空気の冷たい晴れた一日…

公園の枯れ葉が寒さで凍っていました。綠の部分は生えてきた新芽なのでしょうが、雑草の強い生命力を思わずにはいられない。夕べはpekoを抱いたままテレビ映画を観ていたはずが、そのまま眠ってしまったようで、真夜中に目が覚めて寝室に入れば、pekoも一緒に付いて来たらしい。朝になったら布団の脇の方でいびきが聞こえるから、やはり歳を取って寒さには弱くなったのかも知れない。朝日を浴びながら坂の下の通りを歩けば、亭主と犬の長い影が…。

朝食までの時間に、先日、送られてきた伊豆のフォトミュージアムからの封筒を開けてみると、野口里佳さんのトークイベントとレセプションの招待状でした。ベルリンから那覇に移られたから、国内の展示会に参加しやすくなったのか知らん。1月下旬の土曜日だから、蕎麦屋はかき入れ時で終日を臨時休業にするのは難しい。三島まで電車で行っても二時間以上かかるから、今回は残念ながら出掛けられそうにない。女将に話したら、そっけなく、「無理ね」と言う。

蕎麦屋への出がけに、門の脇の水仙が、陽を浴びて気持ちよさそうに咲いているのを眺める亭主。こんな寒い時期に咲く花だったのかと、もう去年の記憶はないから暢気なもので、まずは出汁取りから始めて、千枚漬けを漬け直さなければと、今朝の仕込みの段取りを復唱するのでした。昨日一日ゆっくりとしたから、今日は思いのほかやることが多い。でも、定休日初日は仕入れだけにして、二日目にまとめて仕込みをするというのも、メリハリがあっていいかも。

団地の中は年末になって、ガス管交換の工事やら、新築の工事やらと、あちらこちらで重機が入って忙しそう。蕎麦屋の裏手でも、二軒の家が新築工事を始めている。2mほどの雛壇の下の土地とはいえ、大きな家が建てば、どのくらい日当たりが悪くなるのか気がかりです。最近の住宅は、車を停めるスペースを2台分、3台分と広く取るから、庭も狭くなりがちで空間に余裕がないのが気になるところ。大きな建物を作っても、そのうち使わない部屋が沢山出来る。

そんな老後のことは、家を建てる勢いのある世代の人たちには、なかなか判るものではないから、何十年もかけて皆が同じ境遇を繰り返す。出汁の大鍋が沸くまでに昆布を切り、柚子の皮を刻んで、聖護院大根の付け直しを終わらせる。午前中は、冷やした蕎麦汁を徳利に詰めたところで洗い物に入る。午後は金柑の甘露煮と、大根とヤリイカの煮浸けを作り、人参のグラッセや蕎麦豆腐などと細々とした仕込みが残っているから、早めに蕎麦屋に戻ってこよう。

昼食は店で残った賞味期限切れのうどんを茹でて、ジャガイモと葱を入れて肉うどん。出汁も先週の残りに返しを入れて、さすがは蕎麦屋の味と自画自賛。1時にならないうちに再び蕎麦屋へ出掛けて、早速、金柑の種を取りを始める。1kgの金柑の下準備に30分。まな板を替えてイカを捌いたら、さっと湯通しをして、下茹でした大根と煮詰める。白身魚のがんもどきを一番出汁で煮て、コンニャクと大根を入れてこれもしばらく煮込んでおく。もう鍋と火口が足らない。

使っては洗い洗ってはまた鍋を火にかける忙しさ。人参のグラッセとブロッコリーを煮ながら、今度は蕎麦豆腐の仕込みという具合に、延々3時間も仕込みを続けたら、さすがに疲れた。年末だからと黒豆を煮たり、栗きんとんを作るのに薩摩芋を蒸かしたりと、まだまだやることは沢山あったけれど、今日は年の最後の夜間パトロールがある日だからと、帰宅の準備をする。女将はスポーツクラブへ出ているから、留守番のpekoを夕方の散歩に連れて行かなければ。

Facebookを眺めていたら、昔の教え子が旦那たちを連れて年越し蕎麦を食べに来ると言うメッセージを見つけた。パソコンでの返信はどうやってやるのか、いまだに使い方がよく解らない亭主でしたが、なんとか…。夜の防犯パトロールの時刻には、外はかなりの寒さで歩いても歩いても身体が温まらない。その代わりに星空が見事で東の空に昇り始めたオリオンの周囲に知った名前の星座が勢揃い。「よいお年を」と別れの挨拶をして年末最後の仕事を終える。

 

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常, . Bookmark the permalink.