夢と知りせば…

スパイ映画を観て眠ったからか、講演会場かコンサート会場のようなところで、人を捜す夢を見たのです。通路を走っている途中に、ふとこちらを見つめる人物の顔を見れば…。隣の席に座った男の名を聞けば、聞き覚えるある名前だから不思議に思っていたら、何時の間にかその小説家だという男と何処かに旅に出ている。若い頃は美味しそうなご馳走を食べる夢を見て、口に入れたとたんに目を覚ますことがよくあったけれど、幾つになっても夢は不思議…。

珍しく夜食を食べずに寝たせいか、早朝から食欲が湧いて、pekoに朝飯を食べさせている間に、昨日の残った蕎麦を茹でて、残った食材を天麩羅にして帰ったから、グリルでカリッと焼いて天せいろ。主婦の女将のアイディアだけれど、これがなかなか美味しい。やっと起き出して来た女将にコーヒーを所望して、定休日の朝が始まる。夕べのうちに雨が降ったらしく、pekoの散歩で公園まで行く道が濡れていた。店のホームページのアクセスを解析して活動開始。

いつも見守ってくれる方々に囲まれて全く有り難いことだと現実に戻って、今朝もお袋様と二人で3軒のスーパーを回ってくる。新鮮な野菜は二人で頷きながらすぐに買い求め、キャベツや白菜はあちらの方がものが好いとか、さっきの店はどれだけ安かったとか、歳を取っても目の利くお袋様は心強い味方。隣町のスーパーの裏手の山も里の紅葉が好い色具合でした。今日は女将のお稽古がお休みだから、西の町のスーパーへは行かなくても済むので助かる。

大きさも手頃で肉厚の生椎茸が安くてに入る店を見つけたので、遠くまで行かなくて済むのが嬉しいのでした。送り迎えの時間を入れると2時間近くも時間に余裕が出来るのです。これを無駄にしてはいけないと、沢山買い込んだ品物を冷蔵庫や戸棚に収納して、昼前に出来ることをやっておこうと元気な亭主。久しぶりにこれはと思う人参が手に入ったのも嬉しかった。葉の根本の芯の部分が細いものが好いと言われているけれど、なかなかお目にかかれない。

キュウリも棘が刺さるほどの新鮮さ、白菜もずっしりと重い巻きの好さで、小松菜も葉がぴんと張りがあって根っこが付いたままで売っていたのです。後は調理人の腕次第というのが責任の重さ。早速、白菜は四つに切って奥の座敷の陽の当たる場所に干しておく。曇り空から太陽が覗いて、思ったほどは天気も悪くなさそうなのでした。皮の綺麗な大柚子も手に入ったし、今日は食材に恵まれた。白菜の水が上がるまでに、大根のなた漬けでも作っておくとしようか。

小鉢の食材は沢山あるので、小松菜は少し固めに茹でて、切って容器に入れたら冷凍保存しておく。季節の野菜の春菊は、霊犀亭のミニ菜園では種を蒔くのが遅かったので、まだ外の店で仕入れている。天麩羅や鍋焼きうどんに添える一品だけれど、他の葉物同様に余り日持ちがしないから、やはり新鮮さがものを言う。最近は、一度に仕入れても冷蔵庫が満杯になってしまうから、途中で女将に頼んで買い足してもらうことが多い。客が多い週は尚更なのです。

午前中は、買っておいた初物の金柑のへたを取り、竹串で一つ一つ種を出す作業で水に浸けたら昼食の時間になった。大手亡豆ほどではないけれど、これもまた根気のいる仕事です。それを一度煮立てたら、酢を入れて氷糖蜜で煮込めば甘露煮の完成。この金柑の甘露煮を白餡でくるんで、更に求肥で包むという金柑大福が出来るまでの手間は、他のどのデザートよりも時間と手間かかるから美味しい。鰹と胡麻のふりかけ作りと同じで営業日には出来ない。

昼は何年ぶりかで夫婦で極厚のポークステーキを焼いて食べる。食べきれないと言っていた女将も、その美味しさに負けて完食。もちろん、野菜サラダは蕎麦屋の残り物だし、これで幸せな気分になれるから気分は最高なのでした。「食は人を良くすると書く」とは、調理師学校の先生の教え。さあて、午後はまず、懸案だったグリストラップの掃除から始めることにしようか。年の瀬も近いし、蕎麦屋と自宅の大掃除もそろそろ始めておかなければ…。しばしの食休み。

一休みしたら2時前には蕎麦屋へ戻り、金柑を煮浸けて白菜を漬け、大根を塩漬けにして重しを載せる。そしていよいよグリスストラップの掃除なのでしたが、鍋やトレイの油を蕎麦を包んだキッチンペーパーで拭いているから、思ったよりも汚れていない。二つのシンクに溜めたお湯を流して20分ほどで終了。3時過ぎにはプールへ出掛けると、駐車場の前の森の紅葉が見事なのでした。駐車場は空いていたのにプールは混んで、流れる雲を眺めながらひと泳ぎ。

水の中で仰向けになりながら、コースに沿って空が覗ける天窓から、雲が夕陽に照らされるのを見るのは亭主一人だろうか。これは夢か現(うつつ)かと思えるほどの美しい風景なのです。「夢と知りせば覚めざらましを…」 古今集の小野小町のこの一句が、妙に何度も頭に浮かんで離れなかった一日なのでした。三年目の蕎麦屋の年の瀬を迎えるのも夢のようだし、周囲を巻き込んでの道楽隠居の気楽さも夢のまた夢。「思いつつ寝(ぬ)ればや人の見えつらむ…」

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 日常. Bookmark the permalink.