風の強い一日でしたが晴天のクリスマス…

未明まで雨が降っていた朝だから、明るくなるまでと居間でテレビのニュースを見ていたら、元気なpekoが「早く散歩に連れて行って」と亭主の座る椅子の肘掛けに乗って、催促をするのです。「待っていてね」は判るらしいから、お座りをするのだけれど、6時半ではまだ外は暗いのです。雨も止んだようなのでやっと玄関から表に出てみれば、今度は地面が濡れているからと出掛けたくない素振り。老犬も老人並みに我が儘になるのか、騙し騙しで公園廻りの散歩道…。

駅前のマンション群の向こうには、暗い雨雲が低く垂れ込めていたけれど、西風に流されてどんどん東へと流れていく。4ブロックほどを回った頃には、東の空のちぎれ雲に陽の光が当たり、綺麗な朝焼けになりそうな雰囲気なのでした。真上の空はもう快晴の空。天気予報どおりに今日は一日天気が好さそう。庭の黄色くなった金柑の実に、雨の雫が滴る光景が素敵だったから、思わず写真に撮っておきました。今日は果たしてどんな一日になるのか楽しみです。

女将の朝ドラの時間に蕎麦屋へ出掛ければ、青空が広がって暖かいから、今日は蕎麦日和かと思ったけれど、予報ではこれから風が強くなるというから、暖かくてお客が来るか、風が強くてお客が来ないか、まったく予測が付かないのでした。それでも、昨日の午後に追い打ちをかけた蕎麦だけでは足りないと困るので、今朝も500g 5人分だけ蕎麦を打つことにして、蕎麦打ち室に入る。久々に可愛い蕎麦玉を捏ねて家で蕎麦打ちをしていた昔を懐かしく思い出す。

何事もそうであるように、量の多い蕎麦粉を打ち慣れた今になって、500gの蕎麦粉を捏ねていると、丸出しや四つ出し、本伸しなどの一つ一つの作業が、ミニチュアサイズで展開するから、短い時間で蕎麦打ちの一つ一つの作業の点検ができる。菊練り一つにしても、いつもなら気にしていなかった玉を立てて練り込むという段取りを確認できたような気がするのです。それが蕎麦の味にどう影響を与えるのか、本当はそこまで追求しなければ駄目ではないか…。

今日は暖簾を出しても風が強くなったからか昼過ぎまでお客はない。どうしたものかと奥の座敷で寝転んでいたら、「いらっしゃいませ」とスタッフの声が響くのが聞こえる。常連さんのご家族で、四人でいらっしてもお子様の分は大盛でカバー。そうした子供連れのお客様には、取り分けるお椀と、お子様にカルピスとちょっとしたお菓子をサービスする霊犀亭。箸やフォークや高級なお手ふきも、値段には入れていない。美味しく食べて、楽しいひとときをと願うばかり。

ご家族でのお客の帰った後は、またしばらく閑古鳥。エンジンがかかりそうで待つだけなのはなかなかしんどいのです。1時近くになって、工事現場の監督さんらしい男性が歩いてやって来て、カウンターに座ったかと思えば、今度は常連さんの社長さんがまたカウンターに腰を下ろして久しぶりに天せいろのご注文。それからが意外にも混み出して、閉店間際になってぞろぞろとお客が入る。常連さんやリピーターさんが半数以上で、昨日ほどではないけど混んだ。

大鍋の火を消して、天麩羅鍋も油を落としてからいらっしたお客様には、「出来る種類が限られますが」とあらかじめ断って、ステーキ丼のスタンドメニューを見ていらっしたから、「ステーキ丼ならすぐにできますよ」と言えば、女性二人でステーキ丼セットのご注文。遅い昼食だからお腹も空いていたのでしょう。美味しい美味しいと食べてくださった。やはり暖かい陽気が強い風に勝ったのか。年末の四日間の営業日を残して、今日は平日にしては十分なお客の入り。

蕎麦粉のパウンドケーキは、最後のお客たちにはみな「クリスマスですから」と、出血大サービスでお出ししたのです。これが思いの外に好評だったから嬉しいけれど、商売にはなっていないから反省。明日から二日は今年最後の定休日だから、出来ることはすべて終わらせなければと、気合いが入るのです。去年と違って風邪で寝込まなかったのが一番の進歩なのだから余り無理はすまい。今年最後の散髪と、仕入れは欠かせないから、さあて、その他に何が…。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.