三連休の中日は…

暖かな朝でしたが、陽射しは見えずに、夕べの雨で濡れた道路だけが春の雨を思わせるのでした。pekoの散歩で蕎麦屋へ行ったら、蕎麦打ち室も今朝は10℃とかなりの暖かさ。それでもエアコンのスイッチを入れて帰ってくる。朝食を終えて再び蕎麦屋へ出掛けた頃には、店内は16℃とやはり暖かいのです。昨日の蕎麦もあまり残っていなかったので、今朝は1kg12人分の蕎麦を打ち、今日の営業に備えるのでした。去年もこの時期の日曜は、お客が多かった。

春霞かと見まがうほど、駅前の高層マンション群が霞んで見えたから、今日は相当に暖かくなる様子。遅れてきた女将も「今日は暖かいわね」と言っていたので、天気予報もまんざら外れではなかったのです。ただ、日中は晴れると言っていたのに、雲の合間から、時折、陽射しがあるだけで、大方は曇り。天気の善し悪しでお客の数がそれほど変わるとも思えないけれど、暖かく晴れた日にはお客も多いのは確か。昨日が混んだから暖かい今日はもっと混むのか。

開店前のひとときは、いつになっても緊張するのです。どのメニューを注文されても言いように、女将と二人で段取りを考えておく。女将が早い昼食を食べに家へ帰っている間に、サラダの具材を刻んで盛りつけまで済ませ、早めに今朝の仕込みを終えたら、女将が大根をおろしている間に、亭主は賄い蕎麦を茹でて食べておくのです。かき揚げの揚げ具合も、蕎麦の味も上々。天ぷら粉の溶き具合も胡麻油の温度の調節も、すべてこの時に確認しておくのです。

準備万端で迎えた開店の時刻でしたが、10分経っても20分経ってもお客の姿は見えないのです。休日は出足が遅いからと思い直して、女将と二人で話をしながら、昼過ぎまで待ってもまだお客が来ないから、「どうしたのかしらね。珍しい」と女将が呟く。亭主も不安になって奥の座敷で一休みするけれど、いっこうにお客の来る気配がない。三連休だから皆さん何処かに出かけているのかもと、女将と二人で笑っていたのですが、本当に誰もお客が来ないのでした。

暖房の設定温度を下げたのに、蕎麦屋の店内は21℃にまでなって、かなり暖かいのでしたが、日曜日にお客が来なかったことは、開店以来そうそうあるものではなかったから、これはやはり何か理由があるはず。かなりショック。1時半を回った頃には、出しておいた天麩羅の具材や天麩羅粉を冷蔵庫にしまって、女将も亭主も少しずつ帰り支度を始めるのでした。閉店15分前のラストオーダーの時間になったら、暖簾をしまって幟を片付ける。今日はこれまで。

早めに家に戻っても、パソコンに入力する売り上げのデーターもなし。ちょうど始まったテレビの映画を見始めた亭主は、お茶を飲みながらゆっくりとする。夕刻には定連さんのご夫婦が見えるとおっしゃっていたから、4時前には店に出掛けて、大釜に湯を沸かして、大根の千切りを刻み、生若布を湯通しして、お造りの準備をしておくのでした。生ものは日持ちがしないから、現在の状況では、あらかじめ来ると判っているお客にしか出せないのが辛いところなのです。

鯛と鮪とカンパチを冊で仕入れてくるから、盛り付けるときに切ればいいだけなので楽なのですが、これはかなり割高。一人前600円でお出ししているから、5人前ほど取って全部売れなければ元は取れないのですが、残れば後は家で食べるしかない。時季の魚を自分で1尾おろす方がまだ割安だけれど、近所の魚屋スーパーではなかなか好いものが手に入らない。もっと注文の数が増えれば考えるのでしょうが、蕎麦屋の定番メニューにするにはまだまだ先…。

6時前にやっと日が暮れて、いつものご夫婦のご来店。他に誰もお客がないから、カウンター越しに話が弾む。夕刻の蕎麦屋は貸し切り状態。「夜のお客は少ないんですか」と尋ねられて、「月の半分ほどしかお客はありませんよ」と笑って応える亭主。いつもと少しは違った料理も用意するから励みにはなるけれど、大体が翌日の仕込みに精を出すだけ。沢山のお客が来ても亭主一人だから、どれだけ満足してもらえるか。夜の営業もまだまだ課題が多いのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.