今年最後の暖かさか…

規則正しい生活に戻った定休日2日目は、昨晩10時半には床に就いたので今朝は5時に目が覚める。プールで泳いだのがやはり効いているようです。これが毎日続けばいいのですが、蕎麦屋の営業があるとそうもいかない。6時過ぎにはpekoを連れて蕎麦屋へ出掛けたのだけれど、大根のなた漬けの水を絞って二度目の塩を振って重しを載せて来ただけ。日の出が随分遅くなったと見えて、まだ東の森の向こうにはは太陽が昇っていなかった。雲一つない快晴。

朝食に蕎麦を茹でて食べ終えたら、テレビは未明のミサイル発射報道で持ちきりなのでした。月末の今日はまず朝一番で散髪に行ってと思って車を走らせれば、早朝の蕎麦屋の前の畑同様に、駅前のマンション群にも朝靄がかかっていたから、日中は相当に気温が上がりそうな気配。床屋の親爺様の待つ店に着けば、珍しく一番目の客となって、3週間ぶりで頭を綺麗に刈ってもらうのでした。ミサイル発射と横綱の引退、近所の大型スーパーの開店が話の種。

帰り道に蕎麦屋へ寄って、午前中の仕込みを済ませて来る。明日は雨だと言うけれど、今日の暑さで土が乾くだろうと、庭の野菜に水遣りを忘れない。間引きをせずに放って置いた小カブの葉が元気に伸びている。カブは小さめか。辛味大根も随分と生長してきた。なかなか伸びないのが、遅く蒔いた春菊の芽。リーフレタスは、そろそろ少しずつ収穫できそうな様子なのでした。水の上がった白菜を漬け直し、昆布と唐辛子を入れて樽から漬けもの器に移しておく。

カボチャの種を取って下処理を済ませたら、柚子の皮を剥いて千切りにする。塩でしんなりとした大根を、唐辛子と砂糖をまぶして甘酒の麹に浸して、なた漬けを仕込んでおく。それからいよいよ細かな作業。人参を花型に切ってグラッセをつくり、ブロッコリーやオクラを茹でて、それぞれ冷まして容器に入れ、冷蔵庫で保存しておく。午後に作る予定の筑前煮の材料を出して、昼食を食べに自宅へ戻る。テレビのニュースは相変わらずミサイルと横綱引退の話だった。

ゆっくりと休んだ午後からは、また蕎麦屋へ出掛けて仕込みの続き。また筑前煮を作ろうと仕入れた野菜類を冷蔵庫から取りだして、前回は里芋を入れ忘れたからと、並べてみるけれどやはり何か足りない。蓮根だと気づくまでにしばしの時間。これも物忘れなのか。中華鍋で一挙に油で炒めて、調味料に酒と味醂と砂糖を3:3:2で入れたら、くつくつと煮込んでいく。アクを取りながら出汁を入れ、仕上げに薄口の出汁醤油を加えて味をみる。落とし蓋をして20分…。

これで週の前半の小鉢の準備は終わったから、蕎麦豆腐を仕込んで冷蔵庫に入れる。明日は朝から久々に金柑大福を作ろう。天麩羅の具材切りと葱切りもあるし、サラダの野菜も刻まなければならない。肝心の蕎麦だけれど、雨が続くと言うことだから少なめに打っておいた方がいいだろう。残り少なくなった蕎麦粉は、今日のうちに取引先の農場に連絡をしておいた。明日はアントニオ・カルロス・ジョビンのCDが届く予定。ボサノバの原点だというから楽しみ。

時間が余ったところで、家に戻って女将のいない間に、換気扇の掃除をしてやろうと洗剤を用意したのだけれど、ちょっと切れ味の悪くなった西洋包丁を研ぐことを優先してしまった。一度にあれもこれもはなかなか出来ない年齢になった。洗濯物を畳んで、奥の座敷の窓を閉め、セキュリティーのスイッチを入れて車に乗るところで、また忘れ物のあることを思い出す。牛蒡と蓮根の残りと試食用に詰めた筑前煮を持って帰ってやろうと、カウンターに置いたのだった。

やはり、厨房の仕事は2時間が限度。夜の防犯パトロールまでの時間は休憩をするとしよう。昼間、稽古場で難しい顔をして撰文の漢詩と格闘していた女将は、夕刻からスポーツクラブへ出掛けて留守なので、静かに今日のブログでも書いていれば好い。店の前の畑では、今日一日の仕事を終えて片付けた枝木を燃やしていた。夕陽を浴びた森を背景に青空に立ち上る煙がのどかで好い。ご近所でよく顔を合わせる奥さんが、老犬を連れてとぼとぼと歩いていた。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 日常. Bookmark the permalink.