暖かな一日が戻った蕎麦日和…

夜明け時の空は幾重にも雲が出て、陽の光が金色に空を染めていました。pekoを連れて蕎麦屋へ出掛け、昨日の洗い物を片付けてくる亭主。ついでに米を研いで炊飯器にかけておく。昨日は蕎麦が売れ切れたから、今日もまた二玉の蕎麦を打つ覚悟。平日だから、それほど多くのお客は見込めないけれど、蕎麦がなくては蕎麦屋が勤まらない。デザートも仕込まなければならないから、昨日の朝と同じように朝の仕込みには、時間がかかると思われるのでした。

朝食を終えて再び蕎麦屋へ出掛け、今朝は蕎麦打ちの前に大鍋に水を張り、天つゆを仕込み、小松菜を茹でてから珈琲を一杯。この時点で、デザートを何にするかが決まらない。寒天類は固まるのに時間がかかるし、大福はその日一日しか置いておけないから、平日だと無駄になる可能性がある。朝からどうも温かそうだから、蕎麦饅頭もどうかと思ったけれど、冷凍保存の効くところが魅力的だ。捏ね鉢に蕎麦粉を篩い、エプロンを被り、いよいよ蕎麦打ちです。

蕎麦打ち室の室温16℃、湿度は56%。最近の朝にしてはかなり温かいけれど、加水率はいつもと同じ43.3%。一つ目の玉を練るときよりも、二つ目の玉を練るときの方が柔らかく感じるのは、冷蔵庫から出した蕎麦粉が湿気を吸うからだろうか。無事に包丁切りまでこなして、かなり満足の出来。16人分の蕎麦が出来上がって、すぐにお新香を切って小鉢に盛る。塩漬けをして、昆布や唐辛子を入れて漬け直し、今日で4日目。美味しくなった頃合いなのでした。

悩んだ挙げ句のデザートはやはり蕎麦饅頭で、蕎麦粉と小麦粉を90gずつ篩にかけて、重曹を目分量で5g。漉し餡を目分量で25gずつ丸めたら、100ccの氷糖蜜で粉を捏ねて、八等分にしていく。生地を丸めて丸く延ばしたら、餡玉を包んで蒸かし釜に入れていく。一度に出来るのは八つだけ。たまには全部売れる日もあるけれど、男性客が多いとなかなかそうはいかない。冷凍して保存できるところが嬉しい。今日も開店から、男性の一人客が続いたのでした。

大きな車が店の前に停まってご婦人が降りてきたから、ご夫婦でのご来店かと気をよくしたのですが…。大きな袋をぶら下げて、「いつも奥様には…」と挨拶されるから困惑する亭主。聞けば、スポーツクラブで女将と一緒の方で、そう言えば、先日、女将が沢山柿をもらって帰ったことがあったのでした。そのご婦人が、今度は蕎麦屋までわざわざ食べきれないほどの数の柿を届けてくれたのだから、亭主もスタッフも唖然…。「本当に好い方なので」と女将を褒める。

ご主人が車の運転とみえて、駐車場に車を入れていたから、「お蕎麦でも食べていきませんか」と言ったのだけれどお帰りになる。店の空いた頃合いを見計らって、女将に電話をしておいたけれど、家に持って帰るのが大変なくらいの柿の量なのでした。それからというもの、ご夫婦のお客が続いて、ステーキ丼とせいろ蕎麦のセットも売れたし、厚揚げ田楽とお酒を熱燗でと言うご主人もいらっした。最近の平日にしてはまずまずの賑わいか。空も晴れた蕎麦日和。

1時過ぎに電話が入って、「今から行きたいのですけれど」とおっしゃるから、「お蕎麦は沢山ありますから大丈夫ですよ」と応えておけば、すぐに二人連れのお客がいらっして、「お電話の方ですか」と聞けば違うと言う。当のご夫婦がいらっしゃったのは1時半近くで、品のいい老夫婦なのでした。今日の最後のお客と、定刻になったら暖簾だけはしまわせていただいて、ゆっくりと寛いで行かれたのです。洗い物や片付けは順次済ませてあったので、帰り支度も早かった。

家に戻って売り上げデータと今日の写真をパソコンに入力したら、女将もスポーツクラブへ出掛けていたから、pekoに夕飯をやってから、亭主もプールへ出掛けるのでした。4時を回っていたからか、今日のプールはやけに空いていたのです。長く泳ぐコースに3人、いつもならば、ウォーキングの人たちが多い自由遊泳のコースを泳いでいる人が一人だったから、亭主も久々にキックターンをして自由遊泳。忘れていなかったのが嬉しくて、つい泳ぎすぎてしまう。

夕食の時間は女将と一緒で、今日一日の出来事を互いに話しながら相撲を見る。お茶を入れてもらったら、居間でゆっくりとする間にまた居眠りをする亭主。テレビを点けたら、昔懐かしい「サウンド・オブ・ミュージック」の映画をやっていたので、風呂の時間も惜しんで最後まで観る。女将も懐かしがって名画だったと褒めて、心の琴線に触れた音楽というものは、いつまで経っても忘れないものだと意見が合った。明日も晴れると言うから、蕎麦屋もお客が入るか。

This entry was posted in 仕込み, 季節, 料理, 蕎麦打ち. Bookmark the permalink.