雪の朝は…

夜の間中、激しく振っていた雪は早い時間に止んだらしく、道路には10cmほどしか積もっていませんでした。6時半には目覚めて、雪かきの支度を済ませ、今朝は朝飯前の一仕事。坂の上のT字路にある我が家の前は日当たりがいいから、隣近所の前も含めてかなり広い範囲の雪をかきました。朝早くに通った車のタイヤの跡は圧雪されて雪が氷になっていたりで、小一時間の作業で、身体中が汗びしょになったところでやっと終了。今日は筋肉痛になりそうです。

朝食を終えて朝日が昇る頃に、今度は雪かきのスコップを担いで蕎麦屋まで歩き、蕎麦屋の駐車場の雪かきを始める亭主。途中途中でご近所の人たちが道路に出て、やはり雪かきをしているのでした。顔見知りの奥さんが亭主の恰好を見て、「お家と両方あるから大変ね」と、励ましてくださった。蕎麦屋の駐車場は、歩道の部分も雪をどかさなければならないから大仕事で、お隣の駐車場の前から西側の畑の前まで、雪をえいっと脇の道路に放り投げるのでした。

さすがに、歩道の部分と玄関前への通り道を終えたところで、店に入ってコーヒータイム。ついでに出汁を取る準備をしておいた釜に火を入れる。今朝は車も出せないから、お袋様に電話をして仕入れは明日に延ばしてもらい、昼前までかかって駐車場の雪かきと蕎麦の出汁取りをしていたのです。厨房は14℃しかないのに、久しぶりの力仕事で身体中が火照ったように熱くなっているから驚き。出汁を取り終えたら再び外に出て作業の開始。快晴の青空が眩しい。

家に戻って早い昼飯にしようとみずき通りまで来たところで、ダウンを着込んだ女将と出会う。雪が多ければお稽古にも行けないだろうと亭主に言われて、心配になって様子を見に来たのだと言う。この天気ならば気温も上がるだろうから、国道は雪が溶けているだろうから、なんとか遠回りをしてでも国道に出られるように車を出すよと安心させた。以前ならばスタッドレスを履いて、四駆の車だから平気で雪道を走ったものだけれど、今ではそんな元気はなくなった。

帰り道にはご近所が一斉に通りに出て、皆で雪かきをしていました。加えてこの暖かさで残った雪も溶けるから、団地の中を出るには思ったよりも苦労しなくて済みそうなのでした。大雪の翌日が、雪かきをしていなかったり冷たい日などは、車を出して国道に出ることも出来ないのです。亭主も少し気をよくして、女将と二人で早い昼を済ませる。すっかり雪のなくなった通りを選び選び、昔、職場に通った裏道を通って、やっと国道にたどり着けば、後は一直線でした。

女将を送った帰り道には、いつもの西の町のスーパーに寄って、今日、仕込みの出来る野菜類を買い込んでくる。肉の安い店だから、そろそろカレーも作り足しておこうと鶏肉も買って帰る。隣のホームセンターで、補充用の割り箸や洗剤などの消耗品も買い足して、再び蕎麦屋へ戻るのでした。午前中に作っておいた蕎麦汁を徳利に詰めて、天つゆや出し汁を冷蔵庫に入れたら、いよいよ午後の仕込み。朝からの肉体労働でかなり身体が疲れているという感じ。

白菜が高かったけれど、時期のものだからと、半分だけ買って塩をまぶして漬けもの器に漬ける。いつも一把を樽で漬けているのだけれど、お客が少ないと他の小鉢もあるから随分と残るのです。少しずつ変わったものを用意した方が、気分が変わって作る側も楽しい。ちょうど蕎麦屋の庭の小カブを見たら、食べられそうな大きさのものが揃ったので、綺麗に洗って明日は塩揉みにでもしよう。親子丼の具材を煮込みながら、カレーを作ったら午後の仕込みも終わり。

やはり、雪かきがこたえたのか、どうも身体がだるいので、一旦、家に戻って夕刻に女将を迎えに行ったのです。こんなことが以前にもあったかも知れないと、夜になってから思い出すのでしたが、ブログを書いていたら古い友人から電話で、彼のお父上の訃報。92歳で天寿を全うしたのだとか。小学生の頃には随分と世話になった。二年続けて老いた両親を亡くして、彼もさぞかし寂しくなったろう。下の娘に孫が生まれたと言うのが新しい未来。人生順繰りなのか。

This entry was posted in 仕込み, 日常, 未分類. Bookmark the permalink.