珍しく暖かくなった昼は…

ひと月早い寒さだと言うけれど、朝の寒さにはもう慣れた。pekoと出掛ける日の出の散歩も、霜の降りた畑に映る長い影に思わずカメラのシャッターを切る。蕎麦屋の暖房を入れて、昨日の洗濯物を干したら、朝日に向かって家路をたどる。冬至を過ぎてもまだ日の出は遅くなるらしい。朝ドラを見ながら朝食をとって、女将がヨーグルトを食べている間に今日は、コーヒーを自分で入れる亭主。カップを温めてから入れるコーヒー・モカマタリの味はまた格別なのです。

「行ってきま~す。今日は宜しくね」と女将に声をかけて、蕎麦屋へ出がけに庭の金柑を見たら、随分と黄色く色づいているではありませんか。鳥たちに食われるのが先か、女将が収穫するのが先か、気になるところだけれど、「まだ完熟じゃないから駄目よ」となかなか採る気配がない。金柑大福の食材として、この時期は貴重な果物だから、仕入れの費用を浮かせるためにも、何とか早く収穫して欲しいもの。思うようには行かないのがこれまた人生と諦めている。

今朝の蕎麦打ちは、蕎麦打ち室の湿度が40%を超えていたから、43%強の加水で打ち始めたら少し固かった。それでも捏ねて行くうちに蕎麦玉もしっとりと馴染んできたので、ビニール袋に入れて少し寝かせておく。こうすると、水分がじわじわと粉に滲みて来るような気がするのです。ほんの心持ち固いから生地は広がりにくいので、いつもよりはほんの少しだけ厚めなのだろうか、切りべら25本で130gになる。このくらいの細さの方が途中で切れないのかもと思う。

薬味に使う葱切りを終えたら、いつものように野菜サラダの具材を刻む。昨日もまったく出なかったけれど、休日だからと四皿分の野菜を揃えて、いつもと同じように盛り付ける。「冬場は冷たい野菜サラダを食べるのが辛いのよ」と女将が言うものだから、夏場だけにしてもいいのかも知れないと素直に考える亭主。開店前のこの仕込みの30分は、他の仕事に回せば有効に使える。何か暖かい食材などを仕込めないだろうかと、あれこれと考えてはみるのですが。

そうなると、冬場はヘルシーランチセットのメニューも新しいものに替えなければならない。野菜サラダに替えて温野菜でも出して、更に暖かい蕎麦豆腐までを出せるものだろうか。不可能ではないだろうけれど、火口は少ないし、レンジでその都度温めるのにも時間がかかる。お客の少ない日なら面倒でも手間はかけられるが、お客が多い混んだ日にはどんな状態になるのか。新鮮な野菜は手に入るから、甘いブロッコリーと人参、大根、キャベツなどが思い浮かぶ。

開店前の空いた時間に、賄い蕎麦に今日は昨日打った蕎麦を茹でて洗って蕎麦皿に持ってみた。お客が食べる様子を見て、短く切れていることがあるから心配になっていたから、実際に何処で切れるのかを検証したのでしたが、食べてみてもまったく長さには問題がないのでした。お客が箸で蕎麦猪口に入れる段階で切れているとすれば、盛りつけの仕方が悪いということになる。その日によって蕎麦の細さも多少変動があるから、ここは十分に配慮を要する。

今日は日中も暖かな一日なのにお客が少なかった。その代わりに、夜は随分とお客が入ってトータルで平日並みの売り上げ。お酒を飲むお客が何人かいると、単品の料理を次々と注文するから、厨房は亭主一人で忙しいけれど、「一度に注文されても、作るのは一人ですから」と、慣れた口調で調理をこなしていく。その間を縫って、この間いらっした顔見知りの女性がカウンターに座る。やっと今日から休みに入ったと聞いて、「お疲れ様でした」と慰労する亭主。

一人暮らしの若い女性の夕食だからと、昼に残った野菜サラダや蕎麦豆腐をサービスでお出しすれば、食事の後に蕎麦粉のパウンドケーキのご注文だったから、「待っていましたよ。クリスマス」「蕎麦の香りがしますね」「本当ですか」と、夜のとばりも降りた午後6時過ぎ。テーブルの片付けやら洗い物やらで、孤軍奮闘の亭主でしたが、女将の助けも呼ばずに、もうこんな夜にも慣れた。土日だけだから何とか耐えられる。暖かい夜の空気の中を家路につくのでした。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.