凍える風の中を…

今朝も相変わらず寒い朝で、蕎麦打ち室の温度は2℃。pekoの散歩で立ち寄って7時前に暖房を最強で入れたのだけれど、8時半にはまだ10℃にもなっていなかった。厨房も同じように冷たいから、大鍋二つを火に掛けて、反対側の火口では小豆を煮始める亭主。デザートもお汁粉なら身体が暖まるのではという配慮なのですが、その前にお客が来るものかしら。そして解凍しておいた鴨肉を切って、鴨せいろの汁を仕込んでおく。これだけ火を使えば少しは…。

この冬は寒いからか、先月分の蕎麦屋のガス代が随分と増えていた。去年よりも多いのは、決してお客の数が増えたからではない。恐らくは電気代も同じなのだろうと、ちょっと怖くなる。食材の仕入れもお客の少ない冬場は少し減らしているのだけれど、その分今度は野菜が高くなっているから、ギリギリの線で営業をしているとやはり辛いものがある。それでも、寒い中を蕎麦屋へ来てくれるお客には、まずは「温かい蕎麦が好いですか?ぶっかけ蕎麦はどうです」

と、安いメニューを勧めてしまうのが亭主の人情で、今日は随分と温かい汁のぶっかけ蕎麦が出たのでした。この冷たい風の中を蕎麦を食べに来てくれただけでも有り難いと、今日はお客に金柑の甘露煮をサービスでお出ししたのでした。軽トラに乗って隣の集落からいらっしたという老人が、あまりにも寒いねと言うものだから、メジロも飛んできているから、もうすぐ温かくなりますよと応える亭主。彼が庭の金柑が鳥に食われてと、話し始めたのがきっかけでした。

丼の汁を綺麗に飲み干して、「ああ、美味しかった」と言うお爺さんに、「金柑の甘露煮でも食べませんか」とお茶のお替わりを出して差し上げる。次にいらっしたご夫婦も、どういうわけか温かいぶっかけ蕎麦のご注文。揚げたてのかき揚げを載せてお出しすれば、「美味しい、美味しい」と言いながら召し上がるから、こちらもつい嬉しくなるのです。今日はご新規のお客様ばかりで、有機栽培に興味があると言う、若い女性のお客様だけが天せいろのご注文でした。

一人カウンターに座って、近ごろ出来たという有機野菜の農園の話を聞かせてくれたのです。同じ集落に住むスタッフも知らなかったから驚きで、霊犀亭の自家製野菜が気に入って頂けたらしいのです。お客の数だけ話題が広がるから、今日は退屈しなかった。外は陽射しがあっても、冷たい西風の吹く凍えるような陽気なのに、よくぞいらっしてくださいました。明日は少しは気温も上がると言うけれど、今夜は明朝打つ蕎麦の量で悩みそうです。寒い一日なのでした。

家に戻れば女将はスポーツクラブへ出掛けているから、留守番のpekoが亭主を待っていたように書斎に飛んでくる。午後の陽射しが暖かい窓辺に腰を下ろして、今日の売り上げデータを入力する亭主を眺めている。陽を浴びて身体が熱くなったのか、亭主の腕の辺りを前足でトントンと叩くのは、居間に戻して欲しいと言う合図なのです。仕方がないから早い夕飯をやって、パソコンに向かって今日の写真を整理していると、今度は散歩に連れて行けと吠え始める。

犬の世話のお蔭で4時を回ってしまったから、プールに行こうと思っていた予定もご破算です。公園までの短い距離を歩いてそのまま家に戻ろうとするpekoは、まるで図々しい小母さんそのもの。送電線に当たる風がビュービューと唸る寒さだから、仕方がないものと家に戻って、テレビで相撲放送を見始める亭主。酒のつまみに雲呑揚げを作っていたら、ちょうど女将が帰ってきたので、二人で相撲を見ながら、まったく日本の若い人はどうしたのかという話になる。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常, 経営, 運動・健康. Bookmark the permalink.