風のない晴れた昼だったけれど…

相変わらず寒い朝でしたが、風もなく寒さにも随分と慣れたかなという感じ。蕎麦屋の前の畑も真っ白に霜が降りてはいたけれど、毎朝の当たり前の光景になって、蕎麦屋の暖房を入れてpekoと一緒に家に戻って朝食を食べるのです。冬至だと言うけれど日の出はますます遅くなって、7時半近くになってやっと東の森から太陽が姿を現すのでした。今朝は少し朝寝坊をしたから、珍しく朝食の時間に女将と朝ドラを見ていた亭主。十分な睡眠が体調を好くしている。

9時前に再び蕎麦屋に出掛けて幟を立てていたら、防犯パトロールで一緒の近所の老人が愛犬を連れて蕎麦屋の前を通る。「ワンちゃんも寒いからしっかりセーターを着てますね」と挨拶をすれば、今年は寒くなるのがひと月は早いという話になる。「随分と早くから準備をするのですね」と言われて、「今日は少し遅いんですよ。9時には蕎麦を打たないといけないから」と話を切り上げて店の中に戻る亭主。蕎麦打ち室の中はまだ13℃。湿度は39%と少し寒いくらい。

加水率を44%強にして粉を練り始めたら、やはりこれでちょうど好い。これ以上、水を減らすとあまり固すぎて打ちにくい。丸出しを終えて四つ出しにかかる時にも、よく捏ねた蕎麦玉は縁の部分のひび割れを起こさない。幅75cm、奥行き90cm ぴったりに伸したから、薄く均等に伸した生地を八つに畳んで、今朝は切りべら26~7本で1人前130g。長さがある分、太さはいつもと同じでも少ない本数になる。あまり細いと、水洗いをして盛り付ける時に切れないか心配。

蕎麦打ちが終わったら、今朝は週に一度の蕎麦饅頭作り。蕎麦粉と小麦粉と氷糖蜜を1:1:1で捏ねて、丸めた餡と同じくらいの玉にしたら、掌で丸く伸ばして餡を載せて包んでいく。二段の蒸籠と違って、アルミの蒸かし釜には一度に8個しか入らないから、これが一週間分の蕎麦饅頭。最近は寒いからか結構注文が多い。蒸して鍋に入れたままで置いておくと皮が固くなることが判ったので、蒸し上がったら半分は皿に盛り、半分はすぐに容器に入れて急速冷凍した。

雲は多かったけれど昼からは晴れ間が広がって、風もなかったからお客が沢山来るかと期待して待つのだけれど、連休前の金曜日だからか一向に姿が見えない。ぽつりぽつりと男性の一人客が来てはカウンターで蕎麦を食べて帰られるけれど、厨房の亭主はどうもエンジンがかからない状態なのです。閉店間際にいらっした蕎麦好きの常連さんが、珍しく温かい天麩羅蕎麦を頼まれたから、やはり寒さもあるのだろうか。「よいお年をお迎えください」と見送った。

家に戻れば女将はスポーツクラブだから、居間で椅子にうずくまってpekoが眠っているだけ。持って帰ったサラダの残りを冷蔵庫に入れて、書斎に入ってパソコンに向かう。午後の陽射しは暖かで目覚めたpekoがやって来て陽の当たる出窓に乗りたがる。今日はクリスマスに向けて蕎麦粉のパウンドケーキでも焼いてやろうと、蕎麦屋で準備を始めたら無塩バターがないのに気付いたから買いに出なければならない。夕方のpekoの散歩も亭主の仕事だから忙しい。

この間、くじで当たった500円券を使ってやろうと団地の奥のスーパーに出掛けたのはいいけれど、レジが混んでいたので空いている機械の自動精算でお金を払ったら、商品券が使えなかったから残念。蕎麦屋に戻っていよいよパウンドケーキ作りの開始。蕎麦粉80gと小麦粉20gを篩にかけて、忘れないうちに重曹を目分量で入れておく。バターは半分に切って100gを鍋で火にかけて溶かしておく。砂糖80gを計って、卵二つを溶いてそれぞれボールに入れる。

バターに砂糖を数回に分けて入れてよくかき混ぜたら、温かいから分離することはないけれど卵も数回に分けて入れてまたかき混ぜる。ここに粉を入れてへらで粉っぽさのなくなるまで捏ねたら、昼間、オレンジキュラソーに浸しておいたドライフルーツを入れて生地の出来上がり。クッキングシートを敷いた耐熱ガラスの型に流して、コンベックで40分焼き上げる。この間に昼の洗い物を片付けて、夕刻の仕込みがやっと終了です。辺りはすっかり暗くなっていました。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.