2018年の新年明けましておめでとうございます

蕎麦屋の前の畑にも、びっしりと霜が降りていたから、寒い朝なのでしょうが、手袋もしないで早朝のpekoの散歩に出掛ける亭主。久しぶりに雨戸を閉めた蕎麦屋の建物も、近隣に新築の家が建ち並び、時の流れを感じさせるのです。昨年中も、いろいろな方に励まされ、このブログを見て蕎麦屋を訪ねてくださったお客も多かったから、本当に有り難いことと感謝しています。宣伝というよりは、日々の備忘録という性格の強いHPですが、今年も宜しくお願いします。

新年の新たかな気持ちは、幾つになっても変わらず、今年は大晦日の朝に6人目の孫が生まれたという連絡が入って、女将と二人でつくづく子どもたちや孫たちの幸せを願うのでした。昨夜は、下の娘が長男を連れて蕎麦屋へ到着して、送ってきた旦那は娘たちを連れて近くの実家に里帰り。お袋様共々、皆で年越し蕎麦を食べ、迎えた元旦の朝は、静かに晴れ渡った空なのでした。亭主の床に潜り込んだpekoもぐっすりと眠って、普段より人の多い居間で元気。

去年もこのみずき通りを何遍渡ったことか。元旦の朝の静けさとやっと昇った朝日の神々しさが身に沁みる朝でした。遅い朝食にお節と雑煮を食べ終えて、娘と孫は駅前のショッピングモールに出掛け、その後を追うように、「身体が冷えるから散歩がてらに」と、女将まで出掛けて行ったから驚いた。元日くらいは家でゆっくりとしていたいのが亭主の休日。郵便配達のお姉さんのバイクの音が聞こえたと思えば、年賀状の配達なのでした。元日からご苦労様です。

午前中は沢山の年賀状をじっくりと読みながら、遠く離れた懐かしい人々のことを思うのが楽しみなのです。買い物から帰った女将が、モールで会った娘に旦那の親御さんが挨拶に見えるそうだと言う。そして亭主の手元から持って行った年賀状の束を、稽古場の陽の当たるところでしみじみと読み返している。今日来ると言っていた息子から新年早々の電話が入って、来られないという連絡が入る。忙しい若い世代に合わせるのが年寄りだから、昼は女将と二人。

誰もいない家の中で、居間の部屋に取り残されたpekoが吠えるから、書斎への二カ所のドアを開けてやれば、いつもの出窓に乗って日向ぼっこ。そのうち気持ちの好さそうな鼾を掻いて寝始めるからのどかなのです。と、娘たちも家に戻って、大きな車が止まったと思ったら、向こうのご夫婦と旦那と娘たちが現れたのでした。「ご無沙汰しています」とお互いに挨拶を交わして、これからあちらのお婆様の家に一族が集まるのだとか。明日が我が家の番なのでした。

旦那に明日は何を食べたいと尋ねたら、「蕎麦が食べたい」と言うものだから、二日の事始めに蕎麦を打つ気になるから因果なものです。買い物に出掛けた女将には、去年も二日はラーメンを作って食べたから、餃子の皮と具材を買って来てと頼んでおいたのでした。女将と二人だけの昼飯は、昔ながらの焼き餅とお節。大勢家族がいた頃は、一度に全部並べて食べたものですが、二人だと食べきれないから、朝と違うものを少々。亭主は小鰭とお煮しめで一献。

朝昼と餅を食べたら動かないものだからお腹がもたれて、午後は年賀状を出していなかった人への返信を作製して、孫のお手製の年賀状には、海の中のジージとマンタの写真に可愛らしいパグのイラストを添えて印刷してやった。郵便局までは歩いて1kmほどだろうか。みずき通りから中央通りに出て、中央公園を過ぎたらすぐそこなのです。元日にしては随分と走っている車の量が多いので驚きました。元日早々、みんなショッピングモールへでも出掛けるのか。

帰り道、4時前だというのにもう陽が沈み始める。やはり年賀状を手に持ったご近所のご主人とすれ違ったから新年のご挨拶。家に戻れば、昼に隣町のお婆様の家に集まった娘と孫から夕飯は実家で食べると連絡があったという。さすがに夜はもう餅を食べる気にはならないのでこの春には中学生になる孫と二人でラーメンを作ろう。女将と娘のためは、蕎麦屋の残った具材で親子丼でも作ってやろうか。その前に孫の大好きなはずの餃子を包んでおかなくては…。

This entry was posted in ブログ作成, 季節, 日常. Bookmark the permalink.