クリスマス・イブの賑わいは…

夕べは10時にpekoと一緒に床に就いたから、午前4時にはすっきりと目覚めたので、鼾を掻いて寝込んでいるpekoを布団に残して、一人亭主は暗い未明の道を歩いて蕎麦屋へ出掛ける。昨夜のうちに昆布と干し椎茸を浸けておいた鍋を沸かして、3㍑の出汁を取る。洗濯物を干して家に戻り、pekoの寝ている床に潜り込んで、小一時間ほどウトウトしたかと思ったら、散歩に出ようと起こされてまた外に出て、朝食前の公園廻り。近所の黄色の水仙が咲いた道。

今朝は朝ドラがないので、早めに蕎麦屋へ出掛けたけれど、米を研いだら、早速、蕎麦打ちを開始する。湿度は高かったけれど、昨日の反省で、加水率はやはり44%にして、幾分しっとりとした蕎麦を打つ。この水加減が最後の包丁切りまで上手くいく秘訣かも知れない。切りべら26本程度で130gを8人分打って、昨日残った蕎麦と合わせて生舟二つ分。朝よりは、暖かくはなっているけれど、予報と違って朝から天気が悪かったからこれでも多いくらいかと思った。

それでも早めに賄い蕎麦を作って、ぶっかけ蕎麦を搔き込む亭主。傍らの女将は、雨のぱらつくこの天気ではお客は期待できないだろうと、退屈そうに新聞を見ている。それでも昼を過ぎた頃に、常連さんがいらっして家族四人で食事をして行かれた。その後が1時過をぎてもまだお客が来ない。まさか今日はこれで終わりかと思っていたら、お客の出足の遅い日曜日のパターンで、閉店過ぎまで次々と席が埋まって駐車場も一杯。亭主も女将も大忙しなのでした。

昨日の日中のお客の少なさと、今日のこの混み様は祝日の連休なのにどういうことなのか。お客次第だから判らないと投げ出さずに、ある程は分析をしておくことも大切なことだと、平素から女将と話している。食材の仕入れや仕込み、蕎麦の準備など、いろいろな事に関係してくるから。やはり、暖かかった連休初日は、クリスマス・イブイブということもあって、お出かけの方も多かったのかも知れない。去年のデータでも、この時期は週末の日曜日に混んでいる。

二箱の生舟が空になるほどのお客の入りは嬉しい限りなのでした。今日は、天せいろとヘルシーランチセットが随分と出た。お蔭で、用意した野菜サラダも完売。蕎麦豆腐は朝のうちに作り足しておいて好かった。暖簾をしまって洗い物を女将に任せたら、亭主は夜の営業のために蕎麦打ち室に入って追い打ちをかける。急いで打つときには少し加水を多めにして45%弱。湿度は60%だったので、柔らかいけれど、打ち粉を打たなければならないほどでもなかった。

曇っていた空も何時の間にか陽が差して、青空が広がっていました。クリスマスだからと作っておいた蕎麦粉のパウンドケーキも半分以上なくなったから、心密かに亭主は喜ぶ。女将に変わって洗い物を引き受け、隣で女将が布巾でそれを拭いていく。片付ける皿の量が多かったから、二人でやっても終わったのが3時半。スポーツクラブへ行くはずの女将を帰して、亭主は一人大釜の掃除を始めるのでした。こんな日は、夜まで連続で、家に帰って休む暇がない。

朝からずっと立ち続けているから、少々腰が痛かったので、奥の座敷に入ってストレッチ。幸か不幸か、夜のお客はなかったので、明日の仕込みだけは終わらせて、洗濯物を干したら、早めに暖簾をしまって帰宅する。女将はまだ帰っていないから、店で残った里芋の衣かつぎを温めて、昨日の残ったサラダを使って、中華風の肉野菜炒めをあんかけにする。今日のお酒は、日本酒と紹興酒が少しずつ。食べている間に女将が戻って、お互いに今日はお疲れ様。

食休みの間にこのブログを書いてしまおうと思ったけれど、風呂へ入ったらもう眠くて仕方がなかったから、9時には床に入ったのです。後半の記述は翌早朝に書き込んだもの。早寝早起きは続いているから、身体の調子はいいようです。今年も残すところ一週間。大掃除もやり残しているし、子供たちや孫たちが帰ってくる準備もしなければ。今週は女将のお稽古もお休みなので、二人で正月用の食材を買いに出掛けよう。家と蕎麦屋と両方だから年の瀬は忙しない。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, , 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.