雪の午後…

夕べも8時間近く眠ったから、朝はすっきり目覚めてpekoの散歩に出掛ける亭主。やはり夜までの営業で、身体が疲れていたのかも知れないけれど、最近は、よく眠れるのが一番と、屈託のない生活を送っています。考え始めたら、いろいろな心配事は尽きないのですが、眠ることは食べること以上にストレスの解消になるようなのです。いつも前向きなのは女将も亭主も同じで、無事に新年会を終えて帰った女将も、今朝は機嫌が良く、午後から美容院に行くと言う。

月曜日は定休日の前だから、いつもより朝の仕込みが少ない。加えて昼から雪になるという寒さだから、蕎麦打ちも今朝は極少なくしなければと、蕎麦屋の厨房で考えるのでした。蕎麦汁も十分残っているし、暖かい蕎麦や鍋焼きうどんが出たら、残り少ない出し汁を有効に使うと決めて、カレーや親子丼の具材も冷凍室にあるし、などと、今日一日の段取りをシュミレーションしておくのです。もしもの時に慌てないためにも、食材の点検は欠かせない朝の仕事。

昨日打った蕎麦も残っているので、今朝の蕎麦打ちは久しぶりに500gと少なめにして、何とか6人分が取れないかと計算をしてみる。46%の加水で打つから500g+230g、打ち粉を使うから最後に振るって取り除いた分を差し引いても+70gほど、800g ÷ 6 人分 = 133g と計算上は、130gを6人分取れるのです。それが出来るかどうかは、綺麗に四角形に伸して畳んでも端がきちんと直角になっていることが条件。最近はこれが出来るようになったから嬉しいのです。

果たして、切りべら28本、一人前125g~132gで、ぴったり6人分の蕎麦が取れました。1.4mmほどの細打ちの仕上がりです。量が少ないから所要時間は僅か20分足らず。月曜日ということもあるし、雪の日はまずお客が来ないだろうし、寒いから鍋焼きうどんなども出るだろうから、今日は10食ちよっとでお蕎麦は終わり。野菜サラダはカレーうどんや天麩羅蕎麦にも使うから、平日の数通りの準備をしておきます。小さな蕎麦屋では、なくなればご免なさいなのです。

時雨混じりのこの寒さの中を、昼時になったらいつものようにお客さんがいらっしたのは、意外というか驚きでした。「寒い中を有り難うございます」と、スタッフと共に声を掛け、厨房の亭主は急に元気になるのでした。初めてのお客さんご夫婦もいらっしたけれど、後は皆さん常連の方で、親子丼セットや鍋焼きうどんや天麩羅蕎麦以外、皆さんせいろ蕎麦や天せいろ蕎麦と、やはり蕎麦好きのお客ばかりなのでした。温かい汁や蕎麦湯まで綺麗に飲んでくださった。

今日の賄い蕎麦は、カボチャの具材が余りそうだったので、掻き揚げに南瓜の天麩羅を添えて、ちょっと豪華にぶっかけ。雨になったり雪になったりしていた窓の外は、洗い物を終えて帰る頃には大粒の雪に変わっていました。朝よりも更に寒いと感じる午後の天気も珍しい。残った天麩羅の具材は、全部揚げて家に持ち帰る。今夜は女将には鍋焼きうどんにでもして食べて貰おう。昔はよく食べたものだと、陶器の鍋が7人分揃っているのが彼女の自慢なのです。

激しく雪の降る夕刻に、やっと美容院から戻った女将が書斎にやって来た。「今日は(残り物を取りに行かなくて)悪かったわね」と言うものだから、「最近は仕入れの数を考えているからあまり残らなくなったよ」と応える亭主。土日は女将も忙しかったから買い物には行けず、空っぽの冷蔵庫には何もないのだけれど、蕎麦屋の残り物を食べて過ごすのが霊犀亭流。蕎麦粉の支払いに郵便局まで出掛けて、帰りに酒とつまみだけ買って帰るのは亭犀亭主人流か…。

テレビで相撲を見ながら夕食を食べ終わった頃には、外は一面に積もった雪なのでした。今夜中、降り積もると言うから、明日の朝が大変。今のうちから少し雪かきをしておいた方が好いだろうか。積もって冷えた雪をかくのは一苦労なのです。それよりも、明日は晴れるとは言え、午前中の仕入れに出られるのかどうか、女将をお稽古に送って出掛けられるのか。まあ、今夜は、雪かきでもして、熱いお風呂で暖まり、ゆっくりするしか他にどうしようもないのでしょうか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.