暖かな南風の吹く一日…

つがいの鳥だろうか、朝の寒さの中を仲良く寄り添って畑を見下ろしている。pekoを蕎麦屋の玄関前に待たせて、暖房のスイッチを入れて家に戻る。昨日の夜のうちに出汁を取って、洗い物は片付けたし、洗濯物も干しておいたから、今朝は早めに朝食を食べることが出来たのです。いつもの朝よりは暖かいのか、pekoが早めに布団から出たのが何よりなのでした。7時を回ったから、もう太陽は東の森の上に顔を見せていました。畑には真っ白な霜が降りている。

薄曇りの朝なのです。霜の畑にはもう朝飯を物色する鳥たちが姿を見せているのでした。彼等が空を飛ぶのを「自由でいい」などと考えるのは、人間の思い込みに過ぎないのでしょう。かく言う亭主も隠居暮らしだからこそ、幼稚園児が親に連れにれて登園する頃に、蕎麦屋へ出掛けて行くゆったりとしたペースの生活が出来るのでしょう。霜が降りているにもかかわらず、いつもの朝より幾分暖かい気がする。再び店に行った時には蕎麦打ち室は14℃になっていた。

蕎麦粉の分量を量って篩に掛けたら、まずは栗大福を作っておく。二日続けて同じデザートを作るのは、作るコツを忘れないため。白玉粉と水と氷糖蜜の分量を1:1:1にして、熱々の求肥で餡と栗を包んでいく。一つ包むのに15gの白玉粉を使うのだけれど、少し余裕をみて17gほどの分量にしておく。この柔らかさなら、残った場合でも翌日に美味しく食べられるのです。冷蔵庫に入れると、どうしても乾燥するから、求肥の部分が固くならない工夫をしておくのです。

蕎麦打ちは、今日も750g9人分。加水率はいつもと同じ46%だったけれど、室温が高い分だけ少し柔らかくなった。それでも許容範囲だから、薄く伸して切りべら29本でぴったり9人分の蕎麦が取れました。昨日は蕎麦が随分残ったので、合わせて16人分の蕎麦を用意して、葱切りを済ませて、野菜サラダの具材を刻む。11時前には朝の仕込みが終わったから、ぶっかけにして蕎麦を食べておく。天麩羅を揚げる時間を惜しんで、天かすを入れてスルスルスルッ。

女将が家から戻って、開店時間の20分前にもう駐車場にお客が来ているから、店の中へ入って待って頂いた。悪びれる風もなく、いきなり注文を始めるので驚く亭主。まだ、味噌汁が出来ていなかったけれど、ぶっかけ蕎麦と天せいろだったから、すぐに調理してお出しする。こんな日は、後が続くのがいつものこと。昼前に随分とお客がいらっして、店の中はだいぶ賑わってきたのです。珍しく蕎麦豆腐を幾つも頼まれた方もいらっしたから、よほどお口にあったのか。

メニューにはない天麩羅の盛り合わせを注文されて、ビールを飲まれた母と娘さん。息子さんらしい若者といらっして、蒟蒻おでんや味噌田楽を頼まれるお父さん。いろいろなお客が次々と注文をするから、ひとしきり厨房は忙しくなる。嬉しいのは皆さん蕎麦湯を綺麗に飲み干してくれたこと。不思議なことに、今日のお客さんも皆さん初めての方ばかりなのでした。店置きのパンフレットも随分捌けたから、この中で何人リピーターになってくれるのかが楽しみでした。

今日はぶっかけ蕎麦が随分と出たので、途中で具材を刻む亭主。ご飯物のセットが出ないと思っていたら、閉店間際にいらっした最後のお客が親子丼セット。洗い物を後に回してしまうと、閉店後に時間をとられるからと、慣れた女将はどんどん洗い場に盆や皿を下げてくる。お蔭で亭主は休む間もなく手を動かして、その分、暖簾をしまってからの片付けが楽になる。日中はかなり暖かくなったから、暖房の設定温度を下げたほど。今日は天気に救われたかも。

家に戻って一休みしたら、女将と隣町のスーパーに買い出しに出る。明日の夜は常連さんが奥様を連れていらっしゃると、先週のうちに予告されたから、刺身にする魚を仕入れてくる亭主なのでした。夜の営業時間は仕込みと包丁研ぎで時間をつぶす。昼の暖かさに比べると、急に冷え込んで、雨まで降ってきたから天気予報通り。お客は来ないから、早じまいで家に戻って、やっとゆっくり休める。夜は風呂を出たらもう眠くなったので、なんと9時前に床に就いた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.