真冬に逆戻りの一日…

暁の空に細い月が残った寒い朝でした。昨日の続きだからと、帽子も被らずに手袋も着けずにpekoの散歩に出たのは好いけれど、手はかじかむし頭は寒くてつい歩く速度が速くなる。老犬のpekoも勢いよく門は出たものの、『まずい、寒かった』と尻込みするから、昨日の朝とは大違いなのでした。それでも騙し騙し蕎麦屋まで行って、昨日の夜の片付けを済ませる亭主。陽もまだ昇らぬ6時半なのです。夜の洗濯物を干して家に戻る頃にやっと朝日が昇るのでした。

蕎麦屋の向かいの畑も霜が降りると言うよりは、地面が凍っているという感じ。風は北風、身のすくむ程の寒さ。昨日までの暖かさに慣れてしまったせいか、余計に冷たく感じるのかも知れません。今朝は東の森の向こうから、雲に隠れた朝日が昇る光景がとても綺麗でした。幾筋もの光の束が青空に広がって、まばゆいほどの日の出なのです。家に戻れば台所に立つ女将も寒い寒いの連発です。亭主も昨夜の疲れで、なかなか椅子から立ち上がろうとしない。

それでも朝ドラの終わる時間には家を出て、またてくてくと蕎麦屋への道を歩いて行く。今日は蕎麦打ちをどうしようかと、昨日の蕎麦が生舟一杯残っていたから、思案のしどころなのです。昨日の蕎麦打ちがちょっと納得のいかなかったものだから、今朝も500gだけ打ち足しておくことにして、17℃まで温まった蕎麦打ち室に入る。湿度計はLLと20%以下の表示だけれど、室温が高いから加水率は46%のままで、ちょうど好い固さで6人分の蕎麦が仕上がるのでした。

蕎麦を打ち終わっても、まだ9時半前だったから、お袋様に電話をして昼飯でも食べにおいでと言ってやる。天気が好くても強い北風の吹くこの陽気では、昨日の今日であまりお客も見込めないだろうと思ったのです。今朝、打ち足した分の蕎麦もあるから、定休日前にかなりの蕎麦が残ってしまいそうなのでした。昼に蕎麦を食べに来てもらって、幾つか蕎麦を持ち帰ってもらえば、残った分はなんとか二日間の定休日で女将と二人で消化できる。蕎麦三昧の予感。

電話口の向こうでお袋様が、背中が痛いと思って医者に行ったら、背骨の圧迫骨折だと言われてびっくりしたと言うのでした。日中はそれほど痛いとも感じないのに、寒い朝などに随分と痛んだらしいのです。どうしてそうなったのかも覚えていないと言うから、やはり老化で骨が脆くなっているのだと医者に言われたそうな。お金柑大福と栗大福を少しずつ作って、そんなお袋様にも容器に入れて持ち帰りの準備をしておく。葱を刻んでサラダの野菜を千切りにする。

女将が早お昼をすませてやって来る前に、今日もかき揚げを揚げて蕎麦を茹で、亭主も賄い蕎麦を食べておく。お客は少ないだろうとは思っても、混んだ時の爲に腹ごしらえをしておくのです。腹が空いているわけでもないのに、蕎麦はとても美味しく感じる。ブログに毎日この賄い蕎麦のぶっかけの記事と写真を載せるからか、最近は随分とぶっかけ蕎麦の注文が多いのです。熱々のかき揚げを載せて、大根おろしに葱、山葵。写真は大盛、約1.5倍の分量です。

昼過ぎから少しずつお客が入って、お袋様の来る頃には、車で四人のご家族がご来店。祝日ではあるけれど、いつもの月曜日のお客の数でした。カウンターの隅に座ったお袋様に、鴨せいろを作りながら、せいろ蕎麦を一緒にお出しして、天せいろに親子丼とせいろ蕎麦のセット、温かいぶっかけ蕎麦を次々に作って食べて頂く。今日もお客はすべてご新規の方ばかりで、蕎麦饅頭や栗大福も随分と売れました。このところ、初めてのお客が多いのも嬉しいかぎり。

定休日前の月曜日は、1時半を回ったら家に持ち帰る食材の準備。天麩羅の具材はすべて揚げて、冷蔵庫の中の残り物をビニール袋に詰め込むのです。ラストオーダーの時間がすぎたら、女将が幟と暖簾をしまって、洗い物を済ませたら、厨房の消毒に入る。亭主は大釜を洗って、残った蕎麦を容器に詰めて持ち帰りの支度を済ませる。二人で店を出る頃には、少し日も陰ったけれど、相変わらず北風が冷たかった。一週間の経つのがやけに早く感じるのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 星・月, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.