冷たい雨の降る午後は…

夜の防犯パトロールで町内を歩き回ったのが効いたのか、夕べは風呂を出たらそのまま床に入って寝てしまった。まだ8時半だったのです。どおりで3時半にはもう目が覚めてしまったけれど、7時間も一挙に眠ったことになるから、身体には好いのでしょう。11月も今日で終わりだからと、しばらく書斎のパソコンで今年の蕎麦屋の営業状況を分析してみたのです。7月以降の営業ではすべて昨年を上回る売り上げで、年間赤字の額も去年の半分に減る見通しでした。

昨年は、夏に駅近くの巨大ショッピングーモールがオープンして、もろにあおりを食らったのが霊犀亭を含めた小規模店舗だったのが、やっとお客が戻って来たという感じなのでした。それでも、3年前の開店の年の売り上げにはまだ届かない。仕入れの無駄を極力減らす努力をしたことと、いくつかのメニューを変更したり、少し値段を上げたことも、売り上げの伸びた理由ではあるかも知れない。ただ、内容面での変化は、着実に常連さんが増えて来たことなのです。

大規模店も同じ事でしょうが、最初は珍しいからと沢山お客が来店するけれど、「一度は行ってみようか」から「また行こう」というお客が現れない限り、人の少ない地域の小さな店ではなかなか営業が成り立たない。3年目の現在は、その傾向が少し上向きになっていると考えていいのかも知れない。ただ、まだお客の絶対数が少ないから、ここが我慢のしどころと専念持久で腕を磨いている。美味しい蕎麦と料理を出す努力はきっと報われるというのが亭主の信念。

今日は蕎麦打ちを終えて、デザートに今年初めての金柑大福を作ってみました。少しはこの美味しさを知らないお客に宣伝した方がいいのかも知れないのですが、そこがまだまだ商売下手。じっとカウンターの上の大福を眺めて帰られる女性にも、声をかければ注文があったかも知れないと思うのでした。何人か興味のあるお客が来店しているときには、話題にもなるから作り方の話をすると、案外、完売したりする。去年は随分と人気のあったデザートなのです。

冬瓜のピリ辛煮も寒くなってきたのであんかけ煮にしてお出ししたら、「これは美味しかった」とカウンターの男性客。柚子と大根の季節だからと、白菜のお新香が美味しく漬くまで、大根のなた漬けを作ったけれど、今日はそれほどお客が入らなかった。これも、去年は随分と人気のあった小鉢の一つ。考えたら、定休日の間に、駅前に大型食料品店が開店したと女将が言っていた。もの凄い人の数だったと言うから、団地の反対側の外れにある霊犀亭は方向違い。

しばらくはまた客足が遠のくのだろうか。今日も常連さんだけのご来店で、すべて天せいろのご注文。冷たい雨の降る午後に、わざわざ冷たい蕎麦を食べに来てくれるのが有り難い。遅い午後になって、もうお客も来ないだろうという時間帯に、スタッフと今朝打った蕎麦をぶっかけにして賄い蕎麦を食べる亭主。満足のいく味だったから、今日はこれで納得するしかない。明日からいよいよ12月。去年の月初めは昼中お客が途切れなかったとブログに書いている。

天気が好かったのだろうか。そこまでは記録していないから参考にならない。昨日の暖かさに比べたら、今日はかなりの冷え込みだから、油断をして風邪でもひいたら困る。確か去年も12月になって初めて熱を出した覚えがある。プールへ行ってまた泳ぐつもりだったけれど、ここはちょっと辛抱して、今日も早めに休むことにしよう。先日泳いだ筋肉痛かと思ったのが、案外、風邪の前兆であったりしたら洒落にならない。身体が資本とこの歳になって実感するのです。

小雨のちらつく気温の上がらない寒い午後でした。アントニオ・カルロス・ジョビンのCDを聴きながら、遅い午後のひとときを過ごす。聞き覚えのある曲が随分とあって驚いたのです。彼の名前を取った国際空港があると言うから、かの地ではやはり国民的なアーティストなのだろう。明日の天気が気になるところですが、まだ大丈夫と思っていた店の蕎麦粉が尽きたので、午前中に届くと言う宅配便が唯一の頼り。蕎麦粉の届くまでに他の仕込みを済ませてしまおう。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.