遠い国から届いたXmasカード…

今朝は昨夜から一緒に亭主の寝床に入っていたpekoがなかなか起きないので、7時過ぎまで居間で待つ。やっと起き出してその気になったから、玄関から門への階段を降りたところで、郵便受けに手紙類が入っているのに気が付いた。近ごろは郵便屋さんも遅くまで配達をしているから、昨夜のうちに配達があったらしいのです。AIR MAIL To Japan と赤字で描かれた定形外の封筒は、毎年、米国からクリスマスにカードを送ってくれる卒業生の家族からなのでした。

散歩から帰って女将に封筒を渡せば、カードに写っている一家の写真を眺めながら、「皆さん顔が似ているわね」と、大人になったお子さんたちとご夫婦の姿を見比べている。先日、帰国した際に友人たちとわざわざ蕎麦屋へ来てくれた当の奥さんは、いつ見ても変わらないと思うのだけれど、40年近い年月がまるで嘘のよう。Mele Kalikimaka と書かれた言葉は、彼女が前からフラダンスをしているからか、南国のクリスマスの軽快な曲の響きが蘇ってくるのです。

そう言えば、彼女がお土産にと持って来てくれたプルメリアの苗木は、すっかり根付いたらしく、以前、息子がハワイ土産に持って来たプルメリアの脇に置いてある。今年は早くから家の中にいれたせいか、寒くなっても葉が落ちないから不思議。今朝はいつもの時刻にお袋様と仕入に出かけ、野菜類を蕎麦屋の冷蔵庫に詰め込んだら、その足で今年最後の散髪に行く。今年一年を振り返って、床屋の親爺様と四方山話に花が咲く。ゆっくりと寛いだひとときです。

書斎で食休みがてら日向ぼっこをしていたら、女将がスポーツクラブへ出掛けると言うので、亭主は重い腰を上げて台所の換気扇の掃除にかかる。お袋様は一万円も払って業者に頼んだと言うけれど、さすがにまだそんな歳ではないから、調理師学校で毎月のように実地訓練をさせられた成果と、台所洗剤とボンスターで繰り返し擦っていくのでした。力ではなく擦る回数がものを言うとは、よく先生に言われたもの。2時間かかってシンク周りまでピカピカになった。

朝から蕎麦屋の仕込みを何もしていなかったから、少し不安になって出かけて見たのだけれど、今朝の仕入れで椎茸や大葉などの新鮮なものがなかったので、意を決して西の町のスーパーへ出掛ける。辛うじて四日間で使えそうな品物があったので買い求めて、ついでに蟹や数の子といった正月のご馳走を冷凍物で買っておく。自分たちだけなら、そんな贅沢をする余裕もないのだけれど、久しぶりに帰省する子供たちや孫たちには食べさせてやりたいもの。

蕎麦屋に仕入れた物を置いて家に戻った頃には、もう夕暮れ時なのでした。赤々と夕焼けが綺麗な黄昏。蕎麦屋の残り物で晩酌を始めたら、女将が哀れんでかチーズ巻きと雲呑揚げを作ってくれた。これで亭主の夕食は終わり。風呂の時間までは随分と暇があるので、また蕎麦屋へ出掛けて明日の仕込みの準備をする。大根の下茹でをしながら、聖護院大根を薄くスライスして塩に漬ける。いつも火曜日に煮物をしているのだけれど、いつも作りすぎて余らせる。

昨日の洗い物を片付けて洗濯物を干したら、東の空に昇ったオリオンを眺めながら家路をたどるのです。右上の牡牛座の端にはスバルが瞬き、左手のふたご座の上には御者座が見える。昔覚えた懐かしい冬の星座。外灯の光の途切れる暗い森の手前で立ち止まって、空を見上げる初老の亭主を、次々と行き交う車に乗る人たちはどう思うのだろうか。年寄りが何をトロトロ歩いているのかって?星を眺める余裕もない人生を、この先どれだけ生きていくのかね。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.