やっと氷の溶ける午後…

今朝もpekoよりも亭主の方が早く起きて、起こすのも可哀想かと先に一人で蕎麦屋へ行って暖房のスイッチを入れてくる。このところ、店の中が寒くてならないから、暖めるのに時間がかかるのです。エアコンの設定を30℃にして、2時間運転してもまだ10℃にならないから、今年は相当に寒い冬なのです。向かいの畑は霜で真っ白。幸いに風もなく青空が広がっているから、昼には少し暖かくなりそうなのでした。このところ月曜日は比較的お客が来ているので…。

少しは期待が持てそうな雰囲気。家に戻って今度はpekoの散歩に出掛けて、朝食を終えたらまた蕎麦屋へ向かうのです。今朝は750gの蕎麦を打ちました。湿度も20%以下だったので、いつもと同じ43%強の加水で1人前130gを9人分取れるはずなのでしたが、捏ねてみるとどうも柔らかい。四つ出しをするともう生地が伸び広がってしまって、十分に本伸しが出来ない状態で畳みに入る。こうなると後は包丁切りで調整するしかないのですが、これがまた難しい。

本伸しの段階で生地が均等な厚味で綺麗に伸せていないと、厚さにムラが出来てどうしても駒板の送りが大きくなる。切りべら23本でもう130gを越えるから、いつものように細く打つのは断念。畳んだ生地の厚味があればあるほど、駒板は包丁を降ろす際に大きく動くから、自然な感じで切っていくと、どうしてもいつもより太めになるのです。名人の畳みは12折だから、結構厚いはずだから、よほど繊細に駒板をずらしていくのだろうと、つくづく実力のなさを思い知る。

まあ、以前は切りべら23本の太さの蕎麦を打っていたのだから、決しておかしな仕上がりではないのだけれど、すこしばかり腕が上がるとだんだんと目が肥えてきたというか、蕎麦の太さが均一にならないとどうも上手く打てたという気がしないのです。昨日の夕刻に追い打ちを掛けた蕎麦と合わせて、今日はぴったり15食の蕎麦を用意する。こんなにはお客が入るとは思わないけれど、定休日の前だから売り切れが早かったというのもちょっと恰好が悪いのです。

やっと美味しくなった白菜の漬け物も残り僅かだったから、昨日の晩のうちに切り干し大根を煮ておいた。夕べは、お客の相手をしている間に、包丁研ぎも済ませたので、今日はサラダの野菜切りも好調子。庭のリフレタスも寒さでやられてきたから、来週はレタスを仕入れなければならない。キャベツも好いものが手に入ればいいのですが。出る時は出る野菜サラダですが、これが出ない日には家に持ち帰る量が増えるので、いろいろな食べ方を工夫しているのです。

今日は予想したよりもお客の数は少なかったけれど、昼前にサイクリングのご夫婦がいらっして、ランチセットを食べて行かれたので、サラダも蕎麦豆腐もお汁粉も出たから、嬉しいのでした。ゆっくりと寛いでいらっしたから声を掛ければ、団地の中の駅近くにお住まいだとかで、今日は足を伸ばして遠出をするのだという。ご新規のお客さんだから、「また宜しくお願いします」と、お見送りをする。話をすれば打ち解けて、いろいろな話題を提供してくれるから有り難い。

閉店間際には、リピーターの親子のご来店で、座るとすぐにお二人とも天せいろのご注文。昼からは暖かくなってきた証拠なのか、今日は温かい汁の蕎麦は出なかったのです。お客のいない間に、庭の野菜に水を遣ろうと外の水道が出るか見に出たら、このところずっと凍り付いていた如雨露の氷が溶けていたから感動でした。「…春立つけふの水やとくらむ」という句がふと浮かんだから、季節は間違いなく移り変わっている。沢山の蕎麦を残しての閉店でした。

それでも女将が残り物を取りに来た時には、「今日は少ないわね」と言うので、「仕入れる量をを考えているんだよ」と応える亭主。少しずつ無駄を省いているつもりではいるものの、お客様によって何が出るのかは到底判らない。今日の夕餉には、蕎麦屋の庭で採れた辛味大根に、白子を入れて酒のつまみ。日本酒が切れたから、サイドボードに眠っていた南国の焼き物で芋焼酎のお湯割りで一献。明日はお袋様と仕入に言った後で、床屋に出掛けるとしようか…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.