西風の強い一日だったけれど…

夕べは9時半に床に就いて、今朝は4時半に目を覚ます。健康そのものの早寝早起き。テレビで5時のニュースを見ながらお茶を飲んで明るくなるのを待ったけれど、夜明けはまだまだ。pekoも亭主の布団に潜ったまま起きてくる気配もないから、6時前に家を出て一人で蕎麦屋に向かう亭主。女将に声を掛けたら、「暖房を入れてこないと寒いからね」と、自分は稽古場のエアコンを入れて朝の体操をしている。外へ出ればブルブルッと身震いするほどの寒い朝です。

蕎麦屋の暖房を点けたら、大釜に水を張って少しの間でも火に掛けておく。コーヒーの豆を挽いているうちに、昨日の洗い物を片付けて、温かい蕎麦の汁を作り足しておくのは、寒い今日の営業を考えてのこと。東の空が白んでくる頃に家に戻って、今度はpekoを連れて散歩に出ようとするのだけけど、外の冷たさを感じて尻込みするから、犬もこの寒さには閉口している様子なのでした。仕方がないから騙し騙し公園まで行って、後は彼女の意思に任せて帰宅する。

今日はまた蕎麦を1kg打った。最近は、最後まで綺麗に包丁切りが出来るから、切りべら29本で、約130g、ぴったり12人分の蕎麦が取れる。本伸しの時に、つい力を入れて伸してしまうから、奥行き90cmで幅が110cmほどに広がってしまうのですが、これが案外功を奏して、薄く伸せるから畳んだ時に横幅が取れるのです。すると、細く切れるので、ますます好い具合。駒板の送りは生地を畳んだ時の厚味によって随分と違ってくるから、その分蕎麦は細く仕上がる。

でも、本当はもう少し太めの方が好い。本伸しで100cm幅というのが、やはり、順当なのでしょう。切りべら26本ぐらいでちょうど1.5mmぐらいの蕎麦が仕上がるのでしょう。盛り付けるにも食べるにもこのくらいの方が好いような気がする。調子に乗って薄く薄く伸すのは止めなければ。昨日残った蕎麦は、亭主が開店前にぶっかけ蕎麦にして食べる。葱切り、サラダの野菜切り、天麩羅の具材切りを終えて、今日の朝の仕込みは終わり。お新香を盛り付けて終了。

開店して間もなく、男性客が一人いらっしたかと思ったら、続けてぞろぞろとお客が入る。皆さんご新規のお客だから、女将がお茶をお出ししても、メニューを眺めて考えている時間が長いので、次のお客が来る前に決めてもらえると好いなぁと厨房で密かに願っている亭主。カレー蕎麦に鍋焼きうどん、鴨せいろと、例によって複雑な組み合わせで、火口が足りない。早い注文の方から順に調理していくのだけれど、IHを使って女将と同時進行で鍋焼きうどんを作る。

カレー蕎麦は少し早く出来上がっていたので、サラダをお出ししている間に汁を温め、蕎麦を茹でれば出来上がり。鍋焼きうどんは、二つ同時に鍋を沸かして大鍋で茹でておいたうどんを入れて、後は具材を煮込んで卵を落とし、かき揚げが仕上がったらもう出来上がり。鴨せいろは汁も鴨肉も仕込んであるから出来上がりは早い。フライパンで鴨肉と葱を焼く間に汁を沸かしておく。温かい汁の器はおあらかじめ湯で温めてあるから、熱い汁でお出しできるのです。

ご家族でいらっしたお客様は、お袋様と同じマンションに住んでいるとかで、ゆっくりとなさっていろいろと話をして行かれた。お客の話の相手をしていると、時間の経つのは早いもの。皆さんが引き上げた後は洗い物。奥の座敷で一服したいと思うけれど、そんな時にはお客は続けて来るものなのです。若いご夫婦のリピーターらしく、座るとすぐに奥様が「鴨せいろをお願いします」と言う。気さくそうなご主人は天せいろを海老の2本追加で頼まれたから驚きでした。

後から女将に聞けば、奥様の分も頼んだから、天つゆを二人分お出ししたのだとか。このお二人もゆっくりと寛がれて、話題はもうすぐ開通する市のコミュニティバスの話。一時間に一本だけれど、霊犀亭のある辺りでは停留所でなくても何処でも停まってくれるらしい。お年寄りが多いからか、便利な乗り物が出来たものだと感心する。定刻に暖簾をしまって夜の営業まで家で一休み。一人で留守番だったpekoがすぐに書斎にやって来て、日向ぼっこを始めたのでした。

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.