いつもと違った道…

今朝も寒い朝でしたが、亭主が起き出してとお茶を飲んでいたら、pekoも布団から出て居間にやって来たので、朝食を食べさせてから散歩に出掛けました。蕎麦屋の玄関口にpekoを待たせたまま、亭主は一晩冷やしておいた返しや蒟蒻おでんの鍋から、それぞれ甕や容器に入れ替えて保存する。昼に取る出汁の昆布や干し椎茸を、鍋に汲んだ水に浸して、吠えもせずに寒い中を待っていてくれた愛犬と共にやっと家に戻るのでした。そして女将と共に朝食を取る。

定休日の2日目の仕込みは、白菜の漬け直しから始めようと思っていたのだけれど、唐辛子を切らしているのに気が付いたのです。天気も好かったから、急遽、予定を変更して、初めて午前中にプールに行って泳ごうと考えました。開館の9時にはまだ時間があったから、通り道の団地のスーパーで柚子と唐辛子を買ってから行こうと出掛けたのです。店の開店にもまだ間があったから、車を駐車場に入れ、辺りを散策して時間を潰す。見慣れない景色が新鮮…。

隣町のプールのある施設は、朝一番で駐車場もまだ空いていました。青空も広がって好い天気になってきたから、水の中はさぞ気持ちがいいだろうと気がはやるのでした。ところが、プールだけは9時半入場開始だったらしく、何人かの老人たちが入口付近で椅子に座って待っている。いつもと違う行動パターンだと、いろいろな事に出会うのがまた楽しい。15分も待っている時間があったから、素敵なプールの外観を写真に収めさせてもらったり、準備運動をしたり。

普段は人がいるから撮影禁止になっているけれど、誰もいないプールならいいだろうと、天窓から朝の光が差し込む様を初めて写真に撮らせてもらったのです。老人たちが次々とロビーに溢れて、市民の健康増進のために、まったく素晴らしい施設があるものだと感心するばかり。入場料は若干違うけれど、市外の住民にも開放しているという点がなかなか好い。年配の人たちに交じって、ゆっくりと身体を伸ばしてウォーミングアップ。心地よいひとときなのです。

30分ほどの軽い水泳を終えてプールを出たら、まだ10時前だったからその足で蕎麦屋に戻って、早速、水の上がった白菜を漬け直す。この時に薄めに塩を振るのがポイントで、前に漬けた時の塩を抜くためには必要な処置なのです。「塩漬けの数の子を薄い塩水で塩抜きするのと同じよ」と言う女将の言葉を思い出す。浸透圧の問題だからと言ってもらった方が亭主には分かりやすいのだけれど、長い経験で主婦は、この原理を身につけているのかも知れない。

昆布を水に浸けて鋏で切ったら、唐辛子も輪切りにして白菜に混ぜる。最後に柚子の皮を剥いて薄く皮の部分だけに削いだら、千切りにして一緒に漬け込む。2日ほどしたら好い味に仕上がるから、この時期の白菜は小鉢には欠かせない。もう時期も終わるのか、スーパーでは一把600円もするのだけれど、農産物直売所では小さめの物を近所の農家が安く出してくれるので助かるのです。一番出しから蕎麦汁を作り、二番出しに追い鰹をして器に入れて冷ます。

それでちょうど昼の時間だから、今度は家に戻って食事の準備。すべて蕎麦屋の残り物だから、亭主が台所に立って、カレーを暖めているうちに蕎麦を茹で、女将にはご飯を暖めて、カレーライスとカレーうどんの出来上がり。朝は魚と野菜だったから、蕎麦屋の具沢山のカレーで栄養のバランスは好い。食休みに午後の仕込みの段取りをシュミレーションしたら、ブログを書いてまた蕎麦屋へ出掛ける。夜は防犯パトロールの巡回に行くから、午後も結構忙しい。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.