外は冷蔵庫の中の寒さで…

昨夜は居間のテレビで洋画を見ている間に、pekoは亭主の寝床に行って先に眠っていたらしく、静かに寛ぐことが出ました。寒かった今朝も布団の中にカイロを入れているような暖かさなので、犬も人間もお互いにぐっすりとよく眠れたのです。それにしても眠くなると寝室に行くことを覚えたのか、夜にテレビを点けているのがうるさいのか、人間には犬の考えは判らないのです。それでいて犬の方は人間の行動を予測するから、「解るようになったのよ」と女将は言う。

7時にはpekoを連れて蕎麦屋まで散歩に出掛けたのだけれど、外はまるで冷蔵庫の中の寒さで、通りには雪かきをした雪が、畑には溶けきれなかった雪が、凍り付いているのでした。蕎麦屋の暖房を入れたら、来た道をまた家まで戻る。今朝は朝食を食べて一休みしたら、再び蕎麦屋へ行って、昨日作った親子丼の具材とカレーをそれぞれ容器に入れて冷凍室で保存する。9時前には、お袋様に電話をして、隣町の魚屋スーパーまで仕入れに出掛けるのです。

あまりもの寒さのせいか、スーパーの駐車場もいつになく空いていて、店内のレジも並ばずに済むほどの人の数。昨日買い残している食材はメモに書いてきたから、一つずつ確認をしながら籠の中に入れていく。食品の冷蔵設備のためか店内は更に冷え切っているので、お袋様と二人で手が冷たくなるねぇなどと話しながら、あれやこれやと見て歩くのでした。仕入れは出来るだけ必要最低限度でとは思っているけれど、あれも足りなかったとつい沢山買ってしまう。

昨日も雪のためか農産物直売所が休みだったので、今日もまだ畑に入って野菜は採れないだろうと、仕方なく古そうなダイコンを高い値段で買ってくる。キャベツは一回り大きくなっていたけれど、まだまだ野菜は値段が高い。雪の降った後はまた野菜が値上がりするのだと、お袋様も言っていた。今月分の最後の仕入れだからと、大豆や鰹節に味醂、砂糖や塩なども買いそろえておく。蕎麦屋に戻って仕入れの食材を片付けて、早速、午前中の仕込みにかかる。

昨日庭から採ってきた小蕪の塩もみを仕込んだら、白身魚の揚げ物がなかったから、今日は煮物用の厚揚げで蒟蒻おでんを煮込んでいく。ブロッコリーを茹でて厚揚げ田楽の辛味噌を作り、蕎麦豆腐を仕込んだらもう昼の時間になる。カレーの残りを家に持って帰って、女将と二人で久しぶりにカレーライスを食べました。辛くないじゃないと言うお客もいるけれど、相当な辛さで、額から汗がにじみ出てくるほどなのに、舌の感覚は人それぞれなのだと再認識する。

先週、二缶買ったばかりの灯油がもうなくなったと言うので、一休みした亭主は車で近くのガソリンスタンドまで行ったのだけれど、寒波が続くというこの時期に、皆考えることは同じと見えて、灯油の自動販売機の前には幾つも容器を並べたお客が並んでいる。別に急ぐ生活でもないから、自分の車にもガソリンを入れて順番を待つ。家に帰れば稽古場に入っていた女将が、重い灯油を運ぶ亭主のために、この時ばかりは玄関の扉を開けてくれるから嬉しいのでした。

書斎に入って今朝からの写真を整理してブログを書き始めれば、pekoはいつものように陽の当たる出窓に横になって寝息を立てている。まるで猫状態。部屋の中は音の出ない旧式のストーブを焚いても、足元からしんしんと冷えてくる寒さなのです。午後の仕込みが終わったら、この寒さの中をプーへ行って泳ぐのかしらと、自分の事ながらしばしの躊躇。身体のために散歩をしているというご近所の親爺様が、もう何遍も窓の下を通る。そろそろ午後の活動開始。

午後は小一時間の仕込みを終えて、予定通りに隣町のプールへ出掛けると、寒いから空いているかと思ったら、意外にもいつになく沢山の人がいるのでした。しっかりと準備運動をして、汗をかくまで泳ぎ続ける。帰り道にいつものコンビニに寄って、いつものレジのお姉さんと言葉を交わしながら、新商品の酒のつみまをもらって帰る。今日は女将の帰りが遅いので、相撲を見ながら貧しかった学生時代に下宿でよく食べた茄子焼きで一献。蕎麦屋で残った食材…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 運動・健康. Bookmark the permalink.