通りが凍った朝だったけれど…

夕べのうちに雨が降ったらしくて、今朝は通りが一面に凍っていました。蕎麦屋の向かいの畑にも真っ白に霜が降りて、蕎麦屋の駐車場にも氷が張っている。pekoを玄関口で待たせたまま、昨日の洗い物の片付けをする亭主。昨夜も7時間以上は睡眠を取ったから、健康そのものの朝なのだけれど、定休日でもまた昨日の続きをやっているというのが、ちょっと寂しいのではありました。女将もいつもと変わらぬタイムスケジュールで動く朝なので、文句も言えないか。

お袋様と週に一度の仕入れに出掛ける朝でしたが、電話線の工事の業者が、車を店の前の歩道に止めさせてくれと尋ねて来たから、歩道じゃ歩く人の邪魔になるだろうと、蕎麦屋の駐車場に車を入れてもらう。午前中は仕入れに出掛けてから床屋に行こうと思っているから、仕込みの準備だけしてお袋様を迎えに行く。三軒の店屋を回って、それぞれで新鮮な食材を仕入れたら、店に帰って冷蔵庫に収納。午後の仕込みの段取りを決めたら、床屋へ出掛ける。

朝の寒さも何処へやら、陽が昇って青空が広がったら幾分暖かくなってきた。ひと月振りに床屋の親爺様を訪ねれば、「またライブで歌ったんだよ」と笑顔で話すものだから、息子たちに支えられて気持ちよく歌ったと言うことらしいから、「やらせてもらったんでしょ」と言えば、「そう、みんなに支えられて…」と素直に応える親爺様。お互いに元気で何よりなのです。爺様同士の四方山話を、脇で息子さんが笑って聞いているから、蕎麦屋の亭主ものどかな定休日です。

家に戻れば、女将はまだスポーツクラブから帰っていないから、亭主が昼飯の用意を始めるのです。サラダの残り物に豚肉を加えてあんかけ煮にして、昨日打った蕎麦の残りを茹でてざる蕎麦を作る。タイミングよく女将も食卓に付いて、いましがた見聞きしてきた話を語り合う。食堂のテーブルの下ではpekoが仲間に入れてとお座りしているから、椅子に乗せてやると大人しくしている。パグという犬種は妙に人間に懐くものらしく、自分が犬であることを忘れている。

食後に亭主が仕入れのデータをパソコンに入れている間中、今度は書斎の窓辺で日向ぼっこをしているから憎めない。しばらくすると陽射しに暖まりすぎて、亭主の肩をトントンと前足で叩くのは、居間に戻してくれと言う合図なのです。仕事を切り上げた亭主は、プールへ行く準備をしたら、稽古場の女将に声を掛けて蕎麦屋へ午後の仕込みに出掛けるのでした。まずは、蕎麦汁を徳利に詰めて、再来週の分の返しを仕込んで火に掛けておく。と、玄関口に誰か人影。

家の息子と同年代の近所の奥さんが、ちょうど仕事から戻って来たらしく、この間、お裾分けした煮物のお礼にとクッキーを持ってきてくれたのでした。外では寒いだろうからと店の中に入ってもらって、カウンターの向こうとこちらでコーヒーを入れて一休み。何でもインフルエンザが流行っているようで、子どもたちも感染して大変だったのだとか。人混みの中に出掛けることのない亭主には、すっかり縁遠くなった話だけれど、お袋様も予防接種をしたと言うから要注意…。

農産物直売所で仕入れた新鮮な大根を下茹でしている間に、白菜の漬け物を漬けて、カブの押し漬けを仕込んだら、今度は出し汁を沸かして蒟蒻おでんの仕込みにかかる。これで午後の仕込みも完了したから、早めにプールに出掛けてひと泳ぎ。今日は駐車場が満杯だったけれど、プールはいつものように空いていました。帰り道にいつものコンビニによって酒とつまみを買ってくる。4時半になったらもう一杯やり始めるのが最近の亭主の生活だから、夜は長い。

今日頂いたクッキーと、先日の夜に、蕎麦屋へ夕飯を食べに来てくれたダイビング友だちが、奈良の実家に帰った土産にと持って来てくれたラムネ玉を、女将の揚げてくれたチーズ巻きと並べて写真に収める。今日亭主が買って来たばかりの生きのいい鰯を2匹焼いてもらって、今夜の酒の肴にするのです。これで夜食を食べなければ、体重は随分と減るはずなのだけれどやはり早く寝るのが一番なのかも知れない。風呂の時間まで手持ちぶさたで長すぎるのです。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 運動・健康. Bookmark the permalink.