小春日和も強風のため…

pekoが亭主の布団に潜り込んで眠った夜は暖かいのです。だからお互いぐっすりと眠って、夜明けと共に目を覚まし、近くの公園まで散歩に出る。東の森から太陽が昇り、今日も青空の広がる気配なのでした。昨日よりも更に暖かくなると言うから、今日も蕎麦日和なのかも知れぬと期待に胸を膨らませ、朝食を終えたら今朝も早めに蕎麦屋へ出掛ける亭主。ところが、幟を出す頃には西風が強くなってきたから、これは心配。風の強い日はお客が来ないからです。

雨ならまだしも、雪と風の日には過去の経験上、お客は少ないことが多いのです。それでも、蕎麦は打たねばならぬと、今朝も750g8人分の蕎麦を打つ。気温が高かったから、加水率を42%まで下げて、粉を練り始めたけれどもやはり硬い。水分量の多い新蕎麦の粉の威力を信じて、力を入れて何度も何度も捏ねていくのでしたが、5、60回捏ねているうちに、やっと滑らかな生地になってきました。茹でて洗った後でコシのある蕎麦は、こうやって生まれるのです。

どうも、亭主は右利きなのか左利きなのか、力を入れて生地を捏ねるときにはどうしても右回りに蕎麦玉を錬っている。仕上げの菊練りになると、右手に力を入れて左回りに錬るものだから、二度手間になるような気がする。ただ、最初の練りで十分捏ねておけば、蕎麦粉の水分がにじみ出て、伸しの時にひび割れが出来たりしないから、菊練りは形を整えるだけになっているのです。何度か修正をしようと試みたけれど、力の入り具合が違うから難しかったのです。

それでも、今日もかっちりと硬い蕎麦が打てて、生舟に残った昨日の午後に追い打ちをした蕎麦と合わせて、16人分の蕎麦が用意できたのでした。これで足らなければ、また午後から追い打ちをかければいい。そんな覚悟なのでしたが、この天候では、ちょっと蕎麦が沢山残るかも知れない。昨日作った栗大福を冷蔵庫で一晩おいて、今朝、家で女将と半分ずつ食べたら、硬くならずに美味しかったので、日曜日だからと今日は6個作ってカウンターに並べたのです。

手間と時間のかかる割りにはその価値が認められないのがちょっと残念ですが、女性客が来ないとやはり甘いものは売れない。氷糖蜜で味付けをした白餡の上品な甘さは、まるで和菓子屋さんの高級菓子のようで、いつもどこか批判的な女将も素直に美味しいと認めてくれた。大福の求肥は白玉粉を火にかけて練った餅だから、食べ慣れた食感が何処か懐かしいのです。開店して間もなく、続けざまにお客が入ったから、これはいつもと違うと喜んだのでした。

3台しか止められない駐車場はすぐに大きな車で一杯になって、テーブル席は満杯だし、カウンターにはリピーターの男性客が陣取っていました。外は西の風がビュービューと吹いていたのですが、珍しく暖かい陽気だからか天せいろや天丼セット、親子丼と大盛ばかりが次々と出るのでした。昼過ぎまで一時の混みようで、後はのんびり暇をもてあますパターン。日曜日は後半にお客が来ることが多いのに、1時過ぎまで30分ほど暇な時間を過ごす女将と亭主…。

隣のそのまた隣の街から、5kmも6kmも歩いていらっしたのは、前の職場で一緒だった年配の女性で、前にも歩いて一度お見えになったことがあるのでした。ヘルシーランチセットの天せいろを、いろいろな話をしながらゆっくりと時間をかけて食べて行かれた。一日一万歩は歩いているのだと言うから、職場にいた頃よりも元気そうなのでした。今日はお客の人数こそ少なかったけれど大盛りばかりが随分と出たので、生舟の蕎麦は一箱以上なくなっていたのです。

月末の夜の営業だからと、家に戻ったら車で隣町の魚屋スーパーで魚を仕入れて、夜の仕込みで鮪・目鯛・サーモンの刺身三種盛りを用意したのでしたが、風はビュービューと全く止む気配もなく、そのまま家に持ち帰って夜の酒の肴にするのでした。里芋の衣かつぎと銀杏の串焼き、お新香を点けて、蕎麦屋で食べれば750円の値段だから安いと思うのだけれど、お客が来なければそれも分かられない。月末の日曜日にはこんなメニューもいいかも知れないと思う。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.