものが一番立派で安かったから、二本貰って来た。スーパーの大根は半分の大きさで200円を超える値段だから、やはり仕入れは複数の店を回らなければ…。新鮮なものを安く手に入れるのも並大抵ではないのです。

午前中の仕込みは、蒟蒻おでんにする大根の下茹でをしながら、聖護院大根の一回目の塩漬けをして、蒟蒻を切って白身魚の揚げ物と煮えた大根を合わせて出し汁で煮込む。薄口の出汁醤油でしばらく煮込んだら、昼食を食べに家に戻る。昨日残った蕎麦を茹でて食べる亭主と女将。昨日は残った天麩羅の具材を揚げて持ち帰ったから、グリルで焼いて天せいろ蕎麦にする。亭主はまたもや大盛でやっと蕎麦がなくなったので嬉しい。美味しいやら苦しいやら。

日中はだいぶ陽射しが強くなって、女将をお稽古に送る車の中はまるで初夏の暖かさなのでした。国道沿いにある西の町のスーパーに寄って、やっと生椎茸と小葱を手に入れる。それでも、連休前に棚に並んだものだと見て判るのです。蕎麦屋に戻って午後の仕込み。朝のうちに水に浸けておいた昆布と干し椎茸の鍋で出汁を取っている間に、向かいの畑の大根が面白く伸びていたので写真を撮っておく。一本一本個性があって、地面に伸びた部分の長さが違う。

霊犀亭のミニ菜園の辛味大根も同じで、とびきり辛いのもあれば、普通の辛さのものある。来月まで持てば好いけれど、好きなお客が早く来てくれないかと、亭主は日に二三本ずつ抜いてきて、首を長くして待っているのです。出汁を取り終えた昆布は細く切って結んで、おでんの具材にする。生椎茸は冷凍しておいて、切り干し大根などの煮物に使う。何処で学んだのか、食材はできるだけ最後まで使うというのが、霊犀亭流なのです。一事が万事だから、大切な事。

女将を迎えに行って帰る頃には、暖かかった太陽も西に沈んで最後の光を投げかけていました。陽が沈むと朝の寒さが戻ってくるから堪らない。女将がpekoの夕刻の散歩に出掛けている間に、亭主は二日間で売れ残った沢山のサラダを使って野菜あんかけを作る。味つけは塩コショウと砂糖に醤油少々。蕎麦豆腐の残りを山葵醤油でつまみながら、今宵も一献。女将が戻れば、挽き肉を餃子の皮に包んで上げてくれる。鯖の西京漬けを焼いて貰ったらもう満足。

今年は確定申告の書類作りがなかなか進まない。必要書類は用意してあるし、あとは去年の控えを見ながら国税局のサイトにアクセスして入力、印刷すれば済むのに、それがなかなか始められない。休みの日でも落ち着いてパソコンに向かう時間が取れないのが一番の悩み。ブログを書くともう疲れ切ってしまうのです。老いや寒さのせいにはしたくないけれど、今年はずるずると日にちばかりが過ぎて、どうもやる気が起きないのです。明日はプールもあるし。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.