ヒヨドリと鴉と椋鳥と…

今日は寒い朝から鳥たちが、前の畑で食べ物を捜してたと思ったら、暖かな午後になってもまだ姿が見えたから、しばらく様子を見ていたのです。つがいらしい嘴の黄色い椋鳥が仲良く畑を歩いている。そこにヒヨドリもやって来て何やら地面を突いている。それを空から見ていた鴉が舞い降りて、皆で地面を突き始めたのです。虫でもいるのでしょうか、遠くの原っぱを見渡せば、こちらには椋鳥が群れているのでした。午後の暖かい陽を浴びた地面が気持ちよさそう。

今朝は早朝に暖房を入れに来なかったから、蕎麦屋の店の中は冷たく5℃しかなかった。蕎麦打ち室はもう9時前だというのに3℃だから堪らない。表の水道は凍っていたし、やはり朝は相当に冷え込んだのです。厨房の温度を上げようと、二つの大釜に水を張って、蓋を開けたままガスに火を点ける。水蒸気が立ち上って、30分もすると10℃台になる。蕎麦打ち室がやっと8℃になったところで、時間が押しているから今朝の蕎麦を打ち始める。750gで9人分を取る。

切りべら29本で130g前後の分量になったから、いつもと同じ太さで好い具合に仕上がるのでした。1kgを打っても750gを打っても、500gを打っても、加水を間違えなければ、大体同じように仕上がるのが最近の進歩。細い蕎麦でも茹でて水洗いをしても短く切れないから、安心してお客に出せるのです。白菜の小鉢があったけれど、今日はカボチャの従姉妹煮も器に盛っておく。メニューやお客によって二つの小鉢を使い分けるのです。天気は好いのに客は少ない。

昼を過ぎた頃にいらっした男性客が、ヘルシーランチメニューの天せいろを頼まれたので、用意した野菜サラダも蕎麦豆腐もデザートも出たから嬉しかった。天せいろには今朝庭で採った蕗の薹の天麩羅をサービスで添える。早春の香りが何とも言えない。それにしても、昼を過ぎたら陽射しも強く、随分と暖かくなってきたのにお客は少ない。朝の寒さが関係しているのだろうか。去年のこの時期も平日はやはり同じような状態だから、蕎麦屋には寒さが天敵らしい。

1時を過ぎて歩いていらっした男性のお客が二人。鴨せいろと天せいろのご注文だったから、天麩羅を揚げている間に鴨せいろの準備をして、天せいろの蕎麦を先に茹でてお出しする。火口が空いたらすぐに鴨肉と葱を焼いて、蕎麦を茹でて鴨せいろを出すのでした。天つゆと鴨せいろの汁と両方は、一度に温められないのが難点なのでした。天麩羅は出来るだけ熱いうちにお出ししたいから、蕎麦を茹でているうちに皿に盛り付けてしまうようにしているのです。

お帰りの際に「近いから夜は一杯飲みに来られますね」とおっしゃっていたとか。今日は皆さん男性のお客ばかりで、しかも初めての方ばかりなのでした。常連さんたちに交じって、新しいお客も来て下さるようになって、さらにリピーターのお客や常連さんが増えて行けば、もっとお客は増えるはず。先週の平日よりはまだ今週の方がお客が多いから、暖かくなるという明日からの三連休が楽しみなのです。女将の出掛けた家に戻って夕刻までpekoと戯れる亭主でした。

つい時間を忘れてもたもたしているうちに、今日はプールへ行けなくなってしまいました。行きたくないわけではなかったのに、pekoの相手をしていて出そびれてしまったのです。陽の沈む頃、やっと散歩に連れ出して、また3ブロックほど歩いて家に帰る。夕食を終えたら、風呂の時間までがまた暇になるから、蕎麦屋へ出掛けて出汁を取って来る。近場しか歩かないからか、今日は体重が増えていたのです。毎日一喜一憂なのですが、やはり汗をかかなくては駄目。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.