暮れの晦日は朝から猛烈な仕事量…

7時になったからpekoを連れて蕎麦屋回りの散歩に出たのですが、今朝はいつもの朝よりも寒さが緩やか。霜も降りていないからと、蕎麦打ち室の温度計を見れば6℃だから、昨日よりも確かに暖かい。エアコンを入れて、片付け物をしたらすぐに家に戻って朝食をとる。昨日のおでんの残りを温めただけの簡単な食事だけれど、身体が随分と暖まるのでした。洗面を済ませて、昨夜のうちに印刷を終えたオーダー用紙や店置きのパンフレットを持って家を出る。

空の青さに映える南天の実の赤さがひときわ鮮やか。だいぶ鳥たちに食べられてしまったらしいけれど、全身に温かな陽の光を浴びて元気をもらう。今朝は手袋もいらないくらいの暖かさで、暖房を入れておいた蕎麦屋の店内はもう16℃。これならとすぐに蕎麦打ちに入ったのだけれど、今朝は急いでいたから写真を撮るのを忘れていました。女将の来る前に蕎麦を打ち終えて、今日のうちに年越し蕎麦を取りにいらっしゃるお客の蕎麦をトレイに入れて保管する。

どうして急いでいたかというと、お持ち帰りのお客の分の蕎麦汁を用意しなければならないのでした。今朝は出汁を取りながらデザートの金柑大福を作り、大根とイカの煮物を煮直したりと、やることが沢山ありすぎて、鍋や火口を使う段取りを間違えると大変なことになる。開店前の賄い蕎麦を食べるのは諦めて、時間ぎりぎりまでサラダの野菜を刻む包丁を打つ亭主。大福を包む求肥が熱くて熱くて、思わず「あちちっ」と声が出る。それでも時間内にすべて完了。

開店前の3時間で、これだけ仕込みをこなすのは、恐らく年末のこの時期だけではないだろうか。お客の来ないことを好いことに、賄い蕎麦を茹でてぶっかけで搔き込んだら、葱切りを忘れていたから慌ててまな板を出し直す。昼にはもうお客がいらっしゃったので、今日は休憩もままならないのでした。暮れの30日は一般家庭では正月の準備に追われる日だから、去年もお客は少なかったけれど、今日も何とか平日並みで、ご家族連れでのお客に救われました。

ご夫婦連れのお客も蕎麦が美味しいと褒めてくださって、ご家族連れのお客は例によっていろいろなご注文だから、厨房の亭主は段取りよく調理を楽しんでいるのでした。蕎麦が美味しいと褒めて頂いて、「また寄らせてもらいます」と言って帰られた。早めに暖簾をしまって、夜の営業に備えて女将と家路に就く。4時には蕎麦屋へ出掛けて、明日の仕込みに精を出していた亭主でしたが、5時に予約のお客様が、4時半にはもういらっしたから後が大変。臨機応変に。

出せる料理から順番にお出しして、用意していたアポガトとサーモンのサラダは作る余裕がなかった。亭主の年齢よりは皆さん若い方たちだったから、昨日今日と人気だったコンニャクおでんをお出ししてビールで乾杯。野菜サラダや蕎麦豆腐の他に、アンガス牛のカットステーキや天麩羅を揚げて、最後に蕎麦を出す。お客同士の話が弾んで、2時間ほどの貸し切り状態。幸いに他のお客がなかったから助かりました。お持ち帰りの蕎麦も今日は随分と出た一日。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.