暖かい一日だったけれど…

夕べも遅くまで蕎麦屋の「お品書き」を作り替えていたので、今朝は目覚めたのがもう7時半なのでした。それでも7時間以上は眠っているから、健康と言えば健康で、プールで泳いだお蔭だと、日々の運動の大切さを痛感する。ところが、女将の朝ドラの時間に朝食を食べて、コーヒーを一杯飲んでいるうちに、時間はどんどん過ぎて家を出たのが9時。のんびりしているつもりでも、やはりどこか慌てていたのでしょうか、今日はブログ用のカメラを忘れてしまいました。

やっとカメラを持って出掛けたのは夕刻のプールで、団地の中央にある抜け道を通って、田んぼのある風景を撮ろうと思ったら、カメラのモードダイヤルがずれていたので、ちょっとアーティスティックな写真が撮れてしまいました。駅前のマンション群に垂れ込める雲が強調されて、暖かく晴れた午後の天気は、どんよりと曇ってきたのです。プールの駐車場もいつもより空いていて、プールそのものはがら空き状態。ゆっくりと身体を伸ばして泳ぐことが出来たのでした。

夕陽がゴミ焼却場の彼方に沈み始める頃にプールを出て、二日続けての運動で身体はびっしょりと汗ばんでいる。いつもなら、売上伝票のデータ入力に続けて、ブログの写真を取り込んだり、文章を考えたりと時間のかかる作業がなかったのが幸いなのでした。考えたら、蕎麦屋の仕事の次に時間をかけているのがブログ作成で、プールに出掛けてから夜の暇な時間にブログを書いた方が、時間を有効に使えるのかも知れないと、新しい発見。いつまで続くか…。

蕎麦屋の風景は、仕方がないのでiPadで撮った写真を載せようと思ったら、メールアドレスには送れないし、ブログにログインするキーワードが思いつかずに家に持って帰れば、家のパソコンはケーブルで繋いでいるので、今度は無線LANが使えないから困りました。それでも何とか写真だけは少し取り込んで、開店準備の風景を掲載出来たのです。今日は開店前からお客がいらっして、団地の中の人なのに近くに蕎麦屋がないかとネットで調べて来たのだとか。

それまでは、隣の市までわざわざ蕎麦を食べに出掛けていたというから、かなりの蕎麦好きの母娘。お蕎麦が美味しいと喜んでくださって、蕎麦湯を飲み干し、デザートの金柑大福が美味しいと、今日作った残りの全部をお持ち帰りになったのでした。作ったばかりの野菜サラダも蕎麦豆腐も出たから、亭主もスタッフも嬉しい限りでした。久しぶりに近所の会社の社長さんが見えて、天せいろを食べながら季節の話をして行かれる。裏の住宅工事の職人さんもみえて…。

近ごろの家の作りについていろいろと話を聞かせてくれました。今日は暖かくて天気がいいのに、お客が少なかったのは意外。それでも皆さん話をしながら、ゆっくりと寛いでくださったから、暇をもてあそぶこともなく、あっという間に閉店の時刻になるのでした。家に戻れば、女将はまだ稽古場に籠もったままだったから、プールへ出掛ける準備をして、亭主は夕刻までひと泳ぎなのです。蕎麦屋が混んだ平日なら、そんな元気はないのでしょうが、難しいところです。

夕食はテレビの相撲を見ながら女将の作る手料理で一献。運動の後にはしっかりとチーズを取ることにしているから、肉料理にもとろけるチーズを載せてもらった。明日も天気は好いようだけれど、蕎麦日和のはずの今日がこんな具合だから、今月後半はいったいどうなるのだかと心配になる。冬の間に少し体重が増えているから、明日もプールへ行って泳ごうという目標を持って今日を終える。自分ではどうにもならないのが、蕎麦屋のお客の入り具合なのです。

体力を付けて蕎麦屋の混んだ時に備えるのが一番。毎日の蕎麦打ちは順調な仕上がりだし、その他の仕込みの時間もかなり短縮されてはいる。自分で出来る努力は惜しまずに、じっとお客の増えるのを待つのが今の霊犀亭。最近はアントニオ・カルロス・ジョビンのボサノバの曲をBGMで流している。社長の話ではメジロが飛んできていると言うから、春もそう遠くはなさそうです。この冬は早くから寒かったから、春も早く来るだろうかと淡い期待をする暖かな宵です。

 

This entry was posted in ブログ作成, 仕込み, 季節, 料理, 運動・健康. Bookmark the permalink.